母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(539)
(460)
(284)
(247)
(187)
(123)
(104)
(92)
(85)
(79)
(76)
(72)
(69)
(67)
(66)
(53)
(52)
(52)
(50)
(47)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・梅雨の徒然
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金生活でも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

ワンピース 着る機会がな..
by banban0501 at 20:35
🎵クルー..
by ♥ junjun at 20:23
素敵な夜でしたね♪ こ..
by doremi730 at 19:13
小笠原旅行から帰ってすぐ..
by ラッシーママ at 15:56
★A-HIMEKKOさん..
by yasukon20 at 09:32
★kikiさん おは..
by yasukon20 at 09:23
★kawasei1008..
by yasukon20 at 09:20
★minmonaさん ..
by yasukon20 at 09:17
★mさん おはようござ..
by yasukon20 at 09:13
★あっちゃん こんばん..
by yasukon20 at 23:35

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「殿、利息でござる!」こ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
【「ekki BAR&G..
from お散歩アルバム・・初夏の日差し
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
【やまびこのグランクラス..
from お散歩アルバム・・夏本番
【軽井沢タリアセン・旧朝..
from お散歩アルバム・・暑い夏
【軽井沢タリアセン・ペイ..
from お散歩アルバム・・暑い夏

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

今日は・・・・・

母と同じ脳梗塞で倒れて入院している伯母を今日夕方 私は久しぶりに見舞いに行きました。

「分かる?」と聞きますと うなずきました。 
「ま~ちゃん(母のこと) 広島へ帰ってきたよ。」と言いますとまたうなずきました。

分かっています!!!  何か言いたそうです。
でも言葉にならないもどかしさが伯母の顔に出ていました。

母は意識がほとんどありませんから病院を後にする時もさっ・・と帰れるのですが、今日の伯母のように意識があると帰るのに 後ろ髪をひかれます。



伯母がお世話になっていたメリ-ハウスの部屋の片付けに今朝から行っていました。
2年半前入居する時買った家具も引き取ってくださる方が居られて、今朝取りに来てくださり大分片付きました。

母が住んでいた実家の整理をした時のように まぁ 色々なものが溜め込んであって
全部捨てたい衝動に駆られますが(笑) 破棄をお願いするわけにもいかず ぼちぼちと
我が家に運んでいます。
今 その荷物で母の部屋はいっぱいです(笑)

これから日にちをかけて 資源ごみ リサイクルプラ その他のプラ 不燃物 等々 分けなくてはなりません。

そうそう鹿児島のごみ分別はとても簡単でした。  
広島に帰ってきたら何とまぁ めんどくさいこと(笑)

明日にはメリ-ハウスを引き上げます。
まだ残っている荷物を運んで来なくてはいけませんが やっと・・との思いがします。
伯母と沢山の喧嘩をした思い出の「介護付き有料老人ホ-ム  メリ-ハウス西風新都」ともお別れです。


a0105023_2231034.jpg
a0105023_22557.jpg


                         中庭です


19日(月)には本当に遠くなりますが 土師ダム(ご存知ない方がほとんどですね(笑))の近くの病院へ転院します。
1ヶ月に1回ぐらい行けるでしょうか・・?  
そんなことを思うともう少し近くの病院を探してみればよかった・・・との思いが出てきますが、母のこともあり とても余裕がありませんでした。

赦してくれるかなぁ~~。

新しい病院から用意しなくてはならない物のリストを貰っていますので その買い物も今日は済ませました。

19日には夫と二人で付き添っていきます。
# by yasukon20 | 2007-11-17 21:51 | 伯母 | Comments(0)

忘れてはならない人たち

今まで鹿児島市立病院のドクタ- 看護師さんたちのことばかり書いてきましたが、まだ忘れてはならない人たちが沢山居られます。


10月6日 夕食中に倒れた時宿泊していた旅館の方々。  
すばやい対応をしてくださいました。
救急車を呼んでくださり、こういう場合の担当の方でしょうか 救急車の後から付いて来て下さいました。

運ばれたところは木下クリニック。
土曜日で午後9時前と言う時間に受け入れてくださいました。
直ぐCTを撮ってくださり 脳梗塞であること、指宿には脳外科が無いので鹿児島まで行きますとのこと。
そして鹿児島市立病院へと運ばれたのです。

指宿市から鹿児島市まで救急車で1時間かかりました。
木下先生も一緒に行ってくださり  私と二女は旅館の浴衣とスリッパのまま救急車に・・・。
初めて救急車に乗りました(笑)
進行方向ではなく横向きに座っていくので 「気分が悪くなるから 前を向いてね。」と先生。
1時間の長かったこと。

鹿児島市立病院で最初の診察が終るまで、救命救急センタ-の待合室で待っていました。

その間 二女の連れ合いから着替えを持っていくから・・・と連絡があり、旅館の社長さん自らご自分の車を運転してくださり連れてきてくださいました。
着替えの他 担当の仲居さんがおにぎりを握ってくださったのと お茶と・・・。
本当にありがたかったのですが 余り欲しくなかったのですが折角ですからおにぎり1個頂きました。

社長さんにはもうタクシ-で帰りますから・・と申し上げたのですが 「私は暇ですから 大丈夫です。」と冗談ぽっく言ってくださり 最後までいてくださり 午前0時を回った頃やっと指宿への帰路につきました。

運転席の隣に座っていた婿殿が 何べんも運転が危ない時があった きっと眠気がこられたのでは・・と言っておりましたが 道は一直線で何の刺激もなく(笑) 暗い海岸端を走るのですから眠くなるのも当たりまえ。
旅館に着いたら午前1時過ぎでした。 待っていてくださった数人の旅館の方々。

本当にお世話になったのです。

広島まで帰ってこられたのも多くの方々の誠意の塊が母を頑張らせてくださったのだと思います。

いつか また指宿へお尋ねしたいと思っています。


沢山の感謝をこめて・・・・。
# by yasukon20 | 2007-11-16 08:54 | Comments(4)

帰ってきました

37日間の鹿児島市立病院での入院生活でした。
最初はビジネスホテルでの生活でしたが10月17日からはウイクリ-マンションを借りていました。
その間 何度となく花屋さんの前で足を止めて 「買うかなぁ~。 いやいや辞めておこう。」と諦めて過ごしていましたが 最後の1週間綺麗なお花が部屋を飾ってくれました。


娘が東京の病院で働いていた時の後輩が鹿児島市に帰ってきていて、娘を訪ねてくださったのです。
その時のお土産のお花です。

a0105023_21285816.jpg



色々大変な時期もありましたがやっと広島へ帰る日がやってきて 昨日7時間半かけて広島の病院へ帰ってきました。
昨日は午前4時に起きて仕度をしてビジネスホテルから病院へ向いました。
午前6時出発の予定でしたから 私と娘が病院へ着いた時には既に準備が進んでいました。

看護師さんから娘は道中の注意事項を色々教えてもらいました。

4人ぐらいの看護師さんがエレベタ-まで見送ってくださいましたが 私は胸がいっぱいになって余りお礼も言えないままお別れしてしまいました。
1人の看護師さんは玄関まで見送ってくださり 本当に良くして頂いたお礼をその方に代表して申し上げました。

主治医には昨日のうちにご挨拶を済ませていました。

本当に良くしていただいてお別れするのが辛かったです。

車は最初は病院のを・・とのことでしたが 結局 看護師長さんが選んでくださった民間の福祉タクシ-で帰ってきました。
親子でされている方で 道中、本当に家族のように和気藹々と過ごすことが出来てこちらも緊張することなくゆったりとした気分でいられたことは感謝でした。


a0105023_21485080.jpg



こんな感じで・・・
a0105023_21514937.jpg



途中何度か休憩をし その度に介護師さんと娘とで母の向きを変えて それが済むと娘が吸引をして 処置が済むと出発・・・・と言う具合で帰ってきました。


午前6時に出発した時は真っ暗でしたが霧島の山並みを走る頃には 朝日が山の端から真っ赤に昇ってきて本当に綺麗でした。

暫く走ると凄い霧の中でしたが それを抜けて標高が高くなると雲海が素晴らしくて墨絵のようでした。

私は介護師さんと娘に母を預けて(笑) 景色を楽しみながら帰ってきました。
運転してくださった息子さんもとても気さくで 良い方を看護師長さんが紹介してくださった事を改めて感謝しました。

何人の看護師さんが母に関わってくださったでしょうか・・・。何十人という方々でしょう。
脳神経外科という大変な現場を毎日見ていて超多忙な看護師さんたちですがいつも笑顔が消えることはありませんでした。
毎日救急車で運ばれてくる患者さんが居られて 病室はめまぐるしく入れ替わります。
幸い母は2回の移動ですみました。

鹿児島市立病院へ運ばれたことが一つの運命だったでしょうし 多くの方々の手から力を頂いた母だと思います。
そして何より主治医ともう1人若い先生がとても話しやすかったことが嬉しかったです。
何でも聞くことが出来ました。
MRIの写真を見せられたときは脳梗塞の話が終った後で どうしても聞いてみたかった
認知症のことまで聞いてしまいました(笑)
「歳相応の認知症です。」との事でした。私はもっと進んでいると思っていましたので意外でとても複雑な思いがしたのを今も思い出します。

鹿児島市立病院の皆様に心からお礼を申し上げます。

今日も母の顔を見てきましたが むくみもなく母らしい顔になってきたと娘と話しました。
娘は今夕 バスで高松へ帰って行きました。
お疲れ様。有難う!!
# by yasukon20 | 2007-11-14 22:23 | | Comments(13)

ビジネスホテル

今夜はビジネスホテル泊です。

最初の頃を思い出します。

ツインの部屋がなくて娘とダブルベットです(笑)

明日はいよいよ広島で、午前6時出発です。
主治医が改めて「広島へ帰れないかと何度も思いました。」…と言われて本当に大変だったこと改めて認識しました。
唯一の親戚も最後の顔を見に来てくれてました。

明日は頑張って帰ります。

午後3時迄に着く予定です。
お祈り有難うございました。
# by yasukon20 | 2007-11-12 20:32 | | Comments(8)

帰り支度

今日はいよいよウィクリーマンションの会社にも退去の連絡を入れました。

不思議なものでいざ去ることになると周りの風景がいとおしい(笑)

昨日は退院の手続きの仕方を聞いたり、その他しなくてはいけない事を聞く間も、母の病室は慌ただしく、看護師さんの出入りが頻繁で、主治医も来られたり、担当の先生はもう一人おられますが、その先生も来られたり…。

ちょっと緊張が走りました、私の中での事ですが…。

でも主治医ははっきりと私に「覚悟」と言う言葉を言われました。
広島に帰るには「覚悟」も道連れです。

昨日は辛そうだった母、今日はどんな顔をしているか…。
もう暫くして病院へ行きます。
さて さて…。
# by yasukon20 | 2007-11-10 13:54 | 病院 | Comments(4)