母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(582)
(513)
(321)
(261)
(198)
(129)
(113)
(96)
(94)
(84)
(76)
(76)
(72)
(72)
(69)
(57)
(54)
(53)
(53)
(52)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・野菜生活
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金だけでも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
専業主婦の愚痴話
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
さいたま日記
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
バリ島大好き
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

★ゆんこさん おはよう..
by yasukon20 at 07:05
★rabbitjumpさ..
by yasukon20 at 07:01
★kawasei1008..
by yasukon20 at 06:58
★アラックさん おは..
by yasukon20 at 06:56
こんばんは♪ 金毘..
by ゆんこ at 23:13
新緑美しい時ですね。 ..
by rabbitjump at 16:49
つらい8日間ですね!!
by kawasei1008 at 16:43
金毘羅宮さんお新緑、良い..
by umi_bari at 16:12
★ラッシ-ママさん こ..
by yasukon20 at 21:09
何時も何時もお忙しいya..
by ラッシーママ at 20:00

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

映画 「沈黙 サイレンス」

ちょっと前 1/30(月)話題の映画を観てきました。
50年前に書かれた遠藤周作原作の「沈黙」が映画化されて 昔 この原作を読んだことがあり、
それがどのように映像で表現されているのか見てみたいと思いました。
a0105023_16110847.jpg
アメリカ映画で米国を代表する巨匠マ-ティン・スコセッシ監督の作品です。
監督は28年前に原作を読んで ぜひ映画化したいと思っておられたそうです。
新聞に載っていました監督のコメントによりますと 「本当に長い旅路だった。(原作を読んで28年たったという意味です。)
異なる文化への理解が最も必要とされる今の時代に公開されるというのは感慨深い」と語っておられます。

a0105023_16203682.jpg
2時間42分の長編ですが アッという間に時間が経ったように思えるほどスクリ-ンにひきつけられました。
舞台は江戸時代。ポルトガルの宣教師ロドリゴとガルペがキリシタン弾圧下の長崎に 日本人キチジロ-の手引きで潜入します。
その後 日本でのキリシタン弾圧の凄さを目の当たりにして二人の苦悩が始まります。
長崎奉行イノウエサマに早く会って自分たちの信仰を理解してもらいたいと願いますが そうそう簡単な事ではないことをすぐに見せつけられます。

アメリカ映画なのでイノウエサマも英語だし 他の役人も英語を話すのですが俳優さんの英語が
上手なのに驚きました(笑)
それでも取り調べでは通訳が付きますのも面白い設定だとどうでもいいことに気が回ったり・・・。

何度も踏み絵を踏んでは後悔し 罪の許しを請うキチジロ-という男が、私たちが何回も罪を犯しては許しを請う姿と同じです。
「我々を代表しているキャラクタ-がキチジロ-だ。」と監督も言っています。
人間の弱さを考えさせられます。

クリスチャン ノンクリスチャン とらえ方はそれぞれでしょうが、このことは実際に江戸時代に行われた弾圧だという事に当時の信者の思いを少しでもわかり得たらと思ったりしましたが やはり想像以上での出来事だったことは間違いありませんね。



明日から次女家族と一緒です。2日ほど留守にしますのでコメント欄 閉じさせていただきます。
また帰りましたらよろしくお願いいたします。






by yasukon20 | 2017-02-03 22:20 | 憩い