母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(580)
(493)
(306)
(257)
(195)
(127)
(112)
(94)
(92)
(84)
(76)
(73)
(72)
(71)
(69)
(53)
(53)
(53)
(52)
(51)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・寒中の徒然
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金だけでも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
専業主婦の愚痴話
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
さいたま日記
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
バリ島大好き
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

★ゆんこさん おはよう..
by yasukon20 at 06:52
こんばんは♪ 11..
by ゆんこ at 00:09
★kawasei1008..
by yasukon20 at 20:43
★鍵コメさん(at 20..
by yasukon20 at 20:39
★umi-bariさん ..
by yasukon20 at 20:31
★mさん こんばんは!..
by yasukon20 at 20:27
★野いちごさん まだま..
by yasukon20 at 20:24
TVがないと寂しいですね!!
by kawasei1008 at 19:17
テレビとパソコンがない世..
by umi_bari at 12:38
おはようございます ..
by m at 08:44

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「殿、利息でござる!」こ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
【「ekki BAR&G..
from お散歩アルバム・・初夏の日差し
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
【やまびこのグランクラス..
from お散歩アルバム・・夏本番
【軽井沢タリアセン・旧朝..
from お散歩アルバム・・暑い夏
【軽井沢タリアセン・ペイ..
from お散歩アルバム・・暑い夏

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

メモ

まるで一貫性がない私の整理術。
毎日 あれこれで読書と同じ 一向に片付きません。

そんな中 鹿児島での入院中 私がメモしたものが出てきました。
捨てるにはもったいない(笑)

私のメモです。  読み流してくださいね。
色文字は今回追記したもの。

072.gif072.gif072.gif

先ずは 「入院診療計画書」 主治医(鹿児島市立病院)によるもの

病名           心原性脳塞栓症
症状           右半身マヒ 失語 意識障害
治療計画        保存的点滴加療
検査内容        CT MRI
推定される入院期間 1ヶ月


07.10.06  指宿市 木原クリニックから 救急車で 鹿児島市立病院へ搬送される。
         5F 救急病棟 に入院。
07.10.08  一旦 広島へ帰る。 
         途中携帯に病院から電話。 病室が変わる旨連絡あり。419号室へ。
07.10.09  夕方鹿児島空港で Sちゃん(二女)と待ち合わせて病院へ。
         主治医から説明を受ける。 9,10,11日が 危険と言われる。
         左脳が腫れが酷いとのこと。
07.10.10  リハビリ開始 P.M4:30
         流動食開始 (低カロリ-)
07.10.11  419号室1人入られて 窓際に移動。
         カ-ドを買って 初めて洗濯をする。
         17:45 (伯母が入居しているホ-ムから) 伯母が脳梗塞で倒れて 
         日比野病院へ運ばれたと電話あり。
07.10.12  ウィ-クリ-マンションを見に行く。 電話で夕方契約。
         延岡からM夫妻が来て下さった。 夕食を共に・・。
07.10.13  少し 反応あり。
07.10.14  手袋をしてもよいかと聞かれて OKですとお願いする。
07.10.17  オムツになった(それまで尿管でした)   尿とれパットの追加購入。
07.10.19  むくみが酷く ストッキングを使用しても良いかと主治医から。 
         熱が下がらない。38.8度。
         変化がなければ広島へ帰れる可能性が出て来たと主治医から聞く。
07.10.20  S(二女)来鹿児島。
         母 熱下がらず 尿が少なく 再び尿管をつける。
         下痢もあり 朝夕の食事はなくなり点滴のみとなる。 呼吸 辛そう。
         反応はよくあり。
07.10.21  肺に水がたまってきたとのこと。 アルブミン投与を了承。
07.10.22  午前中 アルブミン投与について再度の確認(橋口先生から)
         午後1時 主治医(大吉先生)から 話があるので病院へ・と電話あり。
         午後4時 主治医から心不全もあり 肺に水がたまっており 
         延命治療について聞かれる。 しない方向で・・とお願いする。
         酸素吸入をしている。
07.10.23  昨日より 呼吸は楽そう。  419号室から個室416号室へ移動。
07.10.24  Sが(高松へ)帰るので
         午前中病院へ行ったが 看護師さんが忙しそうで そのまま 空港へ。
07.10.26  少し むくみあり。


・・・・・・・この日で メモは終っています。

多分 この辺りから 携帯電話でこのブログへ書き込みが出来るようになったのではないかと思います。(未確認(笑))


今 こうして書き込んでいると 当時の事が鮮明に蘇ってきます。
本当に 母も家族も 頑張りました!!

これで メモは捨てます~。すっきり!!
# by yasukon20 | 2008-04-24 11:10 | 病院 | Comments(12)

遅々として進まず・・です



a0105023_13135037.jpg

池田晶子さんの 
「暮らしの哲学」を読み始めて
2ヶ月近くになるかも・・・。

まだまだ です(笑)

読み終えたときには 何が書いてあったのだろう・・と
思うような気がします。


やはり私の粗末な脳みそでは 何回も読み返しては進んでいかないと・・・・・・
(それでも難しい)



a0105023_13184679.jpg   春の章   春に思う「この感じ」   
 
「今年もまた桜が咲きました。  
当たり前のことのようだけれども、この当たり前のことが、年々歳々、深く感じられるようになるのは、
どういうわけなのでしょうね。」・・・で
始まるこの本です。


最初は理解できて(笑) 哲学って 案外面白い!!・・とまで思ったりしました。


段々 理解力が乏しい私は 3歩進んで2歩下がりの歌のように 全然 進まなくなってしまいましたが それでも進んでいきますね。1歩分(笑)

そんな私ですが 疲れた身体に寝る前の読書がここちよく感じるようになって 毎晩読んでいます。
でも次の夜は 「夕べの箇所は どういうことだったけ?」と 問いかけながらです(笑)



a0105023_13324113.jpg 

夏の章 にやっと 入りました。

今 読んでいると箇所は「セミと数字の魔法」・・・・・ と言うのです。



13年、17年ごとにアメリカで大発生するセミの話です。
どうして セミがこの周期を知っているのかという 
面白い話です。

内容は 皆さん 読んでみてくださいね。

その 「知っている」・・・この言葉 何が 何を知ることが「知る」ことなのかということが このセミの話で 問われていることなのです。
ややこしいでしょ(笑)  これを読んでいるといつの間にか寝ています。



私の目が釘付けになったところ

・・・・人間だって、自分が知らないことを、いっぱい「知っている。」 
知らないことも、知らないまま、平気でいきているのではなかろうか。・・・・

難しいけど なんだか 分かったような気もする。


さらに・・
・・・「自分を知っている」とは、誰が知っていることなのでしょうか。
私は自分が生きているということを、どのように知っていると言えるのでしょうか。・・・・と。


こういうことを考えるのが 少しだけ好きです(笑) 
だから 読みすすんでいかれているのでしょうね。

セミのお話の後は 「すべての死因は『生まれたこと』」です。
楽しみです。


でも やはり 「哲学」は難しい!!


063.gif063.gif063.gif追記

ついに車椅子に座りました~~~!!
a0105023_1634575.jpg


車椅子をリ-スしてもらう話が出たのですが
熱血先生に 「弱ってきていますから もう いいです。」とは言えませんでした。
今日は15分 車椅子に座っていましたよ。
声をかけると 聞こえた方に向いたりもしました。 首は大丈夫なようです。
よだれは やはり少し出ますね。
 
ベットに寝たとき 「お疲れ様でした。」と先生が言われると 笑顔がでました。
これで いいのですよね。
嬉しい リハビリの時間でした。
# by yasukon20 | 2008-04-23 13:58 | | Comments(14)

すっきりしました

先ほど 昨日からケアマネさんがご苦労してくださっている重度身体障害者等級変更のことで 電話がありました。


入院していたT病院の整形外科の診察を受けてください・・との 事。
いつが良いですか?  月 金 の午前中・・・。 水曜日なら午後から・・。
 
注入時間に引っかかる・・・どうするの?
水曜日はリハビリがあるのに・・・・・。


昨夜から考えていたことを ケアマネさんに言いました。
「等級変更が出来たとして (これは 出来るか どうか 審査の結果によります) 費用がどれくらい今よりお安くなるのですか?」
「等級にもよりますし I さんの場合 左手が動きますから 認定されるかどうか 微妙で・・」とのこと。
「それなら 無理して診察を受けさせたくないのですが・・」・・と私。

あちこち電話をしてくださり 段取りをしてくださっているのに 大変申し訳ないのですが
やはりこちらの希望を言わせて頂きました。


ショ-トスティも断り 今回も断り  手ごわい・・と思っておられるかも(笑)

全て 1人で決められるのも良い・・・。 
兄弟姉妹がいればこうは出来ないでしょうね(笑)


私は 毎日 母を看ていて 少しづつですが弱ってきている感じを受けます。
後どれくらいの時間が 母に残されているのか分かりませんが
穏やかな時間を過ごさせてやりたいと思っています。

辛い思いをして病院へ診察に行かなくても
認定を貰わなくても 母が貯めたお金だもん 全部使えばいい・・・
お金がなくなったら その時はその時に 考えればいい・・・


それより 何より 家で皆さんに助けて頂きながら 過ごさせてやりたい。

そう もう穏やかに  穏やかに・・・。


そう 決めた途端 気持ちがすっきりしました。
バンザイ!!・・・と叫びたい思い(笑)



(追記)母が寝ている間に 郵便局と銀行へいってきました。
坂を下った所に郵便局があります。  帰り汗をかきながら坂を登ってきました。

道すがらの花たち

a0105023_16165484.jpg
                やっと撮れました     ドウダンツツジ
a0105023_16181993.jpg



a0105023_16203812.jpg        

    はいのき

   初めて名前を意識して みました








a0105023_16225631.jpg       
    シャガ  


 前に住んでいた官舎に 植えてあったので知った花です










a0105023_16283975.jpga0105023_1629511.jpg
                     
                           力強く
# by yasukon20 | 2008-04-22 12:29 | 介護 | Comments(13)

自分の気持ちなのに・・

今日は 訪問入浴の日でした。
1週間に1度の入浴にも 母は慣れたでしょうか・・・確認ができません。
気持ちよさそうな顔をしたかと思うと 眉間にしわをよせたり・・・どこかが 痛いか 苦しいか
・・・・。
難しいことです。

土曜日に この会社の方から 駐車場のことについて電話がありました。
てっきり解決しているものと思っていたのに とんでもなかった。

「ちゃんと管理人さんに許可を貰ってくださいね・・」とお願いをしていたのに 黙って留めていたらしく 張り紙を張られたから・・との 電話でした。
昨日は 夫が管理センタ-まで 行って話してきてくれました。

一応管理人に話して 管理人が不在の時は 「臨機応変に・・・」と これまた 依然とは
随分違った おおらかなお返事を頂いて帰ってきました。
これで 一件落着です。




夕方(さっきですが・・) ケアマネさんから 重度身体障害者等級変更について 電話がかかりました。
入院していた内科の主治医が 等級変更の資格医ではなかったとのことで 診断書がかけないと言われた・・・との事でした。
「最初 電話でお願いしたときは 書きます と言われたのですよ。」と ケアマネさん 私に不満を投げつけてこられましたが(笑) 気持ちも分かりますが
私に言われても・・と こちらも こちら(笑)

なるべく 在宅介護にかかるお金を安く上げようと思うと 本当に大変です。
「もう いいわ~」って 言いたくなるぐらい面倒です。

それでなくても大変なのに 手続きぐらい簡単にして欲しい!!・・とまた 政治に向かって不満が吹き出ます。


あれや これや 出てくるので気分が重くなります。
明るく 明るく と思いながらも 自分で暗くしている・・(笑)

先日蒔いた花の種が 芽を出し始めたのがせめてもの 慰めです。


話題が暗いので せめて 可愛く~~我が家のめだかちゃんです。
8匹 いますが 全部は写っていませんね。
a0105023_198596.jpg

# by yasukon20 | 2008-04-21 18:23 | 介護 | Comments(12)

「池上線」



a0105023_23153555.jpg
どんな歌なのでしょう~~ 
「池上線」って。

1975年9月に出た西島三重子さんのアルバムの中の1曲だそうです。


聴けば 「あ~ この歌~。」って思うかも知れません。
でも今は全く出てきません 旋律が・・・・。


我が家の長年の購読新聞に この「池上線」の歌についての記事が掲載されていました。
この4月から始まった新シリ-ズ「うたの旅人」
今回は なんだか題を見ただけで 読んでみたくなりました。

      古い電車のドアのそば
      二人は黙って立っていた            
      話す言葉をさがしながら            
      すきま風に震えて                
      いくつ駅を過ぎたのか              
      忘れてあなたに聞いたのに          
      じっと私を見つめながら            
      ごめんねなんて言ったわ           
      泣いてはダメだと 胸にきかせて       
      白いハンカチを 握りしめたわ  
        *  池上線を走る町に
           あなたは 二度と来ないのね
           池上線に揺られながら
           今日も 帰るわたしなの     

(2番を追記します)
      
      終電時刻を確かめて
      あなたは私と駅を出た
      角のフル-ツショップだけが
      灯りともす夜更けに
      商店街を通り抜け
      踏み切り渡った時だわね
      待っていますとつぶやいたら
      突然抱いてくれたわ
      あとから あとから 涙あふれて
      後ろ姿さえ 見えなかったの
          * リフレイン


                
この歌詞は 実話なんだそうです。  
若い男女の切ない別れです。   
彼女は別の人と結婚し、彼は独身を通していると 記事の最後にありました。
彼女の夫の会社の製品は 結婚を聞いたその日から 彼は使ってないことも・・・。


読み終わって 益々聴いてみたいと思いますね。
知ってるかな~。

そのこともさることながら 1975年という時代が自分の歴史の中で 一番辛い時であったと
思い起こされています。

辛かった毎日 テレビを観ていたのだろうか  歌を聴いていたのだろうか  何を楽しみにしていたのだろうか ・・・・・・

今こそ 当時の歌を聴く機会も増えましたが 当時は何が流行っていたのかも 記憶になくて・・・。

だから この「池上線」も題名は初めてではないのですが どんな曲か出てきません。

歌を聴けば その当時の事が思い出されて・・・と言う話をよく聞きます。
知らなくて 当時を思い出す私も 何ともせつない・・・・。


その原因となった母を 今は介護している。
自分でも信じられないことなのです。    
愛おしく思えるようになって やはり 親子なんですね。
悔しいけど・・・・・。
# by yasukon20 | 2008-04-20 23:55 | 憩い | Comments(10)