母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(585)
(521)
(326)
(262)
(198)
(129)
(113)
(97)
(94)
(86)
(76)
(76)
(73)
(72)
(69)
(58)
(54)
(54)
(53)
(52)

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・薔薇の季節
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金だけでも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
専業主婦の愚痴話
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
さいたま日記
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
バリ島大好き
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

次女さんの同級生、映画に..
by himekagura at 22:50
こんばんは 映画は観てい..
by usatyu4 at 22:17
松阪君の変化、役所広司の..
by kawasei1008 at 16:39
★doremi730さん..
by yasukon20 at 06:34
★石畳のん♪さん おは..
by yasukon20 at 06:30
怖そうで、、 映画館で..
by doremi730 at 23:47
噂の映画、いよいよスター..
by 石畳のん♪ at 22:35
★mさん こんばんは!..
by yasukon20 at 21:57
こんばんは~ 昔の..
by m at 21:34
★oshibanyosh..
by yasukon20 at 21:12

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

小笠原 硫黄3島クル-ズ♪--12


今回から硫黄島の事を書こうと思っておりましたが 面白い話を思い出して(笑)またちょっと
南硫黄島に戻りますね('◇')ゞ
通常の南硫黄島はこのように山頂が雲霧帯に包まれています。…何度も言いますが 私たちの
クル-ズは幸運でした。
時間が経つにつれて通常の姿も見ることが出来たのも幸運です。
a0105023_16154397.jpg
さて皆さんがよくご存じのハリ-ポッタ-の作者 J・K・ロ-リングさんが 
世界に11か所,魔法の学校があると発表されたそうです。
その一つが日本です。 どこでしょうか?   
学校の名前は「マホウトコロ(Mahoutokoro)」。
白いヒスイの建物が特徴的な学校は小笠原諸島にある南硫黄島にあって、生徒たちは自宅から巨大なウミツバメに乗って往復しているんだそうです(笑)
普通 このように雲霧帯に包まれていて頂上を見ることが出来ないので 学校も見ることが出来ないのです((+_+))
この話を教えて下さった島ちゃんは一度南硫黄島に上陸し調査をされた一人ですが 学校は見えなかった(笑)
それは自分が魔法使いではなかったからです・・・というまさに正直なお話です(笑)
こうしてきっと世界中のハリ-ポッタ-ファンは「南硫黄島ってどこ?」って地図で探してくれていることでしょう。

夢のあるお話しでしょ♪ すっかり忘れていましたが ふと思い出しました。 
私の脳みそもまだ健在な部分もあるようですね(笑)

ついでに書けば南硫黄島は無人島なのですが 時には漂流者が流れつくことが有るそうで、1895年より硫黄島に来航する定期船は年1航海だけ南硫黄島まで延航して島の周囲を回って、漂流者の有無を確認するようになっているそうです。
今は硫黄島への定期船は無いのですが きっと確認は何かの形で行われているのでしょう。

「マホウトコロ」の事を書きたくて出だしが長くなりました<m(__)m>



ランチを頂いたあと 遠くに硫黄島が見えてきました。
突然 船長から「船の前をクジラが3頭います!!」とアナウンスが流れました。
でもなかなか 見つけることはできませんでしたね!!

でもこちら「イルカ」は・・・あはは!!
a0105023_16170430.jpg
しつこく・・・・
a0105023_16171833.jpg
遠くに見えるのが硫黄島。長い島ですね~~。

活火山の火山島であり、地熱が高く、島の至る所で噴気が上がっており、噴火する火山性ガス(二酸化硫黄など)の特有なにおいが立ち込めています。これは実際に船からも見え(船は随分離れていましたが・・)また臭いも物凄く臭いました。
望遠で撮っています。
a0105023_16181153.jpg
この硫黄島 皆さんもよくご存じですが第二次世界大戦時には本土防衛の最前線基地となり、多くの尊い命が失れた島です。
5日で終わると思われた硫黄島の戦いは36日間にも及ぶ歴史的な激戦となった、また栗林陸軍大将の話などと共に 船長の話が船内に流れました。
そして船上で戦没者慰霊祭が営まれました。 もちろん思いのある方が参列されればいいのですが多くのかたが参加され献花されました。
希望者に白菊が1本づつ手渡されました。
この様子をカメラに収めることはちょっと無理な事で 専属カメラマンの写真を拝見したいと思っていました。
こちらです。 買いました。
a0105023_16175316.jpg
幸いと言うべきか夫と私も写っていましたので思い出深い一枚のスナップとなりました。
a0105023_17182106.jpg
クル-ズで小笠原の父島までいくコ-スはよくあるそうですが ここ硫黄島まで来るクル-ズは少ないそうです。
「父島はどうでもよかったけど 硫黄島に行きたかったから申し込んだ」・・と言われる方がそばにおられて 来て良かったと涙ぐんでおられました。
現在は海上自衛隊と航空自衛隊の基地が置かれおり、慰霊行事などの特例を除き関係者以外の立ち入りが制限されている硫黄島です。

私の父もフリピンの海で戦死しました。海は繋がっています。そういう思いも込めて献花をしてきました。

私もこのクル-ズに参加して良かった!!って思った慰霊祭でした。





by yasukon20 | 2017-07-04 22:57 | 旅行(国内) | Comments(20)
Commented by doremi730 at 2017-07-04 23:29
南硫黄島の雲なし姿が観れるのは稀なんですね。
ハリーポッターの話も知らなかったのでありがとうございます。

矢印つける前の全体写真で、yaukonさん、み~つけた!
Commented by kawasei1008 at 2017-07-05 06:56
おはようございます。
魔法の学校、夢があっていいですね!!
Commented by rabbitjump at 2017-07-05 10:28
イルカ、よ~く目をこらして^^見ましたよ^^
良かったと思えた旅、本当によかったですね。
ご夫妻の記念にもなるお写真もよい記念になりますね。
Commented by oshibanayoshimi at 2017-07-05 11:57
イルカ、見えますね!!!
鯨は?

戦没者の慰霊行事もあるのですね・・・良いことですね・・・

yasukon様、細~~~い !
Commented by banban0501 at 2017-07-05 11:59
イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」で
島の形状は なんとなくわかっていましたが
随分と平らな部分があるのですね

あの映画では強烈な印象のカットがあって
この島へ向かって アメリカ海軍の
軍艦が 海一面の広がっていました

どうして こんな数の軍艦をもつ
国と戦争になってしまったのか!って

お父様も戦死されたので いい慰霊の旅にも
なられましたね
Commented by anello63 at 2017-07-05 14:12
お天気も良く、南硫黄島の全景が観られたって
幸運のひとことに尽きますね。
悲しい歴史をもつ島、戦争を知らない私でも
思わず想像して手を合わせたくなります。

さすがJ・K・ロ-リングさん、夢のあるお話ですね。
Commented by at 2017-07-05 14:36 x
yasukonさん、細いですねー
スマート♪ 

硫黄島はつらい思い出もたくさんありますものね。
思わず頭がさがります。
もう二度とかのようなことが起きないように祈りましょう。

Commented by yasukon20 at 2017-07-05 17:20
★doremi730さん
こんばんは!

ハリ-ポッタ-の魔法の学校のこと すっかり忘れていましたがこれは面白いのでぜひみなさんにお知らせしたいと思いました。
スコットランドに行った時 J・K・ロ-リングさんがハリ-ポッタ-を執筆した喫茶店を見て 今回また縁があったような気がして また読み返してみたくなるハリ-ポッタ-です(#^.^#)

小さいな画像でよく見つけて下さいました~~♪
お恥ずかしいです。 
Commented by yasukon20 at 2017-07-05 17:23
★kawasei1008さん
こんばんは!

雨が酷くて大変な福岡県ですが いかがでしょうか?
くれぐれもお気を付け下さい。

ハリ-ポッタ-の魔法の学校 観てみたいですね!!(爆)
魔法使いにならないと見えないらしいので 諦めるしかないですね((+_+))
Commented by yasukon20 at 2017-07-05 17:26
★rabiitjumpさん
こんばんは!

わぁ~~見て下さいましたか・・。 もっと体を浮かべてくれれば形がはっきり分かったはずですが・・。
目を凝らしてみて下さり嬉しいです。

記念になる一枚となりました♪
Commented by ♥ junjun at 2017-07-05 20:49 x
🎵イルカ 分かりますよ~(^^;)
チェジュの海にも イルカの軍団が 回遊してますよ。

献花に並ぶ yasukonさんご夫婦 良いポジションの写真が撮れてるね(*^^)v
Commented by yasukon20 at 2017-07-06 10:22
★oshibanayoshimiさん
おはようございます。

クジラは残念ながら私のいたデッキ側にはいませんでした。
船長がブリッジから見られて いるいると思われてアナウンスがあったのでしょうが 時すでに遅し・・です(笑)
じっとしてくれていませんものね(*´ω`*)
その直後 イルカがちょっと出てきてくれました。

慰霊祭は思いがけない事でしたね。なかなか近くまで行けませんから良いチャンスだったと思います。

細く見えるだけです~~本物 がっかりです!!!!
Commented by yasukon20 at 2017-07-06 10:27
★banban0501さん
おはようございます。

映画観られましたか?  私は観たいと思いなが見逃しました。
次の記事で硫黄島の地図を載せますね。
細長い島のようなイメ-ジしか船からは思えませんでしたが 結構面積にある島ですね。
海岸は米軍の兵士などで真っ黒になったそうですね。
米軍の兵士も沢山の命をここで落としています。悲惨な事ですね。
二度としては行けない戦争です。

思いがけない慰霊祭 父には関係ない事ではありますがちょっと頭をよぎりました。
Commented by yasukon20 at 2017-07-06 10:31
★anello63さん
おはようございます。

珍しいぐらいに好天に恵まれたのですよ。 最初横浜港を出た時はお天気も下り坂でしたが後半は本当に飛び上がるほど素晴らしい景色を見ることが出来ました。
悲しい無残の歴史が刻まれた島を目の前にしますと涙が出そうになりました。
慰霊祭に参加出来て良かったと思います。

いつか「マホウトコロ」を探しに南硫黄島までお出掛け下さい~~(笑

Commented by yasukon20 at 2017-07-06 10:34
★mさん
おはようございます。

細く見える服を着ていたのかも知れませんよ!!
本物は違います(爆)
娘たちが見ましたら父母とも同じ服ばかり着ていると笑っていることでしょう。

悲しい過去 忘れないで次世代に平和のありがたさを伝えて行かなくては行けませんね。
強くそう思います。
Commented by yasukon20 at 2017-07-06 10:38
★♥junjunさん
おはようございます。

イルカ junjunさん見て下さって有難う。 目を細めて(いやいや老眼ではないですね・・・笑)ちらりと姿を見せてくれましたが シャッタ-チャンスが少し遅くて海の中で背中だけちらりと写りました。
それでも嬉しかったです~~。
ブロ友さんたちのお顔がずらり浮かんで・・・待っていてイルカ撮ったわよ!!ってね(#^.^#)

ちょうど良いポジション まさにその通りですね。
良かったです。なかなか撮ってもらえない場所なので・・。
Commented by ラッシーママ at 2017-07-06 14:16 x
本当に今回の旅行は天気に恵まれたようですね。
通常の南硫黄島は山頂が雲霧帯に包まれているのと、山頂がしっかりと観えたとは嬉しい事でしたね。

クジラは観えなかったけれど、あの愛らしいイルカが先頭に見えてるのが写真からでもわかります。
船上で戦没者慰霊祭が営まれた際の写真に、yasukonさん夫婦が写られていて記念になりましたね。
Commented by ゆんこ at 2017-07-06 22:19 x
こんばんは♪

硫黄島のこと、名前と多少の歴史を知っているだけでしたが、その姿を見たのは初めてでした。
献花できて良かったですね。
お父さまも喜ばれたことでしょう。

漂流者って人のことですよね。
どこからって思ってしまいました。
Commented by yasukon20 at 2017-07-09 22:14
★ラッシ-ママさん
こんばんは!

お返事が大変遅くなりました。ごめんなさい。
こういう旅は天候がやはり決めてのようになりますが でも悪天候でも仕方がないのですよね。その点本当に恵まれた旅でした。
船旅は嫌だと思っています私でもまた行ってもいいかな~~て思い出したりしますからね(笑)

イルカを探してくださって有難うございます。
もう少し背中でも出ているといいのですが・・なかなか思うようにはいきません、でもこれだけでも喜べるのですから単純です、私は(笑)

慰霊祭 参加出来て本当に良かったと今も思います。
Commented by yasukon20 at 2017-07-09 22:23
★ゆんこさん
こんばんは!

お返事が大変遅くなりました。ごめんなさい。
父は硫黄島での戦死ではありませんが 海の中に沈んだままなのでつながっていると思って私は硫黄島での戦死者と父のことを思いながら献花出来て本当に良かったと思います。
慰霊祭のことは前もって知らせがありませんでしたので思いがけない事でした。
また写真に写っていたのも記念になります( ^)o(^ )

漂流者 今ではちょっと考えられないことでしょうが以前は他の島からとか難破した漁船などからたどり着いた人が実際にいたそうです。
今のように通信情報もない時代の頃でしょうが それでも今もその漂流者の調査というか調べることはされているそうです。

硫黄島のこともう少し次に書きたいと思います。また読んで下さいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード