人気ブログランキング |

母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

タグ:広島市民文化大学 ( 61 ) タグの人気記事

広島市民文化大学の7月の講演会はこの方でした。
私は残念ながら行けませんでした。
そんな事で講演会の内容は書けないのですがプレゼントしてもらった本から少しだけ・・。
a0105023_17174728.jpg

いつも一緒に行きます2人の友人がいますがその一人のK子さんが当日販売され買った本に由美かおるさんのサインが頂けるサイン会で本を買って送って下さいました(^O^)/
この本なのですが由美かおるさん 凄いですね!!
a0105023_19594330.jpg


とうのご本人様たちはこちらで一緒にカメラに収まって下さっているのも珍しい事ではないかと思います。
                由美かおるさんと友人のK子さん

a0105023_17204958.jpg

そしてサインですよ。よく分かるサインですね♪
a0105023_20035173.jpg
送って頂いた本を少しづつ読んでいますが実行はなかなか出来ません!! 
しかし頭のすみっこにでも置いておけば呼吸などふと出来るかも知れないと思っていますが・・。
いや その呼吸方が難しいのですよね。
a0105023_20000589.jpg
a0105023_20002556.jpg
a0105023_20022249.jpg
すべて呼吸法に尽きます。 今まで何もしていない身体にこうした呼吸法は大変難しいですね。
しかしこれも習慣かも知れません。
熟睡出来ない方には効果があるそうです。
途中呼吸が続かなくてもいいですよ・・と書いて下さっています。
これらも慣れですよね。
a0105023_20040918.jpg
a0105023_20042653.jpg
この画像でははっきりしませんからどうぞご興味がある方は「足芯呼吸」で検索してみて下さいね。
この呼吸方が以前にも聞いたことがありますがそう簡単には出来ません。
でも心に停めておきたいと思います。
これらの呼吸法も実行していれば 先に書きました認知症予防にもなるかも知れません。 私の考えですが・・。

由美かおるさんにはお会い出来ませんでしたが 今月の広島市民文化大学には出かけて行きました。
次回はその事を・・・。
日本の経済の行方・・・勉強になりました。

偶然ですが今日の「徹子の部屋」に 由美かおるさんと同じく西野バレエ団で訓練された 岸ユキさんがゲストで出ておられました。
やはりこの呼吸法を今も実践されているそうで、背中はピーーンと伸びておられましたね(^O^)/

良いと分かっていても出来ない 出来ない!!・・って言いながら年を取っていきますね(笑)



by yasukon20 | 2019-08-29 14:58 | 日々の出来ごと | Comments(12)
「ぼ~~~としていてはいけませんよ!!」・・・・って話された方はこの方です。

6月22日(土) 広島市民文化大学の講師 森本 敏(さとし)氏です。
a0105023_16115537.jpg
講師 森本 敏氏 (拓殖大学総長 ・ 元防衛大臣)
演題 「どうなる今後の国際情勢と日本の課題」

今 本当にお聞きしたい内容の講演でした。
広島市民文化大学では司会者がおられて その日の講師の経歴などご紹介があります。
森本氏はその紹介の時間の数分でさえ勿体ないと思われたそうで 経歴などは冊子に書いてあるのを読んで下さいとのことでした。
講演時間 1時間30分 いっぱいいっぱいお話されました。

最初は難しい話になって眠くなるかなぁ~~?って思ったりしました。
興味があるお話でも眠気が来ることが有りますよね。
しかし さすがです。 
お話はよどみなく話され、脱線もされなくて本当にまじめに今の世界状況を話してくださいました。

元防衛大臣をされた方です。 今の日本の立ち位置も、その長である安倍総理の行動発言も (まぁ~安倍政権の防衛大臣でおらえれたのですからそれよりの発言にも聞こえましたが・・)まぁ~見易く言えば「日本はよく頑張っています・」とのことです。
 
米中関係、米ロ 日ロ 米韓 米朝 米イラン問題が山積みです。
その仲介役もしている安倍総理の事を「お宅の猛獣狩りは元気かね?」って外国に行くと聞かれるそうです。
猛獣狩りのあだ名がついているそうです。

中国の一帯一路の話からどれだけ日本も今後危険にさらされていくのか サウジアラビアの皇太子の殺害のことなど不気味な世界情勢です。ロシアは北方四島のさらに上に有ります松輪島にロシアの海軍基地が設置されたとか。
アメリカが言う知的財産の紛失など 問題は多岐にわたりますがそう言うお話も丁寧に話して下さいました。

本当によくこれだけ問題が有るものだ思うほど世界は混乱していることを改めて教えられました。
そして私たちは常にこういう状況を知っていないといけませんね。
テレビ 新聞のうわべだけの情報に惑わされないようにとか言われました・・。
為になるお話でしたが私たちは関心を寄せることが一番大事でしょうか・・。
まずはそれが一歩かも知れません。

一緒にいった友人が「ぼ~~~と生きていてはいけんね~~!!」と隣でささやきました。
その30秒後 まさしく森本氏が「みなさん ぼ~~~としていてはいけませんよ。!!」と 言われました。
友人と顔を見合わせて笑いました。

このお話を聞いた後日 朝日新聞に駐日中国大使が投稿された文章が載りました。
普通なら読まないで終わりますが 読んでみようと思いましたね。 市民文化大学の影響です(笑)
拡大できるようにしていませんので皆さんは読めないと思いますが こういう記事です・・という説明画像です。
a0105023_16122416.jpg
a0105023_16121214.jpg
中国と米国の貿易摩擦のこと 米国は中国が先進技術を「盗んだ」と非難するがこれは中傷だ。・・とか。
まさしく講演会で話題に上った項目でした。
新聞を読みますと中国側の主張もまんざら嘘でもないかも・・なんて まだ何も知識のない私はあっちにころり こっちにころり。

しかしこれから世界に目を向けていく姿勢は保ち続けていきたいです。
若い方々はご自分の意見を持つことも大事ですよね。 高齢者は理屈ばかり言っているかもです(;^ω^)

間違ったことを書いているかも知れませんがお許し下さい。

来月の講師はこの方です。
a0105023_16123497.jpg





by yasukon20 | 2019-06-26 17:11 | 日々の出来ごと | Comments(20)

5月の広島市民文化大学

少し前になりますが 5月18日(土)に行われた広島市民文化大学のことを書いて置きたいと思います。

歴史だけでなく日本の物事に関してとてもわかりやすい説明に定評があり「世界一受けたい授業」など多数のメディアに出演・・・と紹介されております方。
私はその番組など見たことがないので全く存じ上げない講師でしたが 友人は「よくテレビで見るよ!!」って話してくれました。

講師はこの方です。 皆様もよくご存じの方でしょうね。
a0105023_16385379.jpg

   講師  金谷俊一郎氏 (歴史コメンテ-タ-)
  演題  「幕末の偉人から現代に生かせるものを学ぶ」
       

壇上には水色だったと記憶していますが着物でとんとんと跳ねるようにして登場されました。
「なかなか広島に呼んで頂けないのですが このたび声をかけていただきやっと広島に来ることが出来ました~~」とか。

演題からして幕末の西郷さんとか坂本竜馬さんとかが中心のお話なのかと思って楽しみにしていました。
しかし(笑) 金谷先生が選ばれたお話は「広島の幕末」でした。
生まれも育ちも広島県ですが 改まって「広島の幕末」のこと 考えたこともなく知ろうとも思ったこともなく・・。
大体歴史が苦手です。

そういう理由で講演を聞いた内容をしっかり皆さんにお伝え出来ません。 
苦手なので・・(笑)

分からないままでもメモしてきました。
教えて頂いた広島の偉人・・・・・。
    頼山陽   石井修理  浅野長訓  辻将曹  高間省三   ・・・この5人です。

頼山陽はよく知っています。「日本外史」を書かれた方で有名です。
他の4人は今回初めて知った方々です。
頼山陽は時代が少し他の人とは違うのですが あとの4人は幕末に広島藩の行く末 いや日本の行く末について真剣に考えていた人たちだったそうです。
かの有名な「大政奉還」の協議の場に 最初は 薩摩 上州 長州の3藩と共に広島藩も同じ場にいて話が進んでいたそうです。
しかしいつの間にか広島藩に変わって佐賀藩が入ってきて 広島藩は身を引いた(笑)
その理由は藩の財政が貧しかったからだそうです。 

ふ~~~ん そうなの!!

そして頼山陽と吉田松陰の二人の弟子たちへの教育の仕方の違いなど話してくださいました。
頼山陽がもう少し時代的に遅く生まれてきて吉田松陰と同じ時代に生きていたらまた日本の歴史は変わっていたかも・・。

まぁ~~面白い話はいっぱいでした。 
広島藩のことも知らない事ばかり。 
広島城の中にあります護国神社は誰が祀られているのか・・知りませんでした。
上に書きました偉人の一人 高間省三と戊辰戦争で亡くなった方々が祀られているのだそうです。
高間省三の墓は福島県にもあり 今も地元の方が綺麗に守って下さっているのだそうです。
また、辻将曹については大政奉還の必要性を早くから唱えていた人物だったそうです。
勝海舟は、幕末には全国を見渡してもろくな家老がいなかったけれど、辻将曹は卓越した能力で、特に優秀だったと語っているのだそうです。 広島藩の幕末 興味を持って勉強すれば面白いこといっぱいかも知れません。
少しだけ広島藩のことを勉強しました。これから興味がわいてくるようだと良いのですが・・。 

この金谷先生の頭の中はどうなっているのかしら?って思うほど歴史の事でいっぱい(笑)
ぼんぼん年代も話の中で出てきます(^O^)/ 

感動したものは自然に覚えられるとのこと。
記憶しようと思わなくても感動すれば自然に頭に入ります・・・・高齢者がほとんどの広島市民文化大学で話されたのですから
間違いないと思いますね(笑)
日々 「感動」出来ることを探すのが大事かな~~歴史の事よりそちらの方をしっかり覚えて帰ってきましたね(笑)

次回6月はまた難しいお話かも知れませんが 楽しみです。

a0105023_16392594.jpg

昨年 秋に種をまきましたニゲラです。
生育がわるく 今年は全滅したかしら?って思っていましたが 少しですが咲いてくれました。
まだ少し蕾も有るので順次咲いてくれそうです。
嬉しいですね~~。
a0105023_16380922.jpg
a0105023_16383215.jpg


by yasukon20 | 2019-05-28 10:34 | 日々の出来ごと | Comments(18)
私がガーデニングを怠けていますので花が何も咲いていません。
その中で胡蝶蘭はけなげに咲いてくれて「花の世話をちゃんとしなさいよ!」って言われているように感じます(笑)
a0105023_20595030.jpg
a0105023_21002538.jpg
さてさて「広島市民文化大学」のことを書く機会が有りませんでした。
あれ?って思っていただいた方がありますなら「もう卒業したのかな?」って思われたかもですね(^-^;
この大学は卒業は無いのですが 私が昨年後半からいろいろ用事が重なって全然行けませんでした。
そして新年度(2019年)になっても孫の行事が有ったり クル-ジングの旅に出ていたりで今年度も2回もお休みしておりました。
やっと4月の講座に出席出来ました。
10連休が始まる4月27日(土)に3回目が行われました。

講師はこの方・・。
a0105023_21233343.jpg
講師     村 田 兆 治 氏 (野球解説者)
演題    「人生引退なし」

村田氏はかって「マサカリ投球」を生み出した偉大な投手で東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリ-ンズ)の選手でした。
広島県福山市出身という事で広島県人にはおなじみだと思います。
広島だけではなく全国にファンはおられたことでしょう。
今の若い投手と比べものにならないぐらい 物凄い気力を持った投手だったのだと今回お話を聞きまして思いました。
もちろん時代も違いますが・・。

私も広島カ-プファンだとわいわい言っておりますが、あまり野球には詳しくありません。
よってこの日の村田氏の話にはついていけない部分もありました。
高齢者の多いこの大学ですから村田投手が活躍された時代もよくしった方々も多いのでそういう方には面白いお話だったと思います。

しかしサインボ-ル や サインした色紙など用意されて 質問に答えられた方々にプレゼントされていましたのにはやはり皆さんが喜ばれることをよくご存じですね。難しいお話の中でほっとする部分でした。
皆さん 大喜びでした。

今は離島の人たちの野球を支援したいと言って全国の離島を訪問されて交流されているそうです。
本物の野球を離島の子供たちにあじわせたい。 それがなかなか本物を見る機会が少ない子供たには夢と希望になるという話でした。
本当だろうな~って思いました。
島おこしにも一役かっておられる村田氏。
その村田氏が言われますのに「広島カ-プファンなのですよ、本当に。広島県人ですから(笑)」と言われたその後の発言が気になりました。
「今年はカ-プはジャイアンツには勝てないよ!!  ジャイアンツの補強は半端ではないからね!!」って言われて!

本当にそうでしょうか・・?(笑)
試合してみなくては分からない!!! 野球音痴の私は思っておりますが・・。

野球の話はここまでとして この日村田氏が言われたことで感銘をうけました ことは 演題にもありますが「生涯挑戦」という言葉を何度も使われました。
そう「引退」は無いのです。さらに上を目指していくことが大事。そして楽しむためには「体力」がいります。
そこで会場総立ちになり「スクワット」をいたしました(笑)
そうそう体力が必要ですね。 もっともっと体を鍛えないといけませんね。
今年70歳の村田兆治氏、まだまだお元気でした~~~♪



参考までに・・・
2月はこの方。 お聴きしたかったです。本当に残念!
a0105023_20591260.jpg


3月はこの方。 このかた元横浜市長さんだった方です。
講演会の内容を読みますとこの方もとっても面白いですね。
a0105023_20592484.jpg


講演内容は次月の会報にて読むことが出来ます。
これからゆっくり読みたいと思います。






by yasukon20 | 2019-05-09 22:37 | 日々の出来ごと | Comments(14)
少し日が経ってしまいましたが8月の広島市民文化大学のことを書いておきます。

こういう話題は時間がたつと書くのが億劫になりますがこの度の台風21号続けて北海道の大きな地震が立て続けに起きますと
8月の講師が言われていたことが気になります。

8月の講師はこの方でした。
a0105023_08581985.jpg
    
 講師  丹羽宇一郎氏(元中華人民共和国駐箚特命全権大使・元伊藤忠商事(株)取締役会長)

 演題  「日本の将来と日中関係のこれから」

颯爽と現れました丹羽宇一郎氏が会場を見まわし、会場いっぱいの聴衆をご覧になって「ここにお集まりの皆さんのお顔を拝見してこれは少し話の内容を変えなくてはと思います。」(・・のような意味合い)と最初言われました。
高齢者が多い会衆です(笑)
そういう関係か 演題にあります「日中関係のこれから」という部分についてはあまり多くの時間を費やされませんでした。
ただ中国に多くの事で 数字に表すと負けている現実を教えられました。
例えば 科学者の人数 メモしてきましたが中国が170万人 米国が140万人 日本は66万人。
本当に日本には科学者育成への予算などないと知らされます。
それに比べ中国は将来のために多くの科学者を海外から受け入れ 相当の支援をしていることなど聞きますともう中国は日本など相手ではないと思っていることさえ知らされます。

さて お話の始まりは読書の事でした。
16歳で53%の不読率!!  日本の将来を託さなくてはならない子供たちが本を読まない。
30代から40代にかけては複眼で本を読み物事を見ていかなくてはならない世代に本を読まない人が増えている。
日本の未来はどうなっていくのか❓  国力は衰えるていくことは必至であるとのこと。

こんな話を次から次へと聞かされますと、私たちはどうにか今は大丈夫に世の中を渡って行けますが、孫たちの世代が本当に心配になります。
外国に立ちむかって行けるだけの国力がなくなるのです。
貿易無くしては日本は生きていけない。

いろいろな不利条件の中の日本ですが今後立て直していくには「品質」と「誠実」が大事であること。
そのためにも中小企業の活躍 頑張りが必要であることを話されました。
そして「難民を受け入れないこと」って言われました。難民を受け入れ日本人としての文化を一から教えるのは不可能であるとのお考え。
どこまでも日本民族としての誇りを持つためには難民受け入れは大変な事ではあるのでしょうね。
この点については「はい そうですか!!」って言えない私なのですが専門的な事はわかりません。


そして今 大きな自然災害が生まれていますが 日本政府が自然現象の軽視で予算を少ししか計上していないことに不安を感じると言われました。 もっともっと自然災害への予防の為の国家予算が必要であることも。
7月に起きた西日本豪雨災害その後に起きた台風21号また北海道の大地震。 とことん国が支援してくれるのでしょうか・・。
私まで不安になります。

いろいろな不安に思う事 それを高齢者は「どうしよう・・ どうしたらいいの?」って言ってなくて
多くの疑問や提案や質問など新聞社やテレビ局などに1通ハガキを送って下さいとのことでした。
必ず新聞社 雑誌社 テレビ局は読んでくれるそうです。
高齢者は何も出来ないと思いがちですが 違います。国の再生の力になれます。
一枚のハガキ 大事だそうです。 世の中を変えられる1枚になるかもです。
高齢者にもまだまだ社会を変えられる力があるのです。

ブロ友さんのjarippeさんがこんな事を書いておられました。
今回の災害など世の中の不安材料について
「この年寄りが考えてもどうにもならないけれど 気になってしまう」・・・って。
そんな時 一枚のハガキです(笑)
「言うは易く行うは難し」・・なかなか一枚のハガキが書けませんがでもそれを知っているのと知らないとでは大いに違うと思いますね。
多くの高齢者がその気になれば国を変えられるかもしれない。
そんな勇気をもらえた1時間半でした。

難しい話を分かりやすくお話下さいました。
今月はこの方です。 でも行けない私です。 残念です。
孫たちの運動会なのです(笑)
a0105023_08583730.jpg


by yasukon20 | 2018-09-09 22:30 | 日々の出来ごと | Comments(12)
タイトル通りにはなかなかいきませんね!!  
全然火星は写ってくれません。  私のカメラでは・・。

矢印の所ぐらいにオレンジ色に輝く火星が小さく見えました。
a0105023_06560609.jpg
雲 一つない綺麗な夜空でした♪ 8月3日まで見えるそうですね。

29日にシンガポ-ルから帰国してきた孫たち。
昨日は盛岡市のお友達に会いに行きました。 
今年3月まで米子市で同じクラスだったお友達に会いに・・・。
今頃 楽しんでいることでしょう。
少しは東北 涼しいでしょうか・・。東北五大祭りも始まりますね。
a0105023_06573071.jpg

7月28日は広島市民文化大学が有りました。
台風の進路にあたっていたため参加者は少ないかな?って思っていましたがほぼ満席でした。
所々に見える空席はもしかしたら今回の豪雨で被害に遭われたか、ボランティア活動されているのかも・・と いろいろ思いました。
毎日少しづつ復興に向けての働きがなされていますが まだまだ辛い日々です。

そう言う時にやはり心の栄養となるのは「笑い」もその一つではないでしょうか・・。
今回の講師はこの方でした~~♪

a0105023_09072746.jpg
 講師  林家 正蔵 氏 (落語家)
 演題  「笑いと健康」

私はこの方のお話を生で聞いたこともなく まして落語は聞いたことが有りません。
たまにテレビのバラエティー番組で拝見したり 最近では映画「家族はつらいよ」シリ-ズで拝見するのみでした。
今更申し訳ない事ですが素晴らしい才能をお持ちだと感じました。
さすが「初代林家三平師匠」のご子息ですね。
今や三平師匠のお歳を超えて落語会で大活躍の林家正蔵氏。 

前半は洋服姿であっちむき こっち向きと皆さんの方に顔を向けて話されました。 会場は2階席の一部は舞台の両方に席があるからです。
最近行かれたハワイの話とか 高座のお座布団の敷き方には理由があるとか・・皆さん ご存じですか?
落語はお客の方にセンスがないとダメとか・・。 いわゆる落語の面白さを理解できるセンスが要ります・・とのこと。
まずは見易い話しから・・と 三段階でどんどん難しくなる小話をしていって広島の皆さんはよくその笑いが理解出来て(笑)と
誉められたのです・・あはは。

初代林家三平さんがお亡くなります直前に子供たちが呼ばれて最後に言われたのが「明るく 元気で 一生懸命に」と言われて息を引き取られたそうです。
相撲界で大関 横綱になった力士が四文字熟語で口上を述べますが そのような立派な言葉を父親が言いますかと思っていたら
「明るく 元気で 一生懸命に」で子供の時はなんだかがっかりしたけど 今思うとこの言葉は
一番大事なことだと思わされておられるそうです。
本当にそうだと私も思いますね。すべての基本のように思えます。

お話時間が半分になった頃 着物に着替えられる時間 お弟子さんの「たこ平」さんがつなぎで落語を披露してくださいました。
正蔵師匠のお弟子になって10年経つそうです。
なかなかこんな大勢のお客様の前で落語をすることは無いので緊張していますと話されました。
一席設けてもらって落語を語るのもお弟子さんたちには大変な事なのですね。


着替えを済ませて再度登場されて落語を一席。
「松山鏡」という落語でした。 どうぞ検索して林屋正蔵師匠の「松山鏡」聞いてみて下さい。
生でお聞きしますとアドリブも入りますしやはり会場の雰囲気もあってお腹を抱えての大笑いでした。

会場を一歩出れば猛暑の日、そして災害に遭われた方々に思いを馳せていますが、この時間は本当にすべてを忘れて笑う事が出来ました。
そう言うことは必要ですね。
被災地にも少しかたずけが済みましたらこういうお笑いのボランティアさんたちが来て下さると良いな~って思ったのです。

いつかまた落語 ゆっくり堪能してみたいと思います。






by yasukon20 | 2018-08-01 15:41 | 日々の出来ごと | Comments(6)
台風 大雨の被害は有りませんか?  お互い気をつけましょうね。


今年は7月2日から6日までが「半夏生」。
「半夏生」にはタコを食べる習慣があるのは西の方面だけでしょうか?
タコの足が広がっていくようにイネの根が伸びていくようにとの願いを昔の人たちは願ったようですね。
タコと入れてきゅうりなますを昨夕作って見ました。 茗荷入り。
美味しそうに写ってないけど美味しいです(笑)
a0105023_21351583.jpg


さて先月の広島市民文化大学を書いておきたいと思います。
直ぐ書こうと思いますが時間がたってしまって、時間の流れが速い 速い!!

講師はこの方です。
a0105023_21263687.jpg
元関脇寺尾 今は錣山部屋師匠。

演題は「私の相撲人生」・・・でした。
親方が現役のころからファンでしたので6月の広島市民文化大学を楽しみにしておりました。

最近の相撲界の不祥事が続くことから ご自分の頭を坊主頭にしたいのだがそれではNHKの相撲解説者に招かれないとマネ-ジャ-から言われて・・・と 少し髪の毛を残した刈り方で登場されました。
そう言う事ってあるのでしょうかね~(笑)

生粋の江戸っ子なのでしょうね、端切れによい語り口で1時間半 楽しいお話をして下さいました。

相撲の本場所が始まりますとNHKの夕方のロ-カル放送時間に地元出身の力士の勝敗を伝えてくれます。
その中に「寺尾」という力士が居ります。 錣山親方の現役時代のしこ名を貰って今後の活躍が期待される力士なのでしょう。
お話の中にも「広島には縁がありよく来ます。」と言われていました。
やっぱりね!!って、今まで確かではなかった地元力士の「寺尾」の存在がはっきりしました。
野球でも甲子園に行ったことが有ります瀬戸内高校という学校がありますが その学校から数人 錣山部屋に入門しているそうです。
ただNHKに申し入れしたいことが有ります。
本場所の勝敗を知らせる時 力士の顔写真を一緒に・・とお願いしたいです。
中継で取り組みを下の番付から見ることは無いので どの力士が「寺尾」なのか今知りません。
ニュ-スの時 顔写真を・・と願います。
そう思ったのは福岡局のロ-カルニュ-スを見た時です。(娘家族が住んで居た当時) 福岡にお住まいの方には普通の事ですよね。
ちゃんと顔写真と勝敗が知らされました。顔を知ることは応援に繋がります。
ぜひぜひ!!って提案させていただきます。


話がまたそれました!

今の部屋の力士の事よりも演題にそって 自分がいかにして相撲取りになったのかを話されました。

3人兄弟の3男。 上二人は早くから力士を目指して練習に励んでおられたそうですが 元寺尾関(以後 寺尾関と書きます。)は高校に入ってやっと相撲部で活躍し始めたそうです。
それまではお母さんが何度も学校に呼び出されるような行動ばかりしていて母親に随分悲しい思いをさせたと言われていました。
身体が当時から大きくて喧嘩は強かったと・・。
力士になると決心した時のお母さんの嬉しそうな顔が忘れられないそうです。
決してお父さんの師匠もお母さんも強要はされなかったそうです。自分で決めることなのですよね。
しこ名の「寺尾」は母方の姓だそうです。

突っ張りで人気があった寺尾関です。
貴花田と最初の取り組みがあった時突っ張れば貴花田に負けるわけがないと思っていたそうです。
でもずいぶん格下の貴花田に負け、その時の悔しさは引退するまで続いたそうです。

今 部屋を持ち若い子供たちを育てる立場になり その難しさを痛感していると話されました。
今 体罰は許されません。それだけに相撲の厳しさを教えることの難しさ。
暴力的言葉に痛みをおぼえてしまっては決して心は元には戻れない、でも厳しくしつけなくてはならない。
難しい事ですね。

ここに書けないぐらいいろいろ学生時代の話をしてくださいました。
学校の成績は良くなったけど国語だけは偏差値も良かったそうです。 本を買ってもらえなかったので新聞を読むことで字を覚え、文章の書き方なども全部新聞から得たものだそうです。
それででしょう、話の構成もお上手だと思いました(笑)

また本場所が近づいてきます。 
毎日 親方として大変でしょうが相撲界のためにも若手として頑張って欲しいですね。


来月はこの方です。こちらも楽しみ♪
a0105023_21265087.jpg



今回は彩の悪い画像を並べましたので最後に・・・・(笑)
しばらくリビングの飾りになっていましたバランスボール。 今 毎朝 使っています。
やはり気持ちがいいですね。
a0105023_06550768.jpg





by yasukon20 | 2018-07-04 07:10 | 日々の出来ごと | Comments(20)
昨日 広島市民文化大学の日でした。

人気者の講師なので大変な人数の参加者でした。
講師はこの方です。
a0105023_22475529.jpg
講師  東国原 英夫氏
演題 「社会を生き抜く人間力」

皆さんもよくご存じ 元宮崎県知事。
私はテレビにお笑いで出ておられた頃からあまりテレビも見てなくて 実際のお人柄など全然知りませんでした。
県知事になられて少し注目していましたが それ以上でもそれ以下でもない程度でした。

その方が今月の広島市民文化大学の講師でした。 人気者でいらっしゃるわけがお話を聞いてよくわかりました。
1時間半の講演。 もう初めから笑いの渦でした。
それはそれは面白くて ハンカチが必要になるほど笑いました。
その一つ一つをここに書いても面白くないことは分かっていますので書きません。
もし東国原 英夫氏の講演会がお近くで有りましたら是非お出かけ下さり聞いてみてください。

一つ例にとりますと・・
お母さまがいつも「ナポレオンのようになれ!!」といっておられたそうで、小学校一年生の時 学校の先生が「大きくなったら何になりたいですか?」って聞かれた時お母さんからいつもナポレオンのようになれと言われていたので「大きくなったらフランス人になりたい。」といったそうです。
先生から返ってきた言葉が「頑張れば出来ますよ。」って言われたそうです。
その言葉が今の自分を作っているという話も こうして書いてしまうとそう面白くもないけど 
東国原英夫氏の口から出ればそれはもう「お笑い」となって生きた話に生まれ変わります。

ちなみに小学校卒業の文集に将来何になりたいか・・書く所に「お笑い芸人か政治家になりたい」と書いたそうです。
6年生になれはどんなに努力してもフランス人にはなれないことが分かったので・・と笑わせて下さいます。
聞いています我々の「お~~~!」という声が大きかったこと。
その理由がまた素晴らしいのです。 「みんなを幸せにすることが出来る」と書いたそうです。
凄いですよね。


次から次へと出てくる話が全部涙を誘う、悲しくてでる涙でなく笑いすぎての涙です。

大袈裟に言えば一年間分 笑ったように思います(笑)


ここで嘘のような話をします(#^^#)
私の手荒れ どなたかがストレスによるものかも知れないと教えて下さいました。
思い当たる節もありませんがでも心の奥の奥に何かを抱えているのかも知れない思いました。
ところが昨日涙が出るほど 心の底から笑ったら なんと指の荒れが軽減してきました。
今日も皮が剥けることも無くなりました。(明日はまた元の戻るかも知れませんが・・)
このまま 治る方向に向いて欲しいのですが・・。

笑いが薬となったかも!!って夫に言いましたら 完治するまで東国原さんを追いかけたら!!って。
笑い話のような・・・。
でも本当の話♪ 明日のことはわかりません(笑) さぁ~明日の朝、手の荒れはいかになっていますか・・。


先月は用事がありいけなかったのですが 料理研究家の土井先生でした。
a0105023_22483790.jpg
今月貰った「一期一会」に講演内容が載っていますので楽しみに読んでみたいと思います。

美しいニゲラ。 種から植えたので愛おしいです。
a0105023_22471782.jpg

by yasukon20 | 2018-05-20 21:43 | 日々の出来ごと | Comments(12)
17日(土)は今学期2回目の広島市民文化大学がありました。
毎回列に並んで開場を待ちます。
私が行きはじめた10年ぐらい前には12時45分が開場時間でしたが、今は凄い早い時間から長蛇になるので考慮してくださったのでしょう。 12時半には開場になります。 始まりは13時15分です。 
今回も多いだろうな~って思ってはおりましたが本当に人気で いつも並ぶ当たりの場所よりずっとずっと後ろに並ぶことになりました。

よく洋画を見た世代にはぜひお話を聞きたいこの方ですから、人気ですね。
a0105023_07002278.jpg

                 講師  戸田 奈津子氏 (映画字幕翻訳者)
                 演題 「字幕の中に人生」

黒のワンピ-スに胸元に大きめのネックレス いたってシンプルなお姿で登場されました。
「ET」「フォレスト・ガン」「タイタニック」「ラスト・サムライ」「アバタ-」などなど 多くの映画の字幕を翻訳されている方だとは皆さん ご存じのことでしょう。
洋画を見ます時どうしても字幕ス-パ-が必要な私です。 せめて英語が分かればもっとスト-リ-が面白いだろうな~?って常々思います。・・・が 英語が聞き取れるだけではダメなんだと教えられました。
戸田奈津子さんは一番翻訳で難しいのは各国、特にヨ-ロッパ人が出てくるユ-モアを日本人に伝えるのは本当に難しいと話されました。
映画でセリフで言われているユーモアの元になる事柄を(人種の事だったり宗教のことだったちその他いろいろ・・)をしっかり理解していないと通じない、日本人には(笑)
その一例をここに申し上げたいけど でもやはり〇〇〇人にはとっても失礼な話だと思いますから書けません。
それをユ-モアと理解できる人達の間で笑いが起きます。
分からない者には 〇〇〇人はそんなこと言われて可哀想~~ってそういう方向に脳が働いてしまいますね!!
そんなことで字幕ス-パ-のご苦労話を聞かせて下さいました。

驚きましたことは字幕ス-パ-がありますのは日本だけだという事です。
会場で「へ~~!!」っていう声をしました(笑)
戦後アメリカ映画が輸入される時 英語が分からない人が多いので日本語での吹き替えが行われていたそうです。
当時カルフォニア州にいた日本人を雇い吹き替えをしたそうです。
ここで会場で笑いが出ましたのは、カルフォニア州には広島県人が多く移住していたという事です。
よって雇われた広島県出身の皆さん 広島弁で話されたそうです。
戸田奈津子さんが言われるのに、ラブシ-ンも広島弁だし 広島弁が全国の皆さんに第一通じなかったのだそうです。
面白いお話です。 そういう歴史があり字幕翻訳ということが行われるようになったそうです。
それも当時 日本人の識字率は100%だったからです。
誰が映画館に行っても字が読めたからです。(最近はこの識字率が下がっているそうです)

本当にここに書ききれないほどの面白いお話をして下さいました。
1秒で話される英語を日本語にして読めるのは3字が限界だそうです。 その計算で翻訳されているそうです。
その翻訳は子供のころから好きだった読書が役に立っているとのお話でした。
想像力が働くのだと思います。
本当に大変なお仕事ですね。

いかにして今の字幕翻訳の仕事についいたのか・・・。
紆余屈折がありながらもしたい事をあきらめなかった、それは子供時代多くの映画を観たので映画が大好きだったから。
英語の勉強は会話より読むこと、書くことばかり勉強していたこと(当時はみんなそうだった) でもその事が本当に役に立っているというお話でした。
今は会話 会話と言いますが まずは読み書きが出来ることが一番だというお話でした。
孫たちの今後のためにもこのことはしっかり聞いておきました。
会話が出来ても書けなくては教養がないとみなされる・・との話は貴重なお話でした。
ここに書ききれないほどのお話。あっという間の90分でした。

最後にはトム・クルーズなどの人気俳優さんの話もして下さいました。
トム・クル-ズは最新作「ミッション:インポッシブルフォールアウト」の宣伝に6月ごろと言われたでしょうか 来日予定だそうです。
多くのハリウッドスタ-にも信頼があつい戸田奈津子さんですね。

次回は「土井善晴氏」 また楽しみです♪

映画の話を聞きましたら久しぶりに映画を観たくなりました。
これから上映される映画です。見たいと思っています。

a0105023_07003505.jpg


by yasukon20 | 2018-03-21 22:13 | 日々の出来ごと | Comments(12)
2月17日(土)日本中が現地でテレビで釘付けになっていたことでしょう、その時間を共有出来ませんでした。

a0105023_07282284.jpg
a0105023_07283830.jpg
             すべて何回も放映されるテレビから・・・です。
本当に感動の一瞬だったことでしょう。 あとから見ても感動し涙が出てきました。
今まであまり気になってはいない彼でしたが なかなかの好青年と見直しました。
しっかり右足首のリハビリに専念してほしいですね。


ではその時間どこにいたのか? テレビも見れない場所におりました(笑)
2018年の広島市民文化大学の第一回目の日でした。
今年も軟張って講師のお話を聞きに行きたいと思っています。
a0105023_07290869.jpg
いつも友達3人で行きますが今回は1人お休み。 2人で行ってきました。

皆さんはよくご存じの方なのでしょうね。 私は勉強不足というのでしょうね あまり存じ上げない方でした。
この方です。

a0105023_07293534.jpg
  演題 「~情報の正しい判断~ 報道現場から」
  講師 辛坊 治郎氏 (読売テレビ元解説委員長・ (株)大阪総合研究所代表)

冒頭 やはり羽生結弦君のことを話されました。 

午後1時半から講演が始まりましたので丁度かぶさってしまったのです。 宇野君のもです。
でも途中でその結果は発表しません。帰られるまで楽しみにしてください!!・・・そうですね。講演に集中しましょう(笑)

厚生年金の話 健康保険の話 癌治療の話 大阪に拠点を置かれているので大阪市が20年前に比べて物凄く綺麗な街になった話など、
大阪城にも行ってみたくなるような話をされました。
人間の体の細胞は2年ですべて生まれ変わるそうです。 その際 癌細胞とか違った細胞が寄ってきた場合 自分の免疫細胞と違っていると判断すればその異端細胞は自分の細胞に取り込まれることは無いとか・・。
それが何らかのことで取り込んでしまうとそれが癌細胞になってしまうとか・。
そして今や治らない癌はないほどに薬の開発が進んでいること。
しかしその治療は高額なのですべての人が試すことは出来ないけど これが万人に効く薬だと国が認定すれば健保が効くとか。
(それはそれで国の負担が大きくなることです。健保が赤字になっていくことです。)
まぁ~~途切れることなく今の高齢者が気になっている話を話されました。
京大の山中教授の事 神戸理研の例の事件のこと 歴代の東京都知事のこと、もうきりがないほど・・。

もう羽生結弦君も 宇野昌磨君も 頭に入りこんでくる隙間は有りません(笑)

しかし高齢者にはこれから先の人生を考えさせれる講演でした。
とにかく年金のことは 今の若い世代におんぶにだっこされている現実を またはっきり知りました。
「あなた方が自分で積み立ててきたお金ではないのですよ!!」って言われた時 全くそう、勘違いしてはいけないなぁ~って
思いました。

まぁ~お話が上手な方だという事は皆さんがよくご存じですね。

のほんほんと過ごしていてはいけないなぁ~って教えられた1時間半でした。

次回は 戸田奈津子さんです。
とっても楽しみです。





by yasukon20 | 2018-02-19 10:54 | 日々の出来ごと | Comments(10)