母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(561)
(474)
(298)
(251)
(192)
(125)
(108)
(92)
(92)
(83)
(76)
(73)
(71)
(70)
(69)
(53)
(53)
(52)
(50)
(49)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・秋空の頃
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金だけでも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
バリ島大好き
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

★ラッシ-ママさん ..
by yasukon20 at 23:14
★花水木さん こんばん..
by yasukon20 at 23:07
★野いちごさん こんば..
by yasukon20 at 23:01
★oshibanayos..
by yasukon20 at 22:53
こんばんは♪ お疲..
by ゆんこ at 19:17
お疲れさまでした この..
by yuriazami at 19:00
お帰りなさい お天気が..
by misaodosu at 16:16
お帰りなさい。 今日は..
by ラッシーママ at 11:01
白馬にお出かけでしたか。..
by 花水木 at 09:15
お帰りなさい。 お天気..
by 野いちご at 08:59

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「殿、利息でござる!」こ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
【「ekki BAR&G..
from お散歩アルバム・・初夏の日差し
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
【やまびこのグランクラス..
from お散歩アルバム・・夏本番
【軽井沢タリアセン・旧朝..
from お散歩アルバム・・暑い夏
【軽井沢タリアセン・ペイ..
from お散歩アルバム・・暑い夏

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

タグ:旅行 ( 561 ) タグの人気記事

今朝は足が痛いです!!

昨日 紅葉を愛でるハイキングコ-スのツア-から帰ってきました。
すこし足が痛いです(*´ω`)
また少しづつアップしていきたいと思います。

雨に始まった今回のツア-旅 添乗員さんを含めてガイドさんなど晴れ男 晴れ女を豪語します方々が多くて(笑)・・私も含めて・・
2日目は晴れに 3日目はこれほどのお天気はない!!ってガイドさんに言わしめた素晴らしい
快晴日となりました。

一番最後にこの階段を上下して歩きは終わりでした。
50段が何回かあるだけですから・・・とガイドさん。その何回は何回ですか??(笑)
でも知らない方がいいのかも・・。
さてここはどこ?  また順を折ってお話しますね。
a0105023_06410492.jpg
「忍者そば」を食べたわけではありませんが 面白いな~って思ってパチリしました。
a0105023_06411898.jpg

広島に帰る新幹線の窓に雨が当たるようになりました。
出かける朝もよく降っていたので大きな傘持参しましたが長野では使うこともなく終わりました。
初日16日は長野の山も雨でしたが山では傘は使えません。全員雨合羽でした。

また続き お付き合いください。
今朝はここまでで・・・。  




by yasukon20 | 2017-10-19 06:57 | 旅行(国内) | Comments(15)

「豊郷小学校旧校舎群」を訪ねて (旅日記ー7)

八ヶ岳の予定を終えて8月21日に娘と小淵沢駅で別れて帰路に着きました。
広島まで遠く、途中で1泊します。 それは毎年変わりません。
宿泊地は今回は「彦根」です。 何回も往復していますがたいてい彦根か恵那かの「かんぽの宿」です。
彦根に入る前に ブロ友さんの記事で知った「豊郷小学校旧校舎群」を見に行きたいと思っていました。

ブロ友さん、銀河さんの訪問記事です。 ↓


はっきりした場所も調べず車のナビが有れば大丈夫!!って思ったのですが どんどん田舎に入っていきます(笑)
この道は違う?って思いながらも住所を観ますと「郡」ですし,間違いない ない!!と車を走らせました。
(時々ナビも反抗心を起こしてどこに連れて行かれるかしら?・って思う事もありまから・・笑)

通りすがりに学校名が書いてある門の前を通過しました。ここだわ!!
a0105023_22325155.jpg
Uターンして校庭の駐車場に入りました。 
この日 またものすごく暑い日で もう汗がタラタラでした!!
あまりにも綺麗な校舎なので 入って良いのかしら?って思ったほどでした。
正面にあります噴水の掃除をされている方にお聞きして入ろうかと思ったりしましたが、ちょうど他の方とお話し中でしたのでそのまま玄関に入りました。 中に他の観光客もおられたのでほっとして、堂々と(笑)靴を抜いで上がりました!

この立派な校舎が「豊郷小学校旧校舎」なのです。 
a0105023_22331510.jpg
この真正面の入り口の前に噴水があるのです。 ↑ ↓ 小学校の真正面に・・凄いですよね。
a0105023_22335006.jpg
なぜ この学校が有名になったのか・・・・?
全国的に有名になったのは 映画「君の膵臓をたべたい」のロケにこの校舎が使われたからでしょうか?
ビックリするような映画のタイトルですが いい映画なんですって♪

私はブロ友銀河さんの訪問記事を拝見します前に いつだったかこの「ウサギとカメ」をどなたかのブログで拝見したことが有りました。
その時は凄い小学校があるのだな~って思ったのです。
そして設計がかの有名なウイルアム・メレル・ヴォ-リスさんであることも知りました。
そしてヴォ-リスさんの設計されたこの学校にいつか行ってみたいと思っておりました。
そこに銀河さんが行かれて記事にして下さり場所も大体判明し、彦根に行った時ぜひ訪ねたいと思ったのです。

ご覧になれた方もあおりでしょう。 階段のてすりに「ウサギとカメ」 
a0105023_06553354.jpg
a0105023_06554582.jpg
a0105023_06555708.jpg
一番上では いつの間にかおいこしたカメさんがウサギの到着を待っています。
a0105023_06560945.jpg

この階段周りも本当に綺麗です。 

長い長い廊下です。暑い日でもう夕方でしたから窓から入る太陽も良い演出をしてくれています。
a0105023_06551762.jpg
この豊郷小学校の建設には1937年に地元出身の古川鉄次郎氏が私財を投じて 現在の物価で計算しますと数十億円へを寄贈されて建てられた小学校です。
一階の一つの教室はその古川鉄次郎氏の経歴などのパネル展示されています。
商社 丸紅の専務取締役にまでなられた関係でしょう。今も丸紅の新入社員の集合写真など講堂で撮られた写真も展示されていました。
豊郷小学校のことはこちらからもご覧ください。

今は教室の一部が町立図書館や子供支援センタ-にも使われています。
当時の教室が垣間見れる教室もありました。 机 椅子 当時のままに復元されていました。
モダンですよね。
a0105023_09141126.jpg
a0105023_16431657.jpg
最上階の3階に上がりますと天井のすみっこにこんな物が見えました。風向計です。現在 修理されて動いています。
a0105023_09143217.jpg
                     説明書き・・。 ↓
a0105023_09144753.jpg
この風見鶏が偶然にも私が撮りました画像に小さくですが写っていました。矢印のところです。
a0105023_09145827.jpg
冷房もない校舎は本当に西日を受けて暑くて暑くて・・・もう出ましょう!!って根をあげてしまいました。

現在の豊郷小学校はこの旧校舎の裏側にあります。 こちらも立派な校舎です。
a0105023_16080933.jpg
 旧校舎に向かって左側に酬徳記念館があります。  そこにも足を延ばしてみました。
そこにこの旧豊郷小学校保存のための募金箱があると書いてあったからです。 募金を少しだけしてきました。

a0105023_16533992.jpg
a0105023_16114428.jpg
中には売店があり また広い部屋があり丁度町の青年会のみなさんが集まっておられて何か相談などされていました。
そのためにあまり中に入っていくことも出来ず いちおう2階には上がってみまして上から皆さんの活動を見たりしただけでした。
こちらの装飾もとっても綺麗で学校の一部とは思えないぐらいです。
a0105023_16115862.jpg
この反対側には講堂がありましたが 暑さのせいにしますがもう気力がありません。
残念ながら(今、思うと本当に残念!!)いけませんでした。
a0105023_16430608.jpg

こちらの見学を中途半端ながら終えて彦根市の宿に向かいました。
次の日はもう広島の自宅に帰るのみ・・♪  何とか無事にドライブ旅行を終えることが出来ました。

ここまで長々と読んでいただいて有難うございました。
これで夏の恒例の旅は終わります。





by yasukon20 | 2017-09-03 16:35 | 旅行(国内) | Comments(14)

天満敦子さんのヴァイオリンリサイタルへ♪ (旅日記ー6)

今年も八ヶ岳高原ロッジの音楽堂で行われた天満敦子さんのヴァイオリンリサイタルに行くことが目的で、ここまで旅をしてきました。

八ヶ岳高原ロッジに行く途中でこれも毎年恒例のように八ヶ岳倶楽部に立ち寄ります。
今年も変わりなく・・・。
a0105023_06531150.jpg
宿でのその朝の食事が満腹となるほど豊かでした。
それでランチはパスしても大丈夫な感じでしたが夕食はコンサ-トが終わってからになりますので、やはりここで腹ごしらえが必要では・・と意見が一致しました(笑)
簡単に美味しいものを・・・・。この一皿を3人で分けて頂きました。
それにサラダも食べたのかな? (画像がなければすべて忘れています…笑)
a0105023_06533289.jpg

    そしてこちらのティ-はどうしても飲みたくなります。
    八ヶ岳倶楽部にきた思い出に・・♪

a0105023_06534453.jpg
  そして「二ホンミツバチ」の蜂蜜。八ヶ岳倶楽部の雑木林の木々からとれた蜂蜜だそうです。
  こちらもこれだけを3人で・・・(笑)
a0105023_06535958.jpg
柳生博さんもレストランでお見掛けしました。 以前 一緒に写真を撮らせていただい時のことが蘇ります。


ここに行きますとどうしても売店を覗いてみたくなります。
ちょうどこの日 トンボ玉のアクセサリ-などの実演がされていました。
欲しそうに娘と見ていましたら 夫が買ってくれました(*^_^*)
私のです。娘のはカメラに収めてなくて残念!
a0105023_09374619.jpg
お店の責任者なのかとっても親切に対応して下さり、夫にはお店から柳生博さんのご本と、トンボ玉の作家さんからはバックにでもつけて下さいとトンボ玉をいただきました。
a0105023_09375740.jpg
気をよくして高価な買い物(結構したのですよね~~笑)したのも気にならなかった夫かも知れません!!
さぁ~~次へ向かいます。

目的地 八ヶ岳高原ロッジです。 毎年アップしていますので今回はロッジ内はパス(笑)
昨年の記事です。 参考までにどうぞ♪
八ヶ岳高原ロッジ 音楽堂。
a0105023_09381201.jpg
2夜連続のコンサ-トです。  お写真はいつもこれです(笑)
私たちは8/20(日)です。
a0105023_10164854.jpg
一日目のプログラム。 天満敦子さんはここで聴きますのは二回目ですが、昨年も演奏された曲もあり馴染み易くて心穏やかにお聴きすることが出来ました。繊細な音の旋律は本当に癒されます。
途中休憩にもドリンクが用意され ワインなど片手に・・の風景です。
ト-クも独特で可愛いのですよね~~(*^▽^*)

a0105023_09394206.jpg

 アンコ-ルは 「見上げてごらん夜の星を」「夏の思い出」「知床旅情」・・・でした。

CDを買えば終わってサインをしてくださるので一枚 CDを買いました。
a0105023_09382246.jpg

ピアニストの勝呂真也さんもサインをしてくださいました♪
a0105023_09390695.jpg

   (この画像 ↑ ↓ 孫のhanaとkotoが一生懸命に私にiphoneでの画像処理を教えてくれたので挑戦してみました・・笑)
a0105023_09391922.png
「祈り」と題されたこのCDにも天満さんの代表曲 「望郷のバラ-ド」が含まれています。
何度聞いても心揺さぶられます。



八ヶ岳高原ロッジにかえって(マイクロバスで送迎です)皆さんと夕食です。 ブッフェ形式。
席はくじ引き・・・。急いで席取りに行かなくてもいいのです。
a0105023_09401948.jpg

夕食後は娘と二人で夜のコ-ヒ-を・・♪
カフェで頂きました。
目の前に暖炉。 薪の燃えあがる炎を時どき調整するおじさんが近くにおられて、その仕事ぶりを小さな少年がじっと眺めていたのが印象的でした。
a0105023_09400597.jpg
辻井伸行さんのピアノを聴きに通い始めたのですが もう高齢者になっていつまで続くことでしょうか・・。
来年もまた訪れたい場所です。

                    翌朝の食事。
                    美味しかった!!
a0105023_09403338.jpg

東京に帰ります娘を小淵沢の駅まで送りました。
JR小淵沢駅 綺麗に改装されていて気持ちのいい駅でした。
ここはホ-ムで別段変わってはいませんが・・・(/ω\)
a0105023_11033423.jpg

さぁ~~私たち夫婦も家路に着きますがまた途中で一泊です。 そこでまた素晴らしい場所に行くことが出来ました。
またそのことは次回に・・。 次回で旅日記終わるつもりです・・(笑)
もう少しお付き合いくださいませ。






by yasukon20 | 2017-09-01 21:18 | 旅行(国内) | Comments(24)

乾徳山・恵林寺を訪ねて(甲州市)(旅日記ー5)


8月20日 チェックアウトをして向かいましたのは前日(19日)旅館に向かう途中にありました立派お寺でした。
甲州市を走っておりますと本当に多くの立派なお寺があるのが目に着きます。
戦国の世、天下を求め死闘を繰り広げた武田信玄。 その信玄の銅像も駅前で見ました。甲州市にとってなくてはならない信玄。
そのゆかりのお寺、恵林寺の立派さはまた群を抜いているように思えました。
前日通過します時「明日はここに行こうね!!」って話していたのです。

朝 まだ早かったので駐車場にもあまり車がいませんでした。良かった!!
(前日は満車でした。)

こちらから入りました。 黒門です。
a0105023_20370107.jpg
黒門を入り参道を上りますと「四脚門(赤門)」が見えてきます。 国重要文化財だそうです。
a0105023_20371547.jpg
この赤門は織田信長によって全山焼かれたあと、徳川家康によって再建された当時のもので、1606年築だそうです。
(パンフレットより)

              広い境内です~~。
a0105023_21371458.jpg
参道を進んで振り返れば・・・・赤門が遠くに見えます。 
こちらは「三門」と言われ、県の文化財です。
a0105023_20381350.jpg


        恵林寺への入り口
a0105023_20382625.jpg
この門から入りますと武田信玄が菩提寺と定めた臨済宗妙心寺派の古刹、
「乾徳山 恵林寺」が見えてきます。
a0105023_20383720.jpg

京都の妙心寺に似ていますね。画像左に見えています建物がこちら ↓ ですが・・・。
a0105023_20385152.jpg

玄関から奥のお庭の風景がとっても綺麗に見えます。額縁の中の絵の様です♪
a0105023_20390142.jpg
拝観料を払って中に入りました。 とっても美しいお庭です。
a0105023_21004697.jpg
a0105023_21011705.jpg
a0105023_21010365.jpg
この部屋の障子の美しいこと!! ガラスの奥にはお庭の一部が見えます。
a0105023_21041402.jpg
a0105023_21052396.jpg
うぐいす廊下 歩きますとうぐいすが鳴くように音がします。 不思議でした。静かに静かに歩きました。
a0105023_21050887.jpg
a0105023_21065749.jpg

この美しい庭園は池泉回遊式庭園、上段に枯山水 下段に心字池を配した雄大な規模を誇る名園です。国指定名勝です。
全体像をカメラに収められず残念です。
本当に美しく目を奪われるとはこういう事をいうのではないかと思ったほどでした。
国師はここ恵林寺の庭園作庭のあとに京都の苔寺 天龍寺のお庭を手掛けられたそうです。
天龍寺にも行ったことがありますが あそこのお庭も素晴らしいですね。
a0105023_21075407.jpg
武田信玄のお墓もありましたが撮影禁止でした。 静かな綺麗な所で静かに眠っておられることでしょう。
恵林寺で信玄の葬儀も行われたそうです。お墓の後ろには武田家臣の供養塔が約70墓並んでおります。

a0105023_21083919.jpg
周りの木々は美しく 四季折々美しいのではないかと想像をかきたてられます。

珍しいハスの花!!って思ったのですが もう終わりぎわのハスの花ですね(=^・^=)
それでも綺麗ですよね~~。
a0105023_21085190.jpg
a0105023_22080622.jpg

参道のお土産さんで売られている「桃」がきになった夫と娘。
「ここで食べられますか?」ってお尋ねして ナイフまでお借りして食べておりました。二人とも桃が大好きです。
ほうとうを食べました「夢の家」さんでも瓶づめの桃を買いましたよ( ^)o(^ )
a0105023_22081995.jpg
a0105023_22083460.jpg


美味しい桃を頂いてから、さぁ~~次の目的地 八ヶ岳に向かいました♪

by yasukon20 | 2017-08-30 22:15 | 旅行(国内) | Comments(14)

「別邸 坐忘」(笛吹川温泉)の朝食 (旅日記-4)

翌朝 お風呂に直行です。
前夜カメラに収められなかったのでカメラ持参で少しだけ撮ってみました。

1回ロビ-から入ります。
a0105023_20314413.jpg
長い廊下の先に大浴場は有ります。
a0105023_20315930.jpg
                    風呂上りに休憩でも・・・。
a0105023_20321111.jpg
       

前夜は翌朝 男浴場になっている所が女場でした。 交代していました。
別棟になっている部屋が主体でありその部屋には露天風呂がついていますので大浴場に入られる人が少なくて ゆっくり温泉を楽しむことが出来ました。
つるつるのお湯でした。
      
a0105023_20322340.jpg
朝食会場に向かいます。 夕食は部屋食でしたが朝食はお庭の中を歩いて*****。
お宿の方が案内してくださいました。 このお宿、前にも書きましたが離れ部屋が主なる旅館で庭にはあちこち家が建っております。
この画像ではちょっとわかりにくいのですが それぞれ玄関があり一戸建てです。
a0105023_20403069.jpg
そんな中庭を歩きますとこんな碑が建っていました。
皇太子殿下は登山がお好きで山梨の山によく登られるそうです。そのお帰りに休憩されたのがこの地。
a0105023_20395298.jpg
宿の方の説明によりますと 別にここに陛下がお泊りになったのではありません。 ・・と言って笑われる。
この先まだ落ちがあります。 お泊りになったのではなく今から私たちが食事に行きます築100年以上たつ古民家にお立ちよりになったのです。でもその時は「坐忘」の経営ではなく 昔からあるお蕎麦屋さんだった。
だから 早く言えば 「別邸 坐忘」には何の関係もない事なのですよね!!(笑)
それでもこう碑を建てたいのでしょうか・・??

・・・と話ながらその昔お蕎麦屋さんだった古民家に到着しました。
a0105023_20401741.jpg
a0105023_20400431.jpg
お蕎麦屋さんから譲り受けこの建物を改修し今は「坐忘」の食事処として使われています。

この方(夫)はどうでもいいのですがお部屋の雰囲気を少し・・・。
a0105023_20413146.jpg
朝食はお品書きがありませんでしたので、説明を受けましたが覚えておりません(汗)
こんな感じで・・・。美味しく頂きました。
a0105023_20404513.jpg
こちらのお皿は古伊万里のお皿だそうです。築100年以上も経つ元の持ち主様が代々使われてきた器だそうです。
素晴らしいな~って感動しました。 実際 博物館などで陳列してあります器を見る機会はありますが、こうしてお料理が装ってある器はそうそう見る機会もない私です。本当に美しいと思いました。


a0105023_20405791.jpg
               
                    こちらの器も綺麗です♪ 
a0105023_22060094.jpg


地元のお野菜でサラダです。
a0105023_20410737.jpg

こちらはデザ-トです。 この後コ-ヒ-も出ました。(ごはんはまた撮り忘れています。)
こちらも器は懐かしい感じです。
a0105023_20411998.jpg

 食事処を後にします時 旅館の方が「写真を撮りましょう。」といって撮って下さいました。
a0105023_21120205.jpg

さぁ~チェックアウトをして、今日は行先が決まっていました。 昨日 横を通り「ぜひここに明日は行こうね!!」って話した場所です。
お楽しみに・・・♪


*****************
今日は病院へ行ってきました。
定期的な眼科検診もあり,そのついでに・・といった軽い感じで受診してきました。
お薬を少し飲んで様子まち・・・。そんなことで終わりました。 お薬は30日分。
しばらく薬の力を借りて大丈夫でしょう(笑)
ご心配頂き有難うございました。




by yasukon20 | 2017-08-29 22:08 | 旅行(国内) | Comments(10)

笛吹川温泉「別邸 坐忘」 (旅日記ー3)

旅から帰ってからすぐですと張り切って忘れないうちに旅日記を書いて・・と 勇んでおりますがだんだん風船のようにすぼんでしまいます。今回のように寄り道しながらまた綴っていきますから宜しくお願いいたします。

さて今回のお宿は娘が予約してくれました。
初めて聞きます温泉名。 行くまで本当に直前まで横着な私のこと調べることもなく行きましたね~(笑)
先日書きました「ほうとう」を食べましたお店「夢の家」さんのご主人さまが広島から来たと言いますと 「じゃ~今夜は坐忘ですか?そうですよね!!」って自信満々に言われました(笑)
今のようになる前に 本当に温泉が噴き出た当時を知っておられて、みんなが温泉に入りにいったことを懐かしく思い出します・・と話してくださいました。
a0105023_15535839.jpg
私たちが泊まりました部屋は本館の4つしかない客室の一つ「乙女」という部屋でした。
露天風呂もない部屋ですが大浴場に行きますには一番便利な部屋でした。
談話室も隣同然の近さ・・♪
           一度アップしました談話室(''◇'')ゞ
a0105023_22465602.jpg
旅館についてまもなくワイナリ-の見学に出かけ帰ってからお風呂に入りそしてお食事。
それも部屋食だったのですぐ配膳に来られて・・と、そういうわけで私は言い訳がましいのですが部屋の写真も撮り忘れております(笑)

名称が「別邸」と有りますように主なる客室は別棟になって点在している今はやりのお宿です。
ご興味がある方は ↓ HPをご覧くださいね(#^.^#)
久しぶりの部屋食だと思います。  
こちらがお品書き。 料理長さんが心を込めて書かれたそうです。(もちろんコピ-です)
a0105023_15545378.jpg
a0105023_15550838.jpg
一番に書かれています 「ふしぎなわいん」の画像が有りません!!(涙)
その代わりに飲みかけですが 別注文でお願いしましたワインを載せますね。
見学に行きましたワイン工場のワインです。  とっても美味しかったです。
a0105023_16284539.jpg
では頂いた順に・・・・♪
a0105023_15552124.jpg
  するめ烏賊松前浸け 甲州ワイン鱒の氷領なます 梅貝の旨煮 琥珀あん雲丹生湯葉 どれがどれかわかりませんね(笑)

a0105023_15555651.jpg
    馬刺しもあり夫は娘に・・・。 苦手なのです。
a0105023_15561751.jpg
a0105023_15562860.jpg
  
a0105023_15564093.jpg
a0105023_15565952.jpg
                         これで3人前です。 ↑
a0105023_15571267.jpg
ここで 武川四八米という美味しいお米を卓上で土鍋でご飯を炊いて下さいましたがカメラを向け忘れています。

そして最後のデザート♪
a0105023_15572545.jpg
 とっても美味しいお食事でした。  ワインも最高!! やはり美味しいです。
ワイナリ-で買ってきたワインをこれから飲むのが楽しみです。(まだ飲んでいません・・・笑)

食卓の片付けか終わりますと すぐお布団を敷きに来られました。
そのおひとりの方が 塩山駅でお客様のお出迎えをされていた方でした。駅でお見掛けして夫がすぐそういう時「僕たちも今から行きます。」なんて声をかけるのですよね~~。
送迎バスの運転をされていて、私たちのグル-プとは違う方々にワイナリ-見学のガイドされていたのを見ましたし 本当に一人何役もされている姿を拝見して 凄いな!!って感動さえ覚えました。

その後 もう一度大浴場にいきゆったりと疲れを癒しました。
お風呂 露天風呂もとって気持ちが良かったです。






by yasukon20 | 2017-08-28 22:13 | 旅行(国内) | Comments(14)

現存する日本最古のワイナリ-を見学 (旅日記ー2)


無計画な旅と何度も書いていますが 山梨に行くならどこかワイナリ-見学はしたいというのが私の望みでした。
そう言っておけば夫か娘がどこか探してくれると思っていました。
ところが二人とも「調べてない!!」という返事。 3人が3人とも誰かが探しているだろうと思っていて、・・笑えますよね!!

まずは宿に入ってそこで探してみようという事になりました。
その日の宿は笛吹川温泉に有ります。 また宿のことは後日に・・。
チェックインの時間になっていたのか忘れましたが 部屋に通していただけました。
そこで娘が宿の主催のオプショナルツア-があることを発見して その中にワイナリ-見学もありました。
願ってもない事でした。

時間まで談話室という大きな部屋でセルフで飲み物を飲んだりしながら待ちました。
a0105023_22465602.jpg
以前あった旅館を改築して新しい経営者の元で今の旅館が有ります。
たぶんこの部屋は以前は宴会場などに使われていたのではないかしらね~と娘と話しましたが 
二間続きの和室に洋家具がおいて有る、それでもゆったりした気分で休憩出来ました。

時間前にロビ-に集合で参加者10名ぐらいで出発しました。
宿から15分ぐらいですから・・と運転手さん(ワイナリ-の説明をしてくださった方なのですは・・)が言われましたが いやいや30分はかかったように思います。

だんだんわかってきたのですがそのワイナリ-は宿とは同じグル-プに属する関係でありました。
a0105023_22351701.jpg
前の記事で勝沼インタ-から塩山駅までの道路に沢山のぶどう棚があったことを書きましたが、その道がこの工場がある通りでもありました。
a0105023_22354897.jpg
宿から運転してくださった方がワイナリ-のガイドをしてくださいました。

畑から収穫してきたブドウを選別する機械で その過程を説明してくださいました。
ふ~んふ~んとうなずきましたが今ほとんど覚えていませんね~~悲しい!!
a0105023_22423853.jpg
廻りにはこの工場が所有するブドウ畑が広がっておりました。
ブドウの種類によってワインの種類も変わってきますが ここのブドウは低い位置で実がなるブドウで背伸びしたり、かがんだりしなくてもいい位置にブドウがなっておりました。少し畑の場所が変わればまた違ったブドウが植えられているそうです。
a0105023_22431756.jpg

ここから工場の中に入りました。 また次の行程にいきます。
説明できなくてごめんなさい!!
a0105023_22365689.jpg
   そして ↑ の行程のあと樽にいれられ寝かされるのですね。ウイスキ-ほど長年にわたり寝かせる必要はないそうです。
新酒(ヌーヴォー)のように熟成を必要としない早飲み用のワインもありますが、ほとんどのワインは熟成を必要とします。
a0105023_22370800.jpg
そしていったんこの工場から外に出ます。 物凄くいいお天気で暑くて暑くて・・。
ガイドさんも「久しぶりに山梨に夏が帰ってきました!!」って言われました。
本当に暑かった!!
そんな暑さの中でも私たちの姿が見えると羊さんたちが集まってきました。
可愛いかったです。
a0105023_22373049.jpg
ブドウの葉や付きすぎた房を地面に落としておけば羊達は餌にします。(画像左側 柵の外に茶色に見えるのがブドウの房などです。)
そして出す糞はとても健康的な肥料となります。これら羊の行動がすべてブドウ畑にとってプラスとなっていくのだそうです。
この周りはブドウの良い香りが漂っていました。
a0105023_23162960.jpg

ブドウ畑が広がるこの美しい景色を見ながら「甲府盆地 綺麗でしょ!!」とガイドさん。
その声にここの地を愛されている感じがよく出ていたなぁ~って思い出します。
a0105023_22381971.jpg

この風景を横眼にしながら次に行ったのが地下貯蔵室でした。
入るとひんやりしました。暑い所から入るとなんとまぁ~気持ちの良い事♪
冷暖房はなく自然の温度でワインに熟成を待っている場所です。
a0105023_22385231.jpg

ここに寝かされて熟成中のワインは何十年前とおっしゃったでしょうか・・・?? 肝心なことが頭から消えています(*_*;
ともかくとっても古いのです。 この瓶たちが宝の山なのかただのクズなのか・・まだ分からないそうです。
これから1本 1本 専門の方が見極められるのです。
一升瓶もあります。
一升瓶でワインを・・と言うのは今でも行われているかも知れませんとのお話ですがブドウ農家さんが自宅用に葡萄酒を作って飲まれるために一升瓶が使われたのが始まりの様です。もちろん自宅でお酒を造ることは法律で禁じられていることではありますが・・。
ここでも一升瓶での保存がされていたそうです。その瓶も置かれていました。
a0105023_22394319.jpg


最初の頃 作られたワイン、酸化が進んでもう飲めないかも知れません・とのことでした。
ワインって開けて見ないと分からないのが不思議だし魅力的な部分なのかも知れませんね。
a0105023_22391060.jpg
日本では育ちにくいと言われるコルクの木です。以前読んだ本でコルクは昔はポルトガルから輸入していたと読んだことが懐かしく思い出せれました。 1本だけありました。
a0105023_22363276.jpg


 
最後は試飲です(*^_^*) 皆さんが楽しみにされていた時間♪ 
この方が宿から連れてきて下さりガイドしてくださった方です。 ↓
a0105023_22392745.jpg
a0105023_22453811.jpg
      冷たく冷えたブドウも出していただきました♪  
  試飲したワインの中から1本 白ワインを購入しました。夫のおごり・・・です。
a0105023_22401575.jpg
そして通りを挟んでこちらのお店で最後 おしぼりなど出していただいて 娘と夫はなにかジュ-スを飲んだように思いますが
画像がなくてもう忘れました!!
a0105023_07013164.jpg
ここのブドウ棚の甲州ブドウがとっても綺麗で感動しました。
(以前アップした画像ですが・・。)
a0105023_05480179.jpg
甲州ワインの原料「甲州」の歴史は古く1300年の歴史を有する日本固有のブドウだそうです。


最初から山梨での予定がたててあって他の場所に行き、宿に着くのが遅くなっていたらこのオプショナルツア-に参加できませんでした。
無計画が今回は素晴らしい時間を運んでくれました。 もう一か所思いがけない場所に行くことも出来ました。
それは翌日の事なのでまた順を追って書いていきたいと思います。





by yasukon20 | 2017-08-25 17:51 | 旅行(国内) | Comments(10)

JR中央本線 塩山駅で娘と待ち合わせ (旅日記ー1) 

昨年娘は八ヶ岳に行けませんでしたので今年はぜひ!って言う事で一緒に行くことになりました。

こちらは中央自動車を走って小淵沢や八ヶ岳などを通り越して勝沼インタ-で高速道路をおり、
JR塩山駅北口に向かいました。
勝沼から塩山駅まで行く道すがら、まぁ~なんと多くのぶどう棚がどこまでもどこまでも続く感じでありました。
場所によってはお店がでていて ブドウや桃を売っておられました。
車で走行中なのでカメラを向けることが出来ませんでしたが あれほどのブドウ棚は見たことがなくただただ「凄いね~~!!」の連発でした。行かれたことがおありの方は私が驚く様子を理解していただけると思います(笑)

塩山駅北口で娘を待つ間 観光案内地図を見たりしておりました。
なにしろ全く予定は立ててなかったのです。
そして周りをきょろきょろしていますと 駅の真ん前にこんな立派な家があるではないですか!!
a0105023_21424505.jpg
「甘草屋敷」と有ります。○○屋敷と名がつくとなんだかいい感じを受けない私ですが(理由は分かりませんが・・笑)でもこれは行って見る価値が有りそうではないかと思いました。
a0105023_21430010.jpg
       重要文化財旧高野家住宅・歴史公園「甘草屋敷」・・と書いてあります。

娘と合流して、お昼ごはんは後回しにしてまずこの屋敷に行って見ることにしました。
地元のガイドさんが説明して下さり 他の方がお茶を運んで下さったりサ-ビス満点でした♪
a0105023_21433560.jpg
a0105023_21440646.jpg
とっても広いお屋敷でした。 高野家は江戸時代に薬用植物である甘草の栽培をして幕府に納めていた家で、古くから「甘草屋敷」と呼ばれていたそうです。
今は甲州市が管理しており 甘草の栽培や加工品も市の職員さんがされているそうで お茶にしても沢山は出来なくて直ぐ完売になるとのことでした。
ガイドさんからこういう物を甘草で作ります・・と説明があり、のど飴や咳きによく効くお茶とかを見せて下さったので、これは買って帰ろうと思ったのですが今は市販されてないとのこと。残念でした。 ただ見るだけ…(笑) ↓  売店にあると思いますよね!!
a0105023_21443948.jpg
           
 私たちがよく知っています「葛根湯」にも含まれている甘草です。
a0105023_22082893.jpg
       少しだけこの畑で栽培されています。  ↓
a0105023_22085626.jpg
旧高野家の裏に回りますと3階までの側面がよくわかります。
2階 3階では「お蚕さん」を飼っていたそうです。
a0105023_22100371.jpg
こちらの見学を終えてお昼にしなくてはなりません。
どこか良いお店は有りませんか?って夫が聞きますと、新聞記事のコピ-を見せて下さり「塩山駅南口に行くとすぐわかります。」と教えていただいたお店に行きました。
a0105023_22192079.jpg
           すぐわかりました♪ 
a0105023_22201452.jpg
もちろん 熱い熱い「甲州名物 ほうとう」を・・。
a0105023_22224610.jpg
a0105023_22231687.jpg
お店のご主人様 とってもいい方で広島から来ました!!っていうといろいろ面白い話をして下さいました。
自家製の野菜はご主人様が毎日畑に取りに行かれるそうです。 お味噌も奥様のお手製。
本当に美味しかったです。 もう一つ甲州名物が馬刺しです。
馬刺しも注文して食べましたが美味しかったです!!  画像を撮り忘れました!!
そして新聞記事の取材を受けた時の話やまた新しいパンフレットもどうぞ~~って下さいました。
大いに宣伝させてもらいましょう(笑)
a0105023_22195095.jpg
熱い熱いほうとうを食べるので冷房がよく当たるテ-ブルへの移動を勧めて下さったり、とっても気さくなご主人で楽しいお昼となりました。 作られるのは奥様おひとりだそうです。ご多忙でお店にはお出になりませんでした。
皆様も機会が有りましたら どうぞ♪  本当に美味しいです。

そして桃が大好きな夫と娘はこの桃の瓶詰も買いました(*^_^*)
こちらも自家製です。
a0105023_22430955.jpg
まだ開けてないので美味しいかどうか・・わかりません(笑)



by yasukon20 | 2017-08-23 22:50 | 旅行(国内) | Comments(18)

帰ってきました。また宜しくお願いします。

8月18日に広島を出発して4泊5日の旅を終えて、今夕帰ってきました。

伊勢に行ったわけではありませんが帰りの大津SAでのこちらが目に入ってきましたら食べたくなりました(*^_^*)
a0105023_21543749.jpg
なぜか魅かれますね~~(笑)


さて毎年 夏にはコンサ-トが主なる目的で八ヶ岳に通っております。
今年で何年になるでしょうか・・。
夫一人の運転ですからだんだん不安材料も増してきまして「もう今年で最後かな?」って私は思って出かけたこの夏の旅でした。
広島から一気に八ヶ岳まではいけませんから毎度のことながら途中泊をします。

この太陽の塔が見えてきますと「大阪まで来たなぁ~~!!」って思い、帰りにまた目にしますと「大阪まで帰ってきたな~」と思うのです。 
「無事に通過していくね~~」って言ってくれているような気さえします。
a0105023_22095029.jpg
この日は恵那峡があります「かんぽの宿 恵那」に泊まりました。
部屋から綺麗な恵那峡が見えます。 とってもお天気が良かったのです。
連日の不純なお天気のせいでしょうか雨が降ったあとだったのか水は濁っておりました。
a0105023_21545237.jpg
しかし私たちが宿に入ってから3時間ぐらいして雷がなり大雨となりました。
夜中まで雨は降り続いたようでした。 その雨のせいばかりではなさそうですが私たちが数時間前に通過した中央道で土砂崩れがおき、その時通過していた車が数台巻き込まれたというニュ-スを朝 起きてから知りました。
ニュ-スで今も報じられていますのでご存知でしょうが瑞浪市です。
翌日 恵那から瑞浪までの区間だったでしょうか通行止めとなり 恵那インタ-から入る予定だった私たちは中津川インタ-まで一般道路を走りました。
 その朝の恵那峡です。 霧に包まれております。
a0105023_21553411.jpg


夜中大雨だったにも関わらず翌朝はまたお天気に恵まれてまた中央道に入れて車を走らせることが出来ました。
その日はJRで来ます長女と山梨県で待ち合わせをしていましたので、遅れるとちょっとまずいな!!って思って心配していたのです。

諏訪湖SAまで来て一休み♪  いつもここでこの湖を見るのが楽しみな私です。
a0105023_21560657.jpg

またしばらく旅日記となりますがお付き合いいただければ嬉しいです。
今夜はここまで・・。


余談ながら 夏の高校野球の準決勝で広島代表の広陵高校が決勝戦に駒を進めることが出来た今日でした。
10年前 佐賀北高校との決勝戦で勝利の女神が佐賀北高校に微笑んで(笑)準優勝になった広陵高校です。
今もその時の試合はよく覚えています。
相手こそ違いますが 10年前のくやしさをばねに戦ってほしいと思います。

その時の投手が今夜広島カ-プの試合で先発した野村投手でした。 
今夜は力が入って終盤まで調子がよさそうでしたのに やはり勝利の女神は微笑んでくれませんでした。
逆転負けした広島カ-プでした~~。









by yasukon20 | 2017-08-22 22:54 | 旅行(国内) | Comments(22)

小笠原 硫黄3島クル-ズ♪--17(最終篇)

6/16 デイナ-の時間に「鳥島」が窓の外に見えてきました。
食事中だったので外にでて見ることが出来ませんでしたから窓ごしの鳥島です。
a0105023_06510393.jpg
アホウドリの楽園として知られています「鳥島」 島全体は火山灰で覆われており、まさに絶海の孤島です。

この鳥島 もう一つ有名な話がジョン万次郎が土佐ノ沖から流されてたどり着いたのがここ鳥島でした。
皆さん ご存知でしたか? 私は勉強不足で知りませんでした。
万次郎ら5人の漁師は無人島であるこの島で5カ月も過ごしております。アホウドリや魚を捕まえらち、海草をとったりして飢えをしのいだそうです。
その後アメリカの捕鯨船に助けられアメリカに渡っていきます。14歳だったそうです。
船長の家族として育てられ立派に成長していったことはご存知の通りです。
そんな鳥島が目の前に見えているのです。 外はだんだん暗くなり明るい島の様子を見ることはできませんでしたが嬉しい思いでいっぱいでした。

いよいよ最後の日です。  6/17午前4時半ぐらいの日の出です。 その日のお天気を証明してくれる朝日でした。
a0105023_22114033.jpg
午前7時半 船は相模湾に向かって航行です。
a0105023_21343870.jpg
横浜港につくのももう少しです♪  残り時間にこんなことが有りました。

午前8時15分ごろ急に客室の窓ガラスに水しぶきが当たりました。 えっ!何?
航行中の汚れを落とし始めておられました。 窓ガラスに向けて汚れを落とし、甲板の汚れ、9階から8階の客室に向けてのシャワ-(笑)洗浄などなど。
重たそうなホ-スでした。分かりにくい画像ですが 船員さん2人で掃除をされていました。
a0105023_22243254.jpg
9時までにス-ツケ-スは廊下に出しておきます。 宅配を希望すれは宅配業者に依頼できます。
荷物の整理が済みましたら また遊びの時間です!(^^)!

ビンゴゲ-ムに参加しました。ぜんぜん当たりませんでした。
a0105023_22231353.jpg
次はこのお二人の時間です。 前の夜もコンサ-トがあったのですが私はちょっと体調が悪く途中で退席したのです。
a0105023_21381437.jpg
大阪出身のお二人で お名前が友紀子さんと由佳さんで お名前に「ゆ」が付くので「ふたつゆ」という芸名にされたそうです。
お二人とも米バ-クリ-音楽大学卒業。
こんな歌をみんなで歌いました~~♪
a0105023_22241441.jpg
a0105023_21383149.jpg
a0105023_21384366.jpg
そして最後のランチです♪
a0105023_07004404.jpg
a0105023_07371764.jpg
a0105023_07011845.jpg

ランチが終わればもう横浜港に着くまで何もありません。甲板に出て海の また近づいてくる本土を眺めるだけです。
部屋の窓から写したもの・・。
a0105023_07195158.jpg
横浜ベイブリッチの下をくぐります。
a0105023_07201691.jpg
懐かしい横浜の景色です。 出発した時にも撮ったのにやはり帰ってきてもカメラを向けていました(笑)
a0105023_07203091.jpg
         
こちらの大桟橋に着岸です。 6/17 13:30着 予定通り!(^^)!
a0105023_07204598.jpg
長々と(本当に長々でした・・・(/ω\) )読んでいただいて有難うございました。
これで終わりといたします。 
思い出した!!って言うことなど有りましたら随時 追記していきます。

帰って来てからも次から次へと用事があります。ばたばたしています。
またこれからはそのバタバタ日記になりますが 宜しくお願いいたします。




by yasukon20 | 2017-07-13 07:41 | 旅行(国内) | Comments(12)