母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(572)
(479)
(300)
(253)
(192)
(125)
(109)
(93)
(92)
(83)
(76)
(73)
(71)
(70)
(69)
(53)
(53)
(52)
(50)
(50)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・晩秋の空
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金だけでも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
さいたま日記
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
バリ島大好き
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

まぁ、どうされましたの?..
by m at 06:00
大変でしたね。 ご無理..
by bh2005k at 22:56
気をつけてください。 ..
by oshibanayoshimi at 22:31
★あっちゃん こんばん..
by yasukon20 at 18:13
★oshibanyosh..
by yasukon20 at 18:09
★kawasei1008..
by yasukon20 at 18:03
★操さん こんばんは!..
by yasukon20 at 18:02
★ゆんこさん こんばん..
by yasukon20 at 17:48
★oshibanyosh..
by yasukon20 at 17:45
所謂「シャッター通り」に..
by aba-n-c at 15:49

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「殿、利息でござる!」こ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
【「ekki BAR&G..
from お散歩アルバム・・初夏の日差し
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
【やまびこのグランクラス..
from お散歩アルバム・・夏本番
【軽井沢タリアセン・旧朝..
from お散歩アルバム・・暑い夏
【軽井沢タリアセン・ペイ..
from お散歩アルバム・・暑い夏

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2017年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

せっせと行こう秘湯の宿シリ-ズ -1- 

昨年、北海道を旅した時、秘湯の宿「銀婚湯」に泊まりました。
そのお宿が「秘湯の宿」という事で泊まりましたが、その時全国でこうした宿があることを知りました。
そしてスタンプカ-ドを頂きました。
a0105023_20293280.jpg
3年間で10回宿泊しますと11回目は無料となるシステムです。
3年間で・・となると急がなくてはなりません(笑)
「銀婚湯」に行った時の記事です。リンクしておきます。


秘湯の宿、近場では島根県と鳥取県に1宿づつしかありません。 では!!って島根県の雲南市にあります「海潮荘」に行ってきました。
a0105023_20294556.jpg
隣の県に住む娘宅に用事がありまずはそこに立ちよってから旅館に・・という計画です。
途中で車を止めて紅葉見物をしながら娘宅に向かいました。
a0105023_20395243.jpg
孫たちはまだ帰ってきてなくて姿を見ますとまた出発が遅れますので顔を見ないで娘宅を出ました。
娘から土産を貰いました。
サツマイモはkotoが幼稚園で芋ほりして持って帰ったお芋だそうです。立派です(笑)
長いものようですがサツマイモです。
a0105023_22083342.jpg
こちらも珍しい焙煎のコ-ヒ-です。
a0105023_22084632.jpg
来月 また行く予定ですから今回は早々にマンションを後にしました。


1時間もかからない場所なので早々に着きました「海潮荘」。1300年も前からこの温泉は湧き出ているそうです。
a0105023_20300470.jpg
a0105023_20303729.jpg
昔ながらの旅館ですね。 こういう佇まいは久しぶりなので気持ちがほっと落ち着きました。
「銀婚湯」でも見ました「日本秘湯を守る会」の提灯です。
a0105023_20301773.jpg
a0105023_20304862.jpg
      縁側から中庭がよく見えます。 
a0105023_20310518.jpg
夕食までまだまだ時間がありました。 
早速温泉に・・・。 次は温泉からにします。







by yasukon20 | 2017-10-31 21:04 | 旅行(国内) | Comments(14)

久しぶりに大笑いの広島市民文化大学♪

先週の土曜日28日 広島市民文化大学の日でした。
台風が来る予報でしたが雨だけでどうにかコ-スを変えていった台風です。
みなさまの地域はいかがでしたでしょうか?  お見舞い申し上げます。

さて今月の講師はこの方。
a0105023_06475505.jpg
講師 清水 国明氏 (タレント 所沢市教育委員 NPO法人河口湖自然楽校楽校長)
演題 「生きるチカラ、 自然のチカラ」

以前フォ-クソング全盛の頃 「あのねのね」という名前でフォ-クソングを歌っておられたのをご記憶の方もおられるでしょう。
相棒の原田さんの方は今は関西でタレントされているそうです。
山梨学院大学の客員教授をされていまして 学生に「あのねのね」を両親に聞いてみて・・と言うとあくる日「知りませんでした。」との答えに 「じゃ~おじいちゃん おばちゃんに聞いてみて。」というと翌日「よく知っていました。」との返事。
そんな昔の話になってしまった・・と笑わせて下さいました。

1時間30分。本当にどこまでが本当のことで、どこが嘘なのかよくわからない話をされて大いに笑わせて下さいました。

「十人十色」と言いますが「一人十色」がいいとの話は 「ほんと ほんと」とうなずけました。
高齢者になってもいろいろ楽しめばいいではないかと・・元気を頂きました。
「これがだめならあれをしてみようとか いろいろな事をしてみればいいのですよ。みなさん 楽をして儲けたいと思うでしょ。
楽ばかり選んでいると寝たきり生活になりますよ。 寝ているのが一番の楽ですから・・」と笑わせて下さる。
楽ばかりの生活では感動がおきない 本物の感動を得るためには楽をしていては駄目。

瀬戸内海の無人島を買って今は「ありが島」と名を付けられていますが「ありがとう」と呼んで下さいとのこと。
隣にもう一つ無人島がありそこも買って「おめで島」にしようと思うと・・これは本当の話? 
笑い話? よく分かりません(爆)
清水さんなら出来そうにも思えるのがこれまでの実績がそう思わせてくれますね。

面白い話はここに書ききれません。
京都産業大学のご出身ですが 舞台でよく「京都三流大学」と言って笑わせておられたら学長から呼び出しがあったとか・・。
ウソっぽい話ですね、でも面白くて大笑いのみんなでした。

広島市民文化大学も来月で今年度は終了です。
来月もまた元気に通いたいです。






by yasukon20 | 2017-10-30 09:02 | 日々の出来ごと | Comments(14)

お土産 いっぱい頂きました♪

旅の記録の途中でしたのでアップが遅くなりましたが ここのところお友達から沢山のお土産を頂きました。

秋の行楽シ-ズンですからね~。 お土産もいっぱい(笑)
それに引き換え私は何も買ってきてなくて・・。 
申し訳ないことです。いつか倍返しを・・( ^)o(^ )

まずは北海道へご夫妻で行かれたお友達。 大好きなカヌ-など北の果てで楽しんだそうです。
ちょっと変わったお味のチョコレ-トとチ-ズを頂きました。
a0105023_21091525.jpg
おとなりのマンションにお住まいのお友達。お嬢様が高校生でニュ-ジランドに留学されています。
やっとNZに行ってこられたのです。 空港で顔を見るなりお嬢様の目から大粒の涙だったそうです。
そういうお話を聞くだけでこちらも目頭があつくなりました。
おいしそうなチョコレートです。
a0105023_21093688.jpg
同期会で奈良に行ってきたと友人からのお土産。
サラダにも ケ-キとかパンとか焼くときに入れたり(私はそういう事はしないので・・)サラダですね、もっぱら(笑)
美味しそうな干し柿です。
a0105023_21095094.jpg
奈良の干し柿を下さった友人。松江にも行ったそうで・・・。
夫が好きな「梅酒」(笑)
a0105023_21100227.jpg
昨日岡山に言った夫。 私の大好きな「大手饅頭」を買ってきてくれました♪
a0105023_21101560.jpg
岡山に行ったついでに故郷にもよってきた夫。
夫の友人の奥様が手芸をされる方だそうで、展示会をされていたそうです。
そのお知らせが来ていましたので夫が立ち寄りましたところ 私にへ~とお土産を頂きました。
ティッシュケ-スです。 着物地で作ってあってとっても素敵です。
a0105023_21104115.jpg
多くの方がたに気にかけて頂き感謝です。
こちらのご無礼を許していただいて・・と勝手なことを思っています私です。

いつか いつか・・・そうですね、いつかいつかお返ししなくては・・(''◇'')ゞ





by yasukon20 | 2017-10-29 07:01 | プレゼント/頂き物 | Comments(10)

二つのコンサ-ト♪

一週間まえの20日(金) kakoちゃんのご招待を受けてあるコンサ-トに行ってきました。
会場の教会はkakoちゃん宅から近いし、私も知っている教会だったので会場で待ち合わせしました。

a0105023_06112886.jpg


主なる演奏家はコントラバス演奏家の能見 誠さん。 クラリネット演奏家 藤岡 恵理子さん。
お二人の伴奏をされたピアニスト吉野 妙さん。 能見 誠さんのお写真は載っていませんでした。
能見 誠さんは広島市出身で、現在 東京 広島 宮城の3か所を拠点として音楽活動をされているそうです。     
        👇 お二人の経歴はパンフレットでは読めないと思いますが お写真でお顔だけでもご覧ください。

a0105023_06105128.jpg

モ-ツアルト べ-トヴェン バルト-ク 久石 譲さんの曲など9曲 演奏されました。

クラリネット奏者 藤岡 恵理子さんは「広島ウインドオーケストラ」でバスクラリネットという楽器の首席奏者です。
その「広島ウインドオーケストラ」が今度シカゴでのコンサ-トに招かれて、渡米する前に
広島市で演奏会を開催します。
そのパンフレットを見ながらkakoちゃんと「行きたいね!!」って話しました。
a0105023_06110708.jpg

そしてこういう時は即実行です(笑)  チケット確保しました♪
12月16日 アステ-ルプラザ 大ホールにて行われます。 広島の方ぜひ♪
音楽監督は下野竜也さんです。


がらりと趣は変わります(笑)
年二回広島でのコンサ-トがあります「松山千春」!! 若い頃からのファンである友人は「ち-さま」と言っておりますよ(笑)
10月25日(水)その友人とお姉様と我が夫婦 4人で行ってきました。
a0105023_06114342.jpg

広島カ-プの話 総選挙の話(この話が一番長いです。政治一般の話)観客席からの要望で 過日新千歳発の飛行機の出発が遅れていた時
乗り合わせた松山千春が起こした行動について・・などなどト-クは冴えておりました。

3部でやっと知った曲が出てきて(本人の弁)3部って言ってもアンコ-ルなのですが・(笑)
そしてもう一回再アンコ-ルがあり知った曲ばかりで盛り上がり幕でした。
広島カ-プ 惨敗のあと。 吹っ飛びました、もやもやが(笑)


来週の金曜日はまたコンサ-トが待っています。 楽しみです。



by yasukon20 | 2017-10-28 07:02 | 日々の出来ごと | Comments(12)

信州の紅葉が見たくて vol.6 ー戸隠杉並木/戸隠そばー

前回私が写した「戸隠森林植物園案内図」の看板ではさっぱりお分かりにならなかったと思います。
ネット上で探して見ました。 戸隠で歩いた地域を知っていただくと嬉しいです。
「出発点」から 矢印のように歩き「随神門」までを前回記事にしました。
a0105023_16491701.jpg
今回は「随神門」からの歩きです。奥社に向かって杉並木を歩きます。
茅葺き屋根には長い年月を証明するよう草が生えて育っています。
 赤門です。この赤門をくぐりますと杉並木になります。
a0105023_17314320.jpg
今回の戸隠での歩きのメインは参道に並ぶ杉並木です。
a0105023_17060220.jpg
長野県天然記念物で約800m 約220本あるそうです。
a0105023_17330430.jpg
どの杉って言われたか? 吉永小百合さんがここでポスタ-の撮影をされたことで人気が出た杉が中心に3本写っていますが
そのうちの一本で吉永小百合さんと共にポスタ-になっている杉とか・・。


土日でなくても多くの観光客です。
江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受けていたという杉並木。 圧巻でした。
15分ぐらい歩いた思いますが気持ちよい歩きが出来ました。
a0105023_17325051.jpg
そして最初の頃アップしました階段のある画像の場所まで来ました。
ここは希望者だけとなります。 しかしガイドさんが「ここまで来て登らないのは勿体ないです。」と何度もおっしゃいます。
信仰のある方はきっとそうでしょうね。 
私は信仰は無いのですが 階段に挑戦してきました。 ここで折り返された方もありました。
無理は禁物です。
a0105023_17543684.jpg
途中すれ違う方が「もう少しですよ!」って励ましてくださいました。
神社が見えてきました。もう少しです。
a0105023_17563872.jpg
           登り切りますと左手に「九頭竜社」
a0105023_17583877.jpg
       正面に「奥社」
       屋根の修理中でした。(ここでもちゃんと奥社全体が撮れていませんね・・汗)
a0105023_17573950.jpg
ちなみにこちらの戸隠神社 その名の通り遠き神代の昔 「天の岩戸」が飛来して出来たと謂われる戸隠山を中心に開かれ、いわゆる宮崎県の高千穂で見たことのある「天の岩戸」もこちらにあるという伝説。 高千穂と戸隠とお互い「こっち こっち」と云い合っているそうです。伝説ですから面白いですね。
下のリンクは2015年夏に高千穂峡に行った時の記事です。 👇


お参り 見学を済ませた方からまた下ります。

杉並木を通って「随神門」から、今度はまっずぐに参道入り口まで歩きます。こちらも相当の距離です。
ずっと先に鳥居があるのですが見えませんね!!
a0105023_20462353.jpg
          途中の紅葉も綺麗です。
a0105023_20464952.jpg
参道入り口につき、バスに乗ってお昼を頂くお店に・・・。
a0105023_20481922.jpg
      有名な戸隠そばを頂きました。
a0105023_20494948.jpg
そばが大好物でもない私なのですが とっても美味しいと思いました。
若い頃 全然お蕎麦が食べられない時 やはり信州を旅して初めて「信州そば」を食べて「お蕎麦って美味しいな~」って
思った時のことを思い出しました。
a0105023_20485521.jpg
ざるの中に5つの山(?)がありますが 戸隠神社の奥社 中社 宝光社 九頭竜社 火之御子社 の5つの社殿を表現しているそうです。
お土産もこのお蕎麦 買って帰りました。

お蕎麦を食べて バスで上越妙高駅まで行きました。  まだ新しい駅で回りに何もありませんでした。
ここから「はくたか565号」に乗って金沢駅まで。  そこからまたサンダ-バ-ドで新大阪までです。


長々読んでいただいて有難うございました。
皆さまのお陰でこうして旅日記を続けて書くことが出来ました。  私には思い出の1ペ-ジとなります。
次回から日常に戻ります(笑)
引き続きよろしくお願いいたします。






by yasukon20 | 2017-10-26 21:07 | 旅行(国内) | Comments(20)

信州の紅葉が見たくて vol.5 ー戸隠森林植物園ー

今回のツア-の最終日 10月18日(水) 快晴でした!(^^)!  
前日の17日よりもよく晴れてくれました。
a0105023_21283600.jpg
連泊したホテル。 荷物も整理し出発前のひと時。 3日目となれば余裕ですね(笑)
a0105023_21583421.jpg
午前8時出発で 最後の目的地 戸隠高原へと向かいます。
前日と同じように南に下り 小川村から東に折れて走って走って長野市の中心街に入りました。
バスからですが善行寺さんの参道ものぞき見しました。善行寺ってあんな街中にあるのですね~。
前日行きました鬼無里も長野市ですから広い広い長野市です。
ホテルのあった小谷村の山一つ越えた所のように見えます戸隠方面ですが 山を越える道がないそうです。

ガイドさんの解説を聴きながらのバスの旅 よくお話しに出てきたのが「長野オリンピックの会場でした。」という言葉です。
あちこち長野オリンピックの時の会場だった場所がありますね。 懐かしい事です。

そんな話を聞きながら行先は戸隠高原。 ずいぶん高い所まで上がっていきました。

戸隠森林植物園を歩きます。はっきりしない画像ですが・・。雰囲気だけ(笑)
a0105023_22105865.jpg
少し歩きますと視界が広がり素晴らしい風景が目の前にドンと現れました。
「こんなに全部の頂が見えるのはそうそう有りませんよ!!」ってガイドさんが言われました。
みんな 「ほ~~!!」っと感嘆の声。 一斉にカメラを向けて・・。
a0105023_22111019.jpg
               戸隠連峰です。👆 
ここでももう少しちゃんとカメラを向けていれば・・と後悔です。
しかし山の美しさに感動します同行の方々の姿もまた良いものかと・・・(笑)
a0105023_22272616.jpg
a0105023_22491851.jpg
           
ナナカマド
a0105023_22281740.jpg
周りが色づいた木がない所に紅葉があると一段と綺麗に見えました。
a0105023_22282882.jpg
このあたり春にはミズバショウが群生している地域だそうです。春にも訪れてみたいですね。
何の実でしょうか? 綺麗な瑠璃色に目が行きました。
a0105023_22284737.jpg
a0105023_22290871.jpg
a0105023_22292212.jpg
             マムシ草でしょうか?
a0105023_22294525.jpg
          春先には歩けませんね(笑)杉は怖いです!!
a0105023_22295952.jpg

中央あたり、人がこちらを見ているように見えませんか? ↓ 目鼻口はっきり見えますよね。
ちょっと気持ち悪い顔ですが・・。
a0105023_22301775.jpg

一位の木です。他の場所に有りました赤い実を取って食べましたが甘かったです。
物凄い樹齢でしょう、この木は。
a0105023_22303433.jpg
a0105023_09410742.jpg
次回に続けます。 これからがこの日の正念場でした(笑)





by yasukon20 | 2017-10-25 09:44 | 旅行(国内) | Comments(12)

信州の紅葉が見たくて vol.4 -おやき/鬼無里伝説ー

a0105023_17264105.jpg
黄葉した木々を見上げると暖かい陽の光です。 奥裾花渓谷とはお別れです。

お昼になりました。 「おやつではありませんよ。主食です。」と念を入れて言われた「おやき」が中日17日の昼食でした。
お店の近くには道の駅もあります。バスがそこに停車しますので下車です。
a0105023_17365311.jpg

ここまでの道中 赤いリンゴがとっても可愛いリンゴ園を見ながら下ってきました。
バスの中からでも写真を撮りたいとおもいましたが無理でした。 本当に可愛いですね♪
ここ「旅の駅」(道の駅ではありません)に降り立ったのですから皆さん 一目散にリンゴへと・・・。
a0105023_17560075.jpg

a0105023_17584539.jpg
昼食の時間がありますから大急ぎでリンゴを買っておやきのお店へ移動です。
a0105023_17273749.jpg
                      おやきとサラダ♪ 👇
野菜ミックスのおやきともう一つ何とか言われたのですが聞き取りにくくて・・。
同じ席に座りました2人さんのおひとりがバスに酔われたそうでそちらの話を聞いたりしているうちお店の方の説明もいい加減になってしましました。 野沢菜かアザミかな?・・って思います。
a0105023_17274481.jpg
a0105023_08392507.jpg
a0105023_17275162.jpg
こちらのお店のおやきは評判がよいそうで 本当に美味しく頂きました。
通販もされています。買われた方もありました。ちなみに「いろは堂」です。

お昼が終わりますと「鬼無里ふるさと資料館」に行きました。
a0105023_17290494.jpg
ここで初めてこの鬼無里の村が昔は大変豊かな村であり 文化の華が開いたことを知りました。

まずはこの地名となっています「鬼無里」の伝説をパンフレットから簡単に書いておきます。
それを知っていればこの町の探訪も楽しいことでしょう。 今回はその伝説をたどることは出来ませんでしたが・・。

簡単に・・・。
『鬼女紅葉伝説』
平安の頃 紅葉という美しい高貴な女性が京の都からこの水無瀬(鬼無里)の里に追放されてきました。 村人は都人ということで敬愛し、内裏屋敷まで設けました。次第にここの暮らしに飽き足りなくなった紅葉は、夜になると近くの村を荒らしまわるようになりました。
村人たちは紅葉を鬼女と呼ぶようになり、その噂を聞いた朝廷は平維茂に鬼女退治を命じ、ついに紅葉は征伐されます。
鬼女が退治されていなくなったことから「鬼無里」と呼ばれるようになったと言われています。
(凄く簡単です・・(*´ω`) )

この伝説はガイドさんからも聞きましたが いろいろ説があるそうです。

伝説とはいえ こういうお墓までありますと自在した女性なのでしょうね。
a0105023_20293294.jpg
ここ「鬼無里ふるさと資料館」の中でお祭りにはここから出される屋台を拝見しました。
3台ありましたが現在は担ぎ手がいないという事で1台だけ出されるそうです。
ネットから拝借しました。
a0105023_20260190.jpg
現存するこの屋台は江戸時代から明治時代初期に制作されたもので、鬼無里から切り出されたケヤキ材などが使われているそうです。
制作者は宮大工の北村喜代松とその弟子たちで 木地を生かした「一木掘り」でそれはそれは立派でした。
他の地域の雅やかな色彩の屋台に比べれば地味ですが、一木彫りの美しさは宮大工としての誇りが感じられました。
こういう立派な宮大工に依頼できるだけの財力が当時この村にあったという事だそうです。
麻の栽培やら いろいろ村の生活は豊かであったようです。
他の場所で資料館って言いますと退屈しがちですがここは本当に興味がどんどん沸いてくるようでした。
もちろん館長さんが説明してくださいました。

この後 お寺に・・。「松厳寺」
a0105023_20511398.jpg
a0105023_20520657.jpg
                 奥にお堂があります。 👇
a0105023_20573214.jpg
お堂の名前はこちら 👇
a0105023_22014055.jpg
天井絵が素晴らしいし歴史を感じます。本堂にはもっともっと天井絵がありました。
a0105023_20594504.jpg
立派なお寺で以前は鬼女紅葉を供養する五輪塔などもあったそうです。

ここまでで鬼無里の観光は終わりです。
パンフレットにはこのようなことが・・・ 象の化石が出ているそうです。ロマンがいっぱいの鬼無里でした。

a0105023_22044069.jpg


同じホテル「白馬アルプスホテル」に帰ります。
今日も長くなりましたね~~ごめんなさい。






by yasukon20 | 2017-10-23 22:12 | 旅行(国内) | Comments(14)

信州の紅葉が見たくて vol.3 -奥裾花渓谷ハイキング/続きー

前回の続きで奥裾花渓谷のハイキングです。
奥裾花渓谷はこの地域、鬼無里(きなさ)地区を流れる裾花川の源流部に位置する渓谷です。日本百景に選ばれているそうです。
奥裾花自然園には樹齢300年から400年のブナの原生林が紅葉の時期に黄金色に染まるので、今回のツア-の名「黄金色の鬼無里・ブナ林・・」にもなっています。

そんな自然を見ながらのハイキングは大変気持ちが良く晴れてくれことが何より幸運でした。
水彩画で見るような風景に水も流れる小川があったりしますとホッとする瞬間でもありました。
a0105023_22263698.jpg
近道を行きましょう・・とのガイドさん。 この先 階段が待っておりました(笑)
何段だったか?結構ありましたよ。
a0105023_23035652.jpg
森の中には順番に標識もあり、ツア-でなくても安心して歩けるように思います。
a0105023_22271568.jpg
落ち葉もいいですね~。
a0105023_22273832.jpg
a0105023_22280272.jpg
a0105023_22284068.jpg
a0105023_22285163.jpg
a0105023_22290849.jpg
本格的にカメラをされる方ならもっともっと素敵に撮られるのだろうな~と我が腕の無さにがっかり(^▽^;)
皆様の想像力に期待します(笑)
a0105023_23034041.jpg



雪深い所なのでこういう風に雪の重みによって曲がったガ-ドレ-ルもありました。
a0105023_22292966.jpg
a0105023_22294268.jpg
紅葉 黄葉 もう少し進んでいくのでしょうね~~。
でも大満足の奥裾花渓谷のハイキングでした。 

この後 お昼です。 ・・・さて何が頂けるでしょうか?






by yasukon20 | 2017-10-22 23:23 | 旅行(国内) | Comments(18)

信州の紅葉が見たくて vol.2 -奥裾花渓谷ハイキングー

翌日17日(火) 朝一でホテルの部屋の窓を開けてお天気の確認でした。
前日の雨も上がり青空が見えておりました。

宿泊しました「白馬アルプスホテル」です。
a0105023_23315520.jpg
       ホテルの裏はスキ-場。
a0105023_23531249.jpg

この日は「奥裾花渓谷ハイキング」の日でした。
お天気も良くなって気持ちよくホテルを出発しました。
ここで私の行きました地域を簡単な地図ですが載せますね。 
新潟県 富山県との県堺ですね。
a0105023_13253067.gif

バスで1,2時間走ります。(時間を忘れています・・・)
ホテルのあります小谷村(おたりむら)から南にさがり ある場所から(これも不明…笑)今度は北に向かってバスは走りました。
地理に詳しい人のために書きますが 北に向かってから小川村を通過して鬼無里(きなさ)を通過してさらに北上。
右手に八方山などを遠くにみながらのドライブでした。
目的地 奥裾花渓谷に行く道路は、かの有名な木曽義仲が都に登るために通った道だそうです。
もちろん日本海側から京都に向かったのです。

途中 山肌にはこういう岩と言いますか断層って言うのかが見えております。バスから撮ったので綺麗に撮れていませんが・・。
ケスタ地形というそうです。沢山見ることが出来た鬼無里地区でした。
a0105023_23332481.jpg
a0105023_14090320.jpg
またこのあたりは大昔は海だったそうで海の化石が沢山出土しているそうです。

バスは目的地に着きました。
ここから歩きました。 2時間です。
a0105023_00194762.jpg
a0105023_13361880.jpg

a0105023_23340009.jpg

ただただ美しい景色でした。気持ちが良かったです。
a0105023_23342494.jpg
a0105023_13465908.jpg
a0105023_13472692.jpg

私好みの黄葉です!(^^)! 
a0105023_13474276.jpg
小さな池の水面に紅葉がうつっています。
a0105023_23350428.jpg
a0105023_23345303.jpg
a0105023_23351942.jpg
a0105023_23353492.jpg
a0105023_13565694.jpg
a0105023_23361306.jpg


平成の森広場です。 トイレ休憩の場でもありました。
a0105023_23363550.jpg
全員ここでトイレを済ませて先に進みました。

まだまだ続きます(笑)  続きは次回に・・。



by yasukon20 | 2017-10-21 14:10 | 旅行(国内) | Comments(18)

信州の紅葉が見たくて vol.1 -白馬岩岳からー

毎年紅葉の時期になると 東北へ 信州へ と気持ちが逸るのですがそれきっりで実現できないでいました。
個人旅行をしようと思うからなかなかなのです・。気力が年々衰えている証拠です(*´ω`)

今回はJR西日本のジパング倶楽部の企画に参加しました。
ツア-ですとお天気が悪いからやめよう!!・・なんて言えないので後悔する事も多々でしょうが 幸いこれまで参加した企画3回のジバング倶楽部の旅は好印象で(お天気も含めて・・)すぐに決めました。

ツア-名は「黄金色の鬼無里 ブナ林と岩岳ねずこの森 3日間」

信州(長野県)は下の方(地図でいいますと・・笑)にはちょこちょこ行きますが、いわゆる北部には行ったこともなく、地理もよくわかっておりません。今回いろいろ驚かされ自分の勉強不足を恥ずかしいと思いました。

さて前置きはこのあたりにしまして旅の話へと参ります。

10月16日(月) 広島駅午前7時発「のぞみ」で新大阪へ。
新大阪で大阪から乗車されています添乗員さんと、ご一緒に旅しますお仲間たちと「サンダ-バ-ド」で合流。
途中 京都駅から 福井駅からも乗車されるお仲間たち。
金沢駅で北陸新幹線「はくたか」に乗り換え。 その間に昼食は各自済ませておく。
糸魚川で下車。 
駅で現地ガイドさんと合流。 バスで白馬へと移動です。

ここからゴンドラに乗りました。再三書きましたのでお分かりですがこの日は雨、雨でした。
a0105023_10243727.jpg
お天気なら白馬三山(白馬槍ヶ岳/杓子岳/白馬岳)が綺麗に見えるそうです。
残念ですが次の機会があるよう願いました。
ゴンドラから見る景色もこんな風です(*´ω`)
a0105023_10245516.jpg
山頂までいき再度身支度を確認し「ねずこの森」へと入っていきました。
a0105023_10251710.jpg
雨て煙っています森もなかなか綺麗でした。 
晴れでは観られない風景が沢山ありますよ!!って慰めでもないと信じますがガイドさんの言葉を嬉しく思いました。
a0105023_10271988.jpg
標高1250mぐらいの場所を歩いております。
森のなかは「ブナ」「ミズナラ」の木が多いのですが、その森も守っているのが「ねずこ」の木なのだそうです。
森の中は適度の空間が保たれ、日が射せば柔らかな日ざしが差し込んでくる様子が想像できます。
雨で一層マイナスイオンが増して気持ちだけは爽快でしたね(笑)
こういう機会もそうそうはないでしょう・・。

時には雨宿りです。 あずま屋があるのです。
はっきりしない森の木々たちですがそれでも紅葉しているのが確認できみんなと「綺麗ですね~~」って感動するです。
a0105023_10253383.jpg

a0105023_10275469.jpg

ここを下っていきますと「ねずこの兄弟」の木が3本ありましたが 再三言いますが(笑)雨でカメラもままならぬ状態でした。
だから兄弟が撮れませんでした。

でもここでは皆さん カメラ カメラ・・でした。 森の主のような感じですね。
樹齢200年以上だそうです。
a0105023_10261654.jpg

           記念撮影です。
a0105023_10263569.jpg

足元には沢山の落ち葉があり 晴れていれば落ち葉を踏んでいくのも気持ちがいいだろうな~って思いました。
しかし雨のお陰で植物たちも元気でした。
いろいろ説明を受けましたがこれだけカメラを向けられました。
梅花黄連の葉だそうです。 いきいきして元気そうですよね。
春には可愛い花を咲かせてくれるのでしょう。葉も可愛い!!
a0105023_10281368.jpg

雨の中 2時間近く森の中を歩きました。

この日はこれで終わりでした。ゴンドラに乗って山を下りました。
たまたまお隣に座れたかたが広島市からおいでの方で話が弾みました。
もちろん野球の話(笑)その方沢山の広島カ-プのグッツを身に着けておられてすぐファンだと分かりました(笑)
本物のファンとはこういう方のことでしょう(笑)

バスに乗ってホテルへと・・・。

雨の白馬岩岳でした♪




by yasukon20 | 2017-10-20 11:21 | 旅行(国内) | Comments(14)