母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(585)
(513)
(321)
(261)
(198)
(129)
(113)
(96)
(94)
(84)
(76)
(76)
(72)
(72)
(69)
(57)
(54)
(53)
(53)
(52)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・野菜生活
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金だけでも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
専業主婦の愚痴話
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
さいたま日記
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
バリ島大好き
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

★☆銀河☆さん こんば..
by yasukon20 at 23:09
こんにちは。 中村芝翫..
by sensui3 at 16:41
金丸座は芝翫の襲名披露で..
by ☆銀河☆ at 14:11
★oshibanyosh..
by yasukon20 at 22:41
★kawasei1008..
by yasukon20 at 22:37
★花水木さん こんばん..
by yasukon20 at 22:33
★野いちごさん こんば..
by yasukon20 at 22:22
★ゆんこさん こんばん..
by yasukon20 at 22:17
★sensui3さん ..
by yasukon20 at 22:10
★rabbitjumpさ..
by yasukon20 at 22:08

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

カテゴリ:憩い( 135 )

映画 ス-パ-歌舞伎「ヤマトタケル」

先日 映画代3000円のところ予約券は2700円と言う事で早目にチケットを買っていたので、何が何でも行かなくては・・と思って行ってきました。

昨秋 全国でロ-ドショ-が有ったのでしょうか、その時には気が付きませんでしたが今回期間限定で特別上映がされていました。
a0105023_16353874.jpg


歌舞伎を映画で観ること自体私はピンとこなかったのですが亀次郎さん改め猿之助さんの襲名披露公演が映画になっていることですし、一度観てみたと思いながら昨秋博多座での公演にも行けませんでしたので 今回 映画でまず観たいと思いました。
a0105023_1640162.jpg


実は私はこの「ヤマトタケル」の神話の時代の事にあまり興味がなく このスト-リ-も
面白いのかなぁ~って半分は心配しつつでしたが何より市川猿之助 市川中車 市川團子 の名前にひかれて行きましたのが正直なところです(^_-)-☆
いや~~いや 面白かったです。 舞台装置もすごいです!

哲学者梅原猛が三代目市川猿之助(二代目猿翁)の為に書き下ろし、神話のヤマトタケルの波乱の半生を雄大なドラマに仕立て上げられています。
今や ”ス-パ-歌舞伎”のジャンルを確たるものして澤瀉屋の大切な演目になっています。
a0105023_1703422.jpg

新橋演舞場での舞台が映画になっていますが まぁ~音響効果が素晴らしくその場で観ているような臨場感あふれる映画でした。

歌舞伎で面白いのが早変わりですね。 今回も大和の皇子として生まれた双子の兄弟を猿之助が演じます。
二人で言い争い喧嘩をしている場面では 本当に見事に入れ替わるのです。
それも本の少しの間に・・・。 それも何回も兄になったり弟になったり。
それが見せ場でもあり勝負なのでしょうね・・時々テレビのドキュメントで見ますが・・。
もう最初から感動していました♪

やはり猿之助さんは美しくて気品があります♪

市川中車さん(香川照之)を拝見するのは南座で本物拝見しましたが(笑)大変でしょうね~~ってまずはそういう目で見てしまいます。 
口上で「猿之助さんを師とも父とも仰ぎ、精進してまいります。」と述べられておられました。
頑張って欲しいですね。 ここでは軟張っては通じないでしょう(^_-)-☆
市川團子ちゃんは最後の頃に出てきますが まぁ~可愛い顔で声も可愛くしっかりセリフが言えました。
会場から大きな拍手がわきました。それにつられて映画館でもみなさん 手をたたきました。
役柄はヤマトタケルの子どもでヤマトタケル亡きあと帝になっていく筋書きです。
気品がありますね~。本当に可愛かったです。
a0105023_17162228.jpg

最後に亡くなったヤマトタケルの魂が白鳥となり天空へと旅立つクライマックスは感動しました。
美しい~~♪
a0105023_17213164.jpg

上映時間3時間40分。 途中15分休憩です。

疲れは有りませんでした~。 
この演目は音声ガイドは要りませんね~。よく分かりました。 

都合でコメントのお返事が出来ませんのでコメント欄を閉じておきます。
なにかありましたら下の記事へお願いします♪ 少し遅くなりますが宜しくです。

a0105023_20312182.jpg

by yasukon20 | 2014-03-10 20:40 | 憩い

映画「大統領の執事の涙」

a0105023_2305852.jpg

先日行きました福岡の娘宅滞在記も書きたいのですが後回しになっています。
毎日用事がありその合間を縫うようにどうしても観たい映画に昨日行ってきました。
暇で行ったわけではないのですよ(笑) いつかいつか・・と言っているうち終わってしまう事が多いので今回はしっかりと・・(笑)
そこで友人2人と会いました。 本当に久しぶりに♪ まぁ~友人の話は横に置いておきましょう。

7人の大統領に仕えた黒人執事、セシルの涙はどんな涙?
公式HPはこちらです・・・・・★☆

アメリカにおける黒人の位置 戦う彼らの姿についこの間までこういう戦いがアメリカで行われていたことを改めて教えられます。
白人に使える父と、それを恥じ、国と戦うために反政府運動に身を投じる長男と、「兄さんは国と戦っているけど僕は国の為に戦う。」と言ってベトナム戦争へ志願する次男。 
またセシルが多忙の為に妻がお酒にのめりこんでいく姿は以前観た「リンカ-ン」を思い出します。
歴代大統領から絶大な信頼を得ているセシル。 ホワイトハウスで話されている世界を動かす会話を耳にしても 決してもらしてはならず・・。
ケネディ-大統領の時にはキャロラインちゃんに絵本を読んであげているセシルが出てきます。
今のケネディ-駐日大使ですね。ケネディ-大統領が「私は黒人の苦悩を分かっていなかった。」とセシルに話す場面があります。 詫びる気持ちなのでしょう。その後暗殺されます。
ホワイトハウスの主がオバマ大領領になる時代が来たとは セシルには信じられない出来事ながら喜びでいっぱいでしたでしょう。ケネディ-大統領が向かうとしていた時代がやっとオバマ大統領誕生で実現したのですね。

アメリカ南部で奴隷として働いていたセシルの両親。辛い思い出の地にも妻と共に訪れます。
決して表舞台に出られない執事という仕事。 その中で黒人の低賃金を不服に思い賃上げをまた待遇を白人執事と同じように上げて欲しいと副大統領に嘆願し 「嫌なら辞めろ!」と言われますが レーガン大統領がセシルの訴えを聞き遂げてくれます。
自ら、そういう白人社会にも思いをいう事が出来るようになったのも息子の活動のせいではないかと私は思いました。

親に反発し親も息子を勘当し、それぞれの道を歩みますがしかしやはり親子です。
息子に「すまなかった。許してくれ。」と詫びるセシルに涙が出ました。
お互い分かりあえた瞬間でした。

書きだすといろいろな思いが噴出してまとまりません。
これぐらいにしておきましょう。 
良い映画でした。 ぜひとお奨めします♪

次はこれです♪  予約券を買っているのでどうしても行かなくて(笑) 映画です。
a0105023_20245721.jpg


消費税値上げの前にこのガス暖房機が壊れてくれました~~(笑)
壊れないと買い替えも渋ってしまう私ですが いいタイミングです(^^ゞ 
決断が出来ます。
マンションに最初からついていた暖房器具なのです。
a0105023_2026553.jpg

今度はお安い電気のエアコンにします。
この暖房機 お湯が循環してきて温風を出しているそうで水の管から水をまず全部出して管を切るのか取るのか・・そういう作業だそうです。この撤去にも17000円必要~でも仕方ありません!!
その他この器具を取り外すのにいくらか…それは家電店の仕事とか・・。
全て消費税値上げ前で良かったのだ~~って思う事に(笑)

a0105023_2031653.jpg

by yasukon20 | 2014-02-26 22:06 | 憩い | Comments(16)

映画「小さいおうち」観てきました♪

昨日はすでに書きましたが2か月に一度の眼科検診日でした。
2か月前に予約して帰るのですが日によっては予約時間には順番が回ってこなくて終わるまでに2時間ぐらいかかることもあります。
しかし昨日は順調に診察が進んでいって思いがけなく早く終わりました。
さぁ~~どうする? (笑)  
お昼前に終わった時の予定は立ていたのですが10時前には終わったので予定変更!
映画に行こう~ 「小さなおうち」へ。
本を読んでいたので映画ではどのように表現されているのか興味はありましたが気持ち的にどうしても!!て言う感じはなかったのです。だから全国ロードショ-が始まってもすぐに行こうという気持ちが少なかったのですが・・・。
a0105023_957985.jpg

しかしやはり良かったです♪

奥様役の松たか子さんもタキちゃん役の黒木華さんも昭和初期の設定にぴったりの演技でした♪
本を読んだ時消化不良だったと書きましたがその後いろいろな事が分かり理解が深まっておりましたが、映画を見ることでますます私の消化不良部分はなくなりました。

映画でも絵本「ちいさなおうち」のことが出てきます。 
この絵本に出会った時のことはこちらに書いています。 興味がおありでしたどうぞ★★
そして吉岡君演じる板倉さんがぼっちゃんに本を読んで聞かせる場面で出てきた本が「コドモノクニ」でした。
「コドモノクニ」のことも以前ブログに書いています。 こちらです・・★★
なんだか知っている本が映画で出てくるには嬉しいものですね♪

奥様の秘密を知ったタキちゃん。 そして自分も板倉さんに恋心を感じていることで自分も奥様に秘密を持ってしまったことへの懺悔!
高齢になったタキちゃん役の倍賞千恵子さんの涙はこちらも涙が出ました。

あまり書かない方がいいですね(笑)  迷っておられる方がありましたらお奨めです♪

公式HPです・・・・・★★


映画に行くと次の映画が見に行きたくなります。
こちらが観たいですね~♪
a0105023_1046048.jpg

そしてファンである市川猿之助さんのこちら・・・。
a0105023_10464510.jpg
私がいつも行く映画館で2月22日から1週間だったか 特別公開があります。
上映時間が3時間40分ぐらいとか。 映画代もお高くて3000円。 65歳以上の割引もなし。
前売り券を買うと2700円。 それでは・・・買いました(^_-)-☆
実際には歌舞伎座とかで生を観てみたいのですがなかなか実現するのも月日がいりそうで、とりあえずは映画で観ておきます。
昨年6月に新橋演舞場での公演がシネマになったそうです。
いつかは生で・・の夢をもって♪


a0105023_10514018.jpg

by yasukon20 | 2014-02-05 10:56 | 憩い | Comments(50)

今年最後の演奏会♪ そしてプレゼント♪

28日 娘と孫たちを送ったあと午後から行きました所は、佐村河内守さんの「全国ツア-
2013-2014」の演奏会でした♪
広島交響楽団演奏の「交響曲第一番 ”HIROSHIMA”」 です。
a0105023_15261687.jpg


現在全国ツア-が行われいます。
2013/9/16~2014/5/10まで。 それぞれの交響楽団が演奏されるのでしょう。
広島は広島交響楽団で指揮は金聖郷氏(きむ せいきょう氏)でした。
広島交響楽団はこの曲の初演を演奏しています。 第一楽章と第三楽章だけだったそうですが それが多くの方方の耳に触れるきっかけとなりました。
a0105023_15375746.jpg

現代のベ-トベンと言われて話題になった佐村河内 守さん。 
お母様と私の友人がお友達関係で有ることからよく情報が入ってきます。
今回も5人のお友達で行ってきました。
この曲を聴くのは今回で2回目です。
以前は東京まで行きました(笑)  その時のことはこちらに書いていますからどうぞ ★★

CDも持っていますがやはり生演奏には叶いませんね~。 
最後の楽章では楽団の皆さん すごい迫力で演奏されその姿を見るだけで感動しました。
最後あたりになりますといつも涙が出てしまいます。 なんでしょうね~~?

今年はここ広島市での演奏会が最後でした。
佐村河内守さんも会場に居られて 終わりますと舞台まで上がられて楽団の皆さん、客席のみなんさんに感謝を示されました。 4回ぐらい舞台で入ったり出たり・・・♪
会場は興奮のうずでした♪

その会場で久しぶりに会った友人から「オノムラさんのCD」と言って渡されました。
a0105023_15501518.jpg

「オノムラさん? えっ! オノムラさん??」と私の何度もの質問に
「エリザベト音大に聴きにいったでしょ!  その時の・・・えっ!行ってない?」となんだか
チンプンカンプンの会話(笑)
そこにいた友人たちも「Y子さんは行ってなかった? ?? いや いったでしょう~~」って。
そのうちそこにいるメンバ-ともう一人の友人と4人で行ったことをみんなで(笑)思い出しました。
その時の録画されたCDを持って来てくださったのです。
みんなの記憶も遠のいていたはずです。
CDを見ると2006年10月15日 エリザベト音楽大学セシリアホ-ルにて・・と書いてありました。
2006年ですよ~~!!  

それを今頃なぜ?って言うのがまた疑問になる私ですが 嬉しく頂きました。
美しい歌曲集 聴いてみたいと思います。
a0105023_15575826.jpg

拡大できます。クリックしてください。

そして昨日は「だれ???」って思う方から宅配便が届きました。
夫は私宛のその包みを知らない人なら開けないほうが良い!!とやけに慎重です。
知らない方から しかし私の名前も住所もあっている!!!
「だれ? 電話をしてみようかしら?」と電話嫌いの私でも考えました。

その荷物に「写真」と書いてあることから 私ははっと思いました。
「カナダに行ったツア-の人ではない?」・・・・そうよ、きっと♪

最初にお友達になった方でなんと最後までお名前は知らなかったのですがお別れの時
「広島に来られる機会があれば連絡して下さい。」と名前と住所をメモした紙をお渡ししたのです。
そしてこの度 お菓子など送ってくださいました(^_-)-☆
a0105023_167136.jpg


両方とも思いがけないプレゼントでした♪
今年も皆さんのおかげで「幸せ気分」で年越しできます。

ブログ上では思いがけないお別れなど寂しく思ったりしたこともありましたが 多くの方々と交流が出来ましたこと感謝します。
来年もよろしくお願いいたします。


    どうぞ皆様 佳いお年をお迎えください

a0105023_1348115.jpg

by yasukon20 | 2013-12-30 20:15 | 憩い

CD2枚♪

一昨日(12/15)教会で「クリスマス・ゴスペルコンサ-ト」が行われました。
小さな会堂が壊れるのではないかと思うほどの迫力でした~~。
若い方々の歌声は良いですね!!
a0105023_181241.jpg
a0105023_1812412.jpg

 

素晴らしい歌声を聴いたあと前から欲しいと思っていた2枚のCDを買ってきました。
a0105023_1825235.jpg

「image」のコンサ-トは広島に来てくれれば行きますが最近遠のいています。
それにつられてCDもついつい・・・・忘れがち(ーー;)
久しぶりに素敵な演奏を聴きました。
「image 14」のコンサ-トに行く予定を立てたいなぁ~って思っています。
先行予約のハガキが届いたので・・・♪
来年5月の話。鬼が笑います(^^ゞ 
 しかしコンサ-トや演劇などすでに来年の予約ですよね。

もう一枚は今話題の人 海上自衛隊東京音楽隊所属のソプラノ歌手 三宅由佳莉さん。
新聞 テレビ等で取り上げられ歌声もテレビで何度も聴きました。
ぜひマイカ-に入れておきたいと思って買いました~~♪
a0105023_187911.jpg

(拡大できます。クリックしてください。)
楽器の演奏も良いけど 人の澄みきった声の歌を聴くのもまた心が洗われるようです♪
エンドレスで聴いています♪
オペラ歌手を目指されたそうですが道は険しくやむ終えずデパ-トに内定がきまりましたが その後恩師の勧めで自衛隊への道が開かられた三宅由佳莉さん。
今 就活に悩みが多い学生さんにもきっと指針を示しておられるのではないかと思ったりします。
これからもご活躍を期待したいです。

冷蔵庫の中にいつまでも残っていた白菜と小松菜の煮びたし。
昨日、冷蔵庫の掃除をして出来た献立(笑)
a0105023_2245211.jpg


一足先に娘たちのス-ツケ-スが届きました。
a0105023_843241.jpg

洗面台のタオル(孫たちように・・)も準備OK♪
a0105023_8435661.jpg


a0105023_22345561.jpg

by yasukon20 | 2013-12-17 07:31 | 憩い | Comments(18)

映画の話 もう一本(^_-)-☆  「少年H」

ここ10日ぐらいの間に3本 映画を見たことになります。
「風立ちぬ」 「終戦のエンペラ-」 そして「少年H」 
3本とも平和の尊さを人間味豊かに描かれていると思います。

予告篇  ★★

『少年H』は、妹尾河童さんの自伝的小説。1997年、講談社より刊行されました。
毎日出版文化賞特別賞受賞作品。1997年度の大佛次郎賞最終候補作でもあったそうです。
大佛次郎賞と言えば先日の「母の遺産」の水村美苗さんが受賞された賞ですね。
私も読みました。もう10年ぐらい前になります。
a0105023_16235159.jpg

映画が先か 本が先か・・・どちらが良いのでしょうか?(笑)
私はすでに読んでいるので選択の余地はありませんね。
願わくは本から受けたイメ-ジが壊されないようにと願うのみです。
10年前の記憶がどこまで残っているかも問題ですが・・・。

「風立ちぬ」と同じ映画館で上映されているため(2つの劇場があります)行った時はちょうど「風立ちぬ」が始まる時間が迫っておりロビ-には人がいっぱいでした。
やはり人気があるのですね~~あちらは(笑)
a0105023_16285659.jpg

しかしこちらも満席でした~。 全席指定席で満席でした。

神戸の町に「H」とよばれる少年がいました。 本名「肇はじめ」君。
父親は洋服の仕立て職人で神戸の街の外国人との交流もあります。
母親は熱心なクリスチャン。
このおかあさんが本でも笑わせてもらいましたが映画でも明るいお母さんでした。
2つ下の妹と4人家族です。
「H」が小学校5年生の時 戦争が始まりました。
この家族の上にまたご近所さんへ いろいろな戦争による波が押し寄せてきます。
父親がいいます。「いいか~戦争が終わった時に自分に恥ずかしくない人にならなくてはいかんよ。」と 言動に気を付けることを教えます。
内容は映画をご覧ください(^_-)-☆
戦争が終わって 少年Hが 「なんのための戦争だったんや~~」っていう場面があります。
大人たちの心がまるで変わってしまった現実をみ なんだったんだろう~戦争って!と疑問に思う子どもの気持ちが胸に響きました。

子どもたちに孫たちにこういう時代が永遠に来ないようにと願います。
今日は「終戦の日」ですね。


上下2冊の文庫本を持っていますがこれだけの内容を2時間2分の上映時間ではすべてを伝えるのは大変でしょうね。
でもとっても良かったと思いました。
お父さんとお母さん役のお二人ご夫妻も適役だと思いました。
a0105023_1729584.jpg
a0105023_17292093.jpg

原作者の妹尾河童さん 83歳でお元気だそうですね。
河童さんが描かれる上から見た部屋の絵が私は大すきでした。
絵をみていろいろ想像していました~♪  また見てみたいですね。


新聞にゴ-ヤ-のピクルスのレシピが載っていました。
a0105023_98241.jpg

丁度ゴ-ヤ-チャンプルにした残りが半分残っていましたので早速作りました。

黒こしょうの粒がないので代用です。
a0105023_91057.jpg

簡単に出来上がりました\(^o^)/  苦いのがお嫌いな方には苦さがどうでしょうか・・・。
美味しかったです・・・・私には♪
a0105023_9113855.jpg




a0105023_911497.jpg

by yasukon20 | 2013-08-15 08:23 | 憩い | Comments(22)

映画 「終戦のエンペラ-」

a0105023_22175626.jpg

いつも行きます映画館の「茶論 記憶」です。
古いテ-ブルに椅子。 何となく落ち着きます。
ここでコ-ヒ-を飲んでもよし 劇場に持って入ってもよし。

「風立ちぬ」の後 7日に今度は「終戦のエンペラ-」を見てきました。
公式HPは こちら。

二つの映画は同じ劇場での上映でしたからポスタ-など目に入り、またブログ友さんが
ご紹介くださっていたのでぜひ見たいと思っていたのです。
時期的にどうしても第二次世界大戦前後の映画が多くなりますね。

a0105023_12573748.jpg

太平洋戦争に天皇はどう関わったのか─・・・今でも最大の謎かも知れません。
1945年8月、敗戦国日本に連合国軍最高司令官として乗り込んだマッカーサー元帥の命を受け、フェラーズ准将は調査を始めますが 関係者の口は重く、調査は難航するのですが・・・。

フェラ-ズ准将は若い頃アメリカに留学していた日本女性との恋におちいりますがそれもまたアメリカ映画ですが親しみを感じました。
人間と人間のとつながり 絆 本当に時代を超えて大事なことですね。

最初 映画の始まりはB-29が広島へ原子爆弾を投下する使命を持ってテニアン島を飛び立つ場面から始まります。
「終戦のロ-レライ」という本を思い出します。
すでに日本の敗戦を感じつつ 原子爆弾を落とす戦闘機がテニアン島から飛ぶ立つのを何としても阻止したいとテニアン島に向っていく日本海軍の若き兵士の場面を思い出しました。
間に合わず飛び立っていくのですが・・・。

この映画も広島原爆投下時のきのこ雲を持って終戦を表現していたと思います。
その後の東京の焼け野原の風景は作り物ではなく本物のように私は見えました。
まさしくこのようで有っただろうと思いました。
そしてよく今日のように復興したものだと思いました。

その東京へマッカ-サ-元帥が降り立ちます。
この人の名前は小さかった私達も忘れることは出来ない名前ですね。
a0105023_12341319.jpg


日本の文化 日本人としての誇り 胸の内を重んじる文化 などなどGHQの人たちには分からないことだらけでしょう。
それを理解し 戦犯と言われる人たちと接触を重ねていかなくてはならないフェラ-ズ准将なのです。
最後の目的は「天皇」です。いかなる処分を下すか・・・。 

私はこういう映画を見るとすぐ信じてしまって よく天皇はGHQまでで向かわれたことや、
まずは国民のこれからを・・なんて言われると「なんていい天皇でしょう。」って思ってしまいます(^^ゞ
しかし夫は「真相は分からない!!」っていいます。
そうなのでしょうかね~~。
難しい問題です。

毎年終戦記念日近くになりますと何度もNHKなどのドキュメンタリ-で見るような内容なのですが アメリカ側から見ること 考えることはないのでよかったかな~って思いました。

フェラーズ准将のような親日家が居られたからこそ今の日本があるのでしょう。
その後フェラーズ准将はなんとか勲章(すみません はっきり覚えてなくて・)を授けられておられます。
フェラーズ准将の恋人役の初音映莉子さん初めてでした。そう明な役柄を演じられていました。
ハリウッドスタ-になられるでしょうか・・・・。


皆様もご覧なりましたらご感想をお聞かせください。


話は全然違いますが一昨日夫の友人から「ハワイにいこうやぁ~~」と電話が有りました。
広島空港からのチャ-タ-便です。  最近広島空港からのチャ-タ-便で海外に行く
ツア-が増えました。
いつも関空か成田に行っていたのが嘘のように思えます。
今までハワイには行ったことが有りません。
一度ぐらいは行ってみたいと思い 娘たちとの旅を計画してはそのままになっているハワイ♪
この歳で「ハワイデビュ-」できそうかな~~(笑)
11月末の話ですけどね(^^ゞ
どうなりますことやら・・・・。


春に株分けしたオンシジュ-ムのトゥインクル♪  一鉢に花が少しだけ咲きました。
a0105023_22164151.jpg

ペチュニアのレモンちゃんです。
a0105023_22172268.jpg
 

今娘と孫たちは横浜です。
12日に長女夫婦と会って遊んだとか・・・。
長女がhanaの写真を送ってくれました。 久しぶりに見る顔です(笑)
おねえちゃんらしい顔になりました。
a0105023_9255921.jpg



a0105023_13275548.jpg

by yasukon20 | 2013-08-14 07:14 | 憩い | Comments(16)

映画 「風立ちぬ」

a0105023_2359183.jpg
あちこちのブログで皆様も書いておられて「観にいきたい!」って評判の映画 「風立ちぬ」を3日に観てきました。

私の年代は堀辰雄の「風立ちぬ」で 若かりし頃読んでみたいと思いながらも読んでいないのが情けなくもありますがその小説が一番に浮かんできます。

「堀越二郎と 堀辰雄に
    敬意を込めて」   と出てきます。

堀越二郎さんは実在の人物です。
彼が生きた時間と小説「風立ちぬ」とがどうかみ合っていくの・・・??と 興味深々です。

とっても簡単にスト-リ-が載っています・・・・こちらからどうぞ★

ここに「生きねば」と書いてあるのがラストですね。
結核で妻も亡くし 自分が設計した美しい飛行機も一機も帰ってこなかった!!
それでも「生きて~~」と菜穂子さんの声がする。

戦後「それでも生きなくては・・」と思って頑張ってこられた方々のこと 忘れてはいけないと思います。
25日(日)にテレビで「二十四の瞳」が有りました。
何度みても涙が出ます。 大石先生が戦地から帰ってきた教え子に「生きて帰ってきてくれてありがとう。」と言う場面がありました。
戦後の暮らしは辛く悲しくても 「いのち」が有ることは大事なことです。
その場面で涙がこぼれました。
しかしこの映画では涙も出ませんでした。 
宮崎駿監督は初めて自分の作品で涙が出たと語っておられますが 私の理解度が足りないのでしょう。
戦争のことは表面にはそう出てこなくて零戦の飛行機を作っているにも関わらず飛行機大好き少年の夢をいつまで追いかけていかれた堀越二郎さんのお人柄が全面に出ていたのではないでしょうか・・。
ジブリスタジオの鈴木敏夫さんの言葉をお借りすれば・・・
「堀越が10歳の少年時代から、物語は始まります。子供の頃から空に憧れて飛行機に乗りたかった少年が大人になった時、飛行機の仕事に携わろうと思った時に、時代は戦争の時代。そこで彼が作らなきゃいけないものが、艦上戦闘機だったという話なんです。」

関東大震災での菜穂子さんとの出会い、その後の二人の再会のお話より飛行機作りに
まい進する二郎さんがとっても良かったと思うのが感想です。
しかし菜穂子さんの存在が無ければつまらない映画となっていますね。
綺麗な風景と共に菜穂子さんの美しい心と愛情には泣けてこられる方も多いかと思います。
a0105023_1472219.jpg


それと後で驚いたのは豪華俳優さんが声での出演です。 
私は竹下景子さん(二郎さんのお母さん)しか分からず、最後のキャスティングで流れた名前に驚くばかりでした。 よく予告篇を見ていけば良かったと後悔です。
リピ-タ-が多いとネット上で評判のようですが そういわれてみればももう一度いろいろ確かめる為に見に行く人もあるだろうな~って思います。
私はいつかまたTVで放映されるでしょうからその時まで待ちましょう(^^ゞ

二郎さん 計算尺を使っていました。 
懐かしい!と思われる方はどの年代まででしょうか?
私は使いかた学校で習いました。 教材として買わされ持っていましたが今は残念ですね、ないです。
取って有ればお見せできましたが…(^^ゞ
ブログ友さんも感想に書いておられますが 私たちはこの時代に関しての知識の下地が有りますが、アニメ目的で子供さんたちが観られたら分からないことが多いと思いました。
私の斜め前の席にアメリカ人(たぶん・・笑)お父さんと小学校3年ぐらいの女の子が居れましたが理解できたかな~って他人事ながら心配でした。
「となりのトトロ」とは違うものね~~。

それとタバコを吸う場面の多いこと!!
今こうして振り返ると異常に思えるほどですね~~。
私も若い頃勤めていた会社の人のたばこで家に帰っても臭いが取れなかったことを思い出します。
体に悪そうです(笑)

こんな本も読んでみたいと思わされます。
a0105023_1047296.jpg


映画館 久しぶりでした。
終戦のエンペラ-」も観たいし(上映中…実は見てきました。またアップさせていただきます。)     
           次はこれも観たい!!  ↓ 
a0105023_10562255.jpg
ボケボケですみません。
この本は持っていて面白くも悲しくもあり 麻生発言で今注目を集める故杉原千畝氏がユダヤ人を日本経由で第三国へ抜けられるようにビザを書き続けた話は有名ですが そのユダヤ人との交流も書かれていたと思います。
印象に残っています。
今まで 映画にならなかったのが不思議な気もします。


***************************
今朝 4時起きで呉市の祖母の墓参りに行ってきました。
母と伯母夫婦の墓参りは2日に済ませています。
3か所あるので大変!!
a0105023_9565396.jpg

この墓は今年中に移転を考えています。
この呉港の風景を見るのもあと何回でしょうか・・・・。
a0105023_9574755.jpg

今日も朝から暑くて明日は36度の予想です。
今年は出さないでおこうと思った「よしず」 お墓参りから帰ってから出しました(^_^)v
a0105023_959202.jpg
部屋の中も少し暗くはなりますが涼しげになりました~~♪
a0105023_1042952.jpg


皆様もご自愛ください。



a0105023_1711139.jpg

by yasukon20 | 2013-08-09 10:06 | 憩い | Comments(20)

縮景園の花たち♪

縮景園の梅の花を見たくて入園しましたが 先日の春の嵐の風雨でも影響が有ったように思われますが「時すでに遅し」でした。
a0105023_7175853.jpg

梅林の最初の梅。  花びらの絨毯を見て時遅しを感じました。
それでも少しの花を見つけて・・・・・
a0105023_9183975.jpg
新芽も出ています。(ボケています(^^ゞ)
a0105023_9204138.jpg

梅見物に出かけた年は梅だけで他のお花を見ることは少ないのですが 梅の終わった庭園を初めて歩いてみましたら沢山の花たちが春爛漫を待っているかのようにお花を見せてくれました♪
拙い画像ですが並べます(^^ゞ
お近くの方はこれからの「縮景園」にお出かけされてはいかがでしょう♪
a0105023_10144775.jpg

今ではめったに聞くこともなくなった方言が書いてあるのを見つけました。 
茸(きのこ)のことを「なば」って言っていました。
「昔 そういえばおばあちゃんがよく使っていたね~~なば!」と同世代の夫とは話があいます(笑)
a0105023_9285111.jpg
a0105023_9291739.jpg

この桜は何桜? (後でかの有名な河津桜だとわかりました)
a0105023_9374046.jpg
肌寒かったこの日でしたが青空がきれいに広がってきました。
a0105023_9375784.jpg
この木は ↑ こんなに可愛い花 ↓ なのです。
a0105023_940593.jpg

a0105023_9414389.jpg

「源平枝垂れ桃」・・・だそうです♪
とっても可愛くて白色とピンク色が綺麗にまじりあって咲いています。
初めて見ました。  カメラマンたちもいっぱい♪
3月下旬から4月中旬までが花期だそうです。
a0105023_9481971.jpg
枝垂れ桜の蕾も膨らんできています。(これもボケボケ・・(~_~メ) )
a0105023_9483993.jpg
a0105023_9485282.jpg
a0105023_9493852.jpg
      ボケの花を見るたび実家の庭を思いだし母を思い出します。
     せつなくなります。

そして再度「河津桜」ここに来て花名が書いてあり感動しました(笑) 
河津まで行けないので・・・。
a0105023_9495685.jpg

a0105023_957346.jpg
                        ハナズオウ
a0105023_95253.jpg
                         ハクモクレン
a0105023_9522728.jpg
                       ミツマタ
a0105023_101793.jpg
                        ハナカイドウ  
春の上海の街で沢山沢山咲いているのを見たのがとっても懐かしくなる花です。
これからですね。

アジサイも沢山芽がでて葉をのばしていました。
a0105023_10124441.jpg

また桜見物にきたいなぁ~って思いながら お薄を頂きました。
a0105023_1025934.jpg


入るとき撮らなかった正門。 出るころにはすっかりいいお天気になっておりました。
近いのになかなか行けない場所です。
今回も新しい発見が出来て嬉しい半日でした♪
a0105023_1044264.jpg


そうそう美術館から綺麗に見える彼岸桜も載せておきましょう♪
a0105023_1022861.jpg
a0105023_10224521.jpg


今日 広島でも桜の開花宣言がありました。
標本木はここ縮景園に有ります。


a0105023_10232095.jpg

by yasukon20 | 2013-03-22 22:53 | 憩い | Comments(4)

二紀展へ

広島県立美術館で始まった「二紀展」に初日の5日に行ってきました。
出品されている友人が招待状を送って下さったのです。

a0105023_1755434.jpg

撮影禁止と書いてあったかどうか分からないのですが あたりを見回しても注意書きも見当たらないので少しだけ撮ってきました。
雰囲気だけでもおすそ分けです。
a0105023_178297.jpg

お友達の作品もカメラに収めましたが承諾を得ていませんので今回はパスします。
パンフレットから少しだけ覗き見してください。
a0105023_19274863.jpg

今回は大作が多いと感じました。
昨年は残念ながら拝見出来ませんでしたが一昨年のかすかな記憶ですが大作はそう多くなかったと思いますがどうでしょうか・・。 私の記憶ですからあまり本気にしないで・・(笑)
カラフルな作品が多く細かい描写もどのようにして描くのだろと顔を近づけてみたりしました。
サイズが大きいので相当の忍耐と好きでないと描けませんね~って お知り合いでもない方とお話などして楽しいひと時でした。

J子さん 有難うございました♪ 

今回の旅のお供に持参する本はこちらです。 
a0105023_11203626.jpg

読み終えることが出来ますか どうか・・・・(^_-)-☆


a0105023_1864330.jpg

by yasukon20 | 2013-02-08 06:00 | 憩い