母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(543)
(460)
(284)
(247)
(187)
(123)
(104)
(92)
(85)
(79)
(76)
(72)
(69)
(67)
(66)
(53)
(52)
(52)
(50)
(47)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・梅雨の徒然
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金生活でも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

★☆銀河☆さん おはよ..
by yasukon20 at 07:18
★banban0501さ..
by yasukon20 at 07:10
まあ、珍しいものばかり!..
by doremi730 at 23:33
 小笠原、硫黄島クルーズ..
by ☆銀河☆ at 22:55
谷がない山で 川がない ..
by banban0501 at 22:33
★oshibanayos..
by yasukon20 at 22:30
★kawasei1008..
by yasukon20 at 22:27
★あっちゃん こんばん..
by yasukon20 at 22:24
↑kawasei様と同様..
by oshibanayoshimi at 19:19
島の生態系、いろいろある..
by kawasei1008 at 18:54

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「殿、利息でござる!」こ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
【「ekki BAR&G..
from お散歩アルバム・・初夏の日差し
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
【やまびこのグランクラス..
from お散歩アルバム・・夏本番
【軽井沢タリアセン・旧朝..
from お散歩アルバム・・暑い夏
【軽井沢タリアセン・ペイ..
from お散歩アルバム・・暑い夏

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2016年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

道南の旅 (残念な日となりました、ニセコから積丹へ)7/10

翌日 7/10 この日はこんな競技会が有ったのです。
今回から国際大会になったそうです。
a0105023_10215045.jpg

前日 宿に到着した際 「明日はどの方面に行かれますか?」と尋ねられました。
ニセコパノラマラインを降りて積丹半島に出る予定です。
「パノラマラインが交通規制がかかっており通れない場合もありますからご承知ください。」と言われて、夫は「えっ! 困るよ!!」って口から出ましたがどうにも仕方がないことです。
ちゃんとチラシにも書いてあります。
a0105023_10261226.jpg

時間帯を早めて出発するしかないようでした。

まぁ~明日にならなければ分からないわ!!・・と のんきな私ですがこういう場合二人が慌ててはどうにもなりませんよね(*^^)v

朝食です(笑)変な方向から撮っていますね(';')
a0105023_10285429.jpg
a0105023_1029165.jpg
a0105023_10293768.jpg

この朝 雨が降りそうでしたが何とか持つかな?って思っておりましたら まぁ~バケツをひっくり返したような土砂降りの雨が降ってきました。まだ部屋にいたので良かったのですが・・。
出発時にはホテル前で写真を撮ってもらえたように雨が上がりました。

まだパノラマラインは通過できそうとの情報を頂きました。「途中で止められる可能性もありますが・・」とのお言葉もあり!!
まぁ~行けるところまで・・と出発しました。
そうしましたらまた物凄い土砂降りになりました。
パノラマラインの素晴らしい景色など全然見えませんでした(笑)
しかし雨だからか 時間が遅れているのでしょうか 交通規制はなくてすんなり山を下りられました。
途中応援の皆さんが傘をさして 寒そうに(本当にこの朝は寒かったのです)道路側に立っておられました。その後どうなったのでしょうか? 

前日の賀老の滝の残念に続いて 今度は私もがっかりしました。
ニセコパノラマラインの景色が見られなかったこと 残念 残念!!

晴れていれば美しい日本海を見ることが出来ます海岸を走りました。
途中 トイレ休憩(笑)した道の駅です。ここも「にしん街道」に有りました。
a0105023_1041249.jpg

ここです。拡大出来ます。元がブレています、積丹半島だけわかっていただければ・・(笑)
a0105023_10433383.jpg


神威岬に向かいます。
なんせお天気が悪いのでどれも画像が綺麗でなくて残念です。
やはり外せない観光地なのでしょうね、観光バスがいっぱいでした。
到着 ここから岬に向かって歩きます。20~30分。
行っても見えるの?っていう感じですが・・せっかくです。進みます!!
最初の「地球岬」よりはいいでしょ(笑)
a0105023_10505033.jpg

少し行って振り返ればこんな感じです。 ここでは中国の方 韓国の方 大勢でした。
a0105023_10523259.jpg

景色がいまいちなのでお花に目が行きます。可愛いですね。
a0105023_1132345.jpg

a0105023_10582645.jpg

道が下っていきますが狭いし またこれを帰りには登ってこなくてはならないという恐怖にかられました('◇')ゞ
全然わかりにくいのですが(笑)伝説の「念仏トンネル」と呼ばれるトンネルが上からかすかに見えました。
a0105023_1195626.jpg

以前から海難事故が多かったこの海岸、灯台守の奥様と娘さんが海難事故に遭ったことで、トンネルを作ることにしました。岬の西側と東側から掘ったのはいいのですが、測量技術が未熟だったこともあり、トンネルの中央で食い違いがおきました。ところが、村人が犠牲者の供養も含め、双方から念仏を唱え鐘を鳴らしたところ、その音で進む方向がわかり、トンネルは無事開通したそうです。以来「念仏トンネル」と呼ばれるようになったそうなのです。大正3年ごろのことだそうです。

遠くに灯台が見えます。岬まで通じている真ん中に写っている道がわかりますか?
そこを歩いて岬の先まで行きます。
a0105023_14273751.jpg

灯台が近づいてきました。
a0105023_11141998.jpg

a0105023_11144983.jpg

神威岬と検索されますと本当に綺麗な海を見ることが出来ますのでお勧めしました。
私の画像は全然ダメです(+_+)
こちらも伝説の岩です。 源義経にまつわる悲恋のお話しがあるようです。
こんな所まで義経さんは逃げてこられていたのですね~~悲しいことです。
a0105023_11171752.jpg


良かった拡大して読んでください。
a0105023_11175761.jpg


a0105023_11213729.jpg

この近くで夫は美味しい海鮮丼を食べたかったのですが 私がもう「お昼にしようよ!!」と空腹を訴えて(この先お店があるのかどうかも不安でした・・)駐車場にあるレストランでお昼にしました。
結構皆さん入っておられましたね~~ツア-の方々のお昼でもありましたね。
またラ-メンに挑戦(笑)
a0105023_1126408.jpg

どうしたのでしょうね~~どうも美味しいと思えなくて!!
本州でいろいろアレンジされたラ-メンを食べすぎているのかも知れませんね。
こういう素朴な味が本物なのかもしれません。

次はまた灯台を見に来ます。
by yasukon20 | 2016-07-31 12:00 | 旅行(国内)

道南の旅 (ニセコ昆布温泉 杢の抄/お料理♪)7/9

杢の抄での夕食を載せておきます。

今までの和風旅館とは違ったセンスが光っていたように思います。
量も丁度良かったかな~~♪

食事はお食事処へ案内されました。
a0105023_955848.jpg

それでは始めましょう♪

ここで最初はその夜はビ-ルで・・♪
希望として「サントリ-のプレミアム!」ってお願いしましたが 「申し訳ありません。
サッポロビ-ルしか置いてなくて・・」と。 ごもっともです。ここは北海道です(笑)
a0105023_9195263.jpg

a0105023_983525.jpg
a0105023_985699.jpg

a0105023_921021.jpg

a0105023_914884.jpg
a0105023_992615.jpg
a0105023_99383.jpg
a0105023_995443.jpg

a0105023_916205.jpg
a0105023_9101554.jpg
a0105023_910326.jpg


a0105023_9364350.jpg


今回の旅ではなくても今まで泊まったホテルでもバ-の利用はよく勧められク-ポン(・・っていうのでしょうか・)もいただいていましたが一度も行ったことが有りませんでした。
未経験です!!
しかし雰囲気がそうさせたのでしょうか・・・。
行きました。
a0105023_9252759.jpg

若い方はそれぞれに楽しんでおられましたね~。 
まずはこちらを夫がお願いしました。
a0105023_9272291.jpg

私はこちらです。
a0105023_9273995.jpg

居心地が良かったのでしょうね。普段あまりアルコ-ルを飲まない夫ですがウイスキ-などお願いしてしまって。「大丈夫?」って声をかけました(笑)
a0105023_929378.jpg

時間をかけてゆっくり話をしながら お酒はこうでなくては美味しくないですね。
道南の旅の最後にはニッカウイスキ-も訪ねましたのでご報告しますね。

ここでも皆さん くつろいでおられました。
a0105023_9324243.jpg

前回載せましたこの場所です。☝
a0105023_935831.jpg

薪が燃やされていました。
夏とは思えないですよね。


ちょっとばたばたしておりますのに旅の日記だけは。。と思っております。
なかなか皆さまのところにお邪魔出来なくてごめんなさい。
コメント欄も少し閉じさせていただきます。
by yasukon20 | 2016-07-30 12:45 | 旅行(国内)

道南の旅(ニセコ昆布温泉の宿にて)7/9 

賀老の滝に行きたいと思った時点では雨が心配でしたが どうにかこの日雨は降らないで持ちました。
一度は足を踏み入れてみたいと思っていたニセコにやっと着きました。
山深くに(そう感じました)あります宿に行きますのに車のナビを頼りにの運転でした。

a0105023_1181658.jpg

木がふんだんに使われている宿ですが、今まで宿泊してきた宿とはまた全然雰囲気が違って少し
緊張(笑)  ニセコ昆布温泉「鶴雅別荘 杢の抄」です。

a0105023_97042.jpg

でもこの最初のおもてなしでほっと安心♪  そう他の宿と違いませんね。
a0105023_11103111.jpg

冷茶とみそまんじゅう・・・美味しかったです。
a0105023_6223520.jpg


いろいろ説明を受けながら部屋へと案内してもらいました。
こちらではすでにお客様がくつろいでおられました。
寝そべって本を読まれていたり・・自由な雰囲気♪
a0105023_85987.jpg

それではまずはお部屋を・・(笑)
a0105023_11132374.jpg

リモコン入れもおしゃれです。
a0105023_11135561.jpg

ベットル-ム。
a0105023_11142921.jpg
a0105023_11145770.jpg

宿泊料に入っていますのでドリンクは自由にいくらでも・・と言われました(笑)
冷蔵庫の中もです。
飲まない人は宿泊料を割り引いて・・なんて声は出ないでしょうか・・。
お酒 飲めない人は残念ですし、悔しいことでしょうね(笑)
a0105023_11152246.jpg

洗面台。
a0105023_1115537.jpg

写真撮影はこのへんで終了し 足湯に入りに行きました。
雨が降ってなくて良かったです。
a0105023_11175688.jpg

この場所で早く着かれた方は疲れを癒されている感じでしたね~^のんびりと♪
a0105023_11185564.jpg

足湯に使って前の景色を眺める・・最高です。
緑豊かです♪
a0105023_11194533.jpg

by yasukon20 | 2016-07-29 09:43 | 旅行(国内) | Comments(8)

道南の旅(賀老高原からニセコ昆布温泉へ)7/9

また道南の旅を続けたいと思います。
お付き合いいただければ嬉しいです。

7/9の朝 銀婚湯の里山ともいえる広大なお庭を散策し終えてから 次の目的地である賀老高原を目指しました。
この日のお天気はいまいちで、いつ雨が落ちてきてもおかしくない空模様でした。

銀婚湯から賀老高原まで113キロ 2時間30分の行程です。
途中の道の駅「よってけ島牧」も良いよ!!っていう情報を得ていましたのでまずはそこを目指しました。
a0105023_22274557.jpg

「にしん街道」と言われる街道筋に有りました。
ここに12:00に着きましたのでお昼をここですることにしました。
ここではホタテとか牡蠣を焼いて食べられるようになっていてそれが人気なのだそうです。
しかし私はホタテがそう好きでもないし、牡蠣もまぁ~食べなくていいかな~~?って思って、
ごく普通にこんな物を注文しました('◇')ゞ
大好きなカレ-ライス♪
a0105023_22321682.jpg

久しぶりに食べたカレ-ライスの美味しい事、最高でしたよ。
夫は「ほっけ定食」またこちらも美味しかったそうです。安上がりなお昼でした(笑)
a0105023_22335466.jpg


ここから賀老の滝に行こうと思っていましたが売店の方にお聞きしますと「このお天気ではちょっと大変かもしれませんね。往復小一時間は歩きますからね~~」と消極的なお返事でした。
でもどうしても夫はその滝を見たいのです。 トレッキングシュ-ズも持参しています。
「まぁ~近くまで行って見よう!!」と ・・・。

賀老の滝への入り口 駐車場に着きました。
車が2台しか停まっていません。 寂しい~~!
それに空を見上げれば今にも降ってきそうな空模様でした。
a0105023_2246731.jpg

ここで普通なら「よし!! 行こう。」って私が声を出すところですが、以前にも書きましたように少し咳がでていてここに至って体調がいまいちでした。
途中で歩けなくなるかも知れないと思うと思い切った行動が出来なくなっていました。
諦めました!!  もう行くことは無いでしょうから夫が物凄く残念がりましたが 理由をお天気にしてくれたので少し気休めになった私です。

山の道を下り日本海側を走ります。
a0105023_2250503.jpg

次の目的地は「名水の郷 京極」でした。
羊蹄山のふきだし湧き水なのです。「道の駅」もあり賑わっておりました。
まぁ~綺麗な場所に出て 感動しました。
a0105023_22551912.jpg

熊本の白川水源の湧き水を思い出しました。
a0105023_22571975.jpg

a0105023_2332013.jpg

a0105023_22581327.jpg

a0105023_22583254.jpg

ここでマイナスイオンを沢山吸い込んで私も元気になりました。
雨も運よく落ちてこなくて綺麗な湧き水を堪能しました。

さぁ~この日の宿泊地 ニセコ昆布温泉を目指します。
鶴雅別荘 杢の抄」です。
a0105023_23121536.jpg



続きは次回に・・♪
by yasukon20 | 2016-07-28 07:21 | 旅行(国内) | Comments(12)

ちょっと高知へ・・

月、火曜日と用事があり高知まで行っておりました。

頂いていますコメントのお返事も遅れていますがお許しください。
北海道旅行も途中!!  すぐまた始めさせていただきますので宜しくです。

用事が終わって「桂が浜」に初めて行ってみました。
a0105023_17355228.jpg

お天気が良くて海の色も綺麗でした。太平洋だぁ~~~!!
a0105023_157198.jpg

竜馬さんの像も見上げてきました。(綺麗に撮れていませんね・・涙)
物凄く高いと所にお立ちなので・・難しいですね。
a0105023_1544242.jpg

連れの方の撮影風景・・(笑)台座が高いでしょ。
a0105023_15181522.jpg

浜辺で立派な「土佐犬」に出会いました。
写真撮らせていただけますか?・・とお尋ねしましたら 駄目だと言われました。
申し訳なさそうに・・。 
若いお兄さんでしたが もう老犬とも言える「ごん君」のお散歩を任されておられるようでした。
テレビでもよく映る有名犬なんだそうです。 
立ち止まって丁寧に私たちの質問を聞いて下さり答えて下さった若者。
爽やかでした。

予定外の行動で日傘も持たず桂が浜を歩いたので、紫外線100%あびてしまいました(/・ω・)/
涙 なみだ なみだ・・・。

少しだけのご報告でした。
コメントのお返事させていただいてから次へと移らせていただきます。
by yasukon20 | 2016-07-27 15:18 | ひとやすみ

ピ-ス・ア-チ・ひろしま クラシック・コンサ-ト

a0105023_17474138.jpg

土曜日 行ってきました。
「平和の願い」が広島からいろいろな形で発信されています。
その一つが音楽です。
この時期 たくさんの音楽家が広島で演奏され平和の尊さを世界に向けて発信しておられます。
その一つに土曜日 出かけてきました。

会場へと向かう途中 広島平和公園では8月6日の記念式典への準備が進められておりました。
昨年度から出来たテントです。
これがあるなしでは大いに違いますね~~。71年前の8月6日を忘れないためには暑い暑い朝も
必要かもしれませんが、やはり健康が第一です。
参列者のためにもテントは必要でしょう。クレ-ンが動いておりました。
a0105023_17543828.jpg


午後3時開演。
a0105023_1805293.jpg

プログラム 拡大出来ます。
a0105023_18131367.jpg


ピアニストの小林愛実さん、20歳ですがとても柔らかいタッチで美しいピアノを聴かせてくださいました。
第九は年末に演奏されることが多いのですが広島は夏に・・と湯崎広島県知事が挨拶で言われました。平和を歌いあげる「合唱」広島では夏がふさわしいことでしょう。
私 生で初めて第九を聴きましたので感動しました~~♪


残念だったのはマナ-がいまいち・・・。
私の前の奥様 途中でのど飴を出すためにごそごそ・・周りの方も後ろを振り返ったり 横の方も顔を見たり。 私は斜め後ろで、もう気になってきになって。
きっと咳が出そうなのでしょうけど あの袋の音は意外に響きます。
その後 お腹がすいたのか、クッキ-を出してまた音をさせながら出されて口にいれ、ペットボトルからお茶を飲んで・・。(全部見えるのです・・涙)
お隣のご主人さまが注意されていましたが 時計を指さしておられて、きっと「もう5時だから・・」とかなんとか お腹がすいたという事なんだろうと私が勝手に想像したのです。
もうこういうのは気になってきたらどうしうもありませんね(笑)
どういう奥さまだったのでしょうか・・。ご高齢者でした。


この日 もう一つ 娘と共に挑戦したことが有りました。
大竹しのぶさんの舞台のチケット購入です。
a0105023_21201767.jpg

先行予約のハガキが来ていましたので(娘宅にも来ていたのです・)一緒に電話をかけてみることにしたのです。
午前10時から。 なかなかつながりません。
11時まではなっていませんでしたが娘から「繋がったから電話はもう掛けなくていいよ。」とメ-ルが来ました。
取れたそうです。
まだまだ先 11月の話です~(笑)
楽しみになりました♪  
by yasukon20 | 2016-07-25 12:00 | 日々の出来ごと | Comments(28)

新鮮な気持ちでスタ-ト♪

旅の日記 ちょっと休憩です。
すぐ再開します。だから忘れないでくださいね(*^▽^*)


kakoちゃん宅のサロンへ21日(木)、今回から気持ち新たに・・でした。
今まで私の希望で「吊るし雛」を2年以上も付き合ってくださいました。
その後、母の着物でクッションを作りました。

さぁ~今回からはサロンの皆さんがすでにお作りになられている作品を少しづつ教えて頂くことになりました。
そしてもう一つ 新しいこと♪
それは過日 コンサ-トでお会いしたyuriちゃんですが今回からご一緒させていただくことになりました。

yuriちゃんは今 可愛いお座布団を作っておられて完成間際でした。
写真撮らせてもらうのを忘れました~(+_+) 次回にお願いします。
可愛くてその上にお尻なんて乗せられないなぁ~って思うほどなのですよ。

私が今度から作りますのは ソーイングケ-スです。以前から欲しかったのです♪
こちらはkakoちゃんのです。長年使われています。
a0105023_12373991.jpg

中は・・
a0105023_1237534.jpg

細かい所がいっぱいです。
私が「ここはいいわ~(いらない)」と言いますと
kakoちゃん 「駄目! いります。」
yuriちゃん 「そうよ、みんな作ったんだから!!」と追い打ち(笑)
yuriちゃんもわざわざもってきて下さいましたのにこちらもカメラ向けなくて残念。
型紙を作る作業から始まり たくさんの細かいパ-ツです。
a0105023_1241383.jpg

この型紙の切り方ですが ↓ 回りに線が残っています。こういう切り方はいけないそうです。
線が見えないように切らないと寸法が正しくならないそうです。
そうだな~っって納得でした。ちゃんと切りなおそうと思います。
a0105023_12432923.jpg


宿題です。出来るところまで・・なんて勝手に思っております。
a0105023_12493716.jpg

材料はkakoちゃんが全部提供してくださいました。 有難う~kakoちゃん♪

手芸の話に夢中になりました。
美味しい冷茶を準備してくださっていました。 美味しい!!
a0105023_12511355.jpg

水差しがとっても素敵です♪

そうそう「あんちゃん」も浴衣姿でお座りしていました。
a0105023_1252795.jpg

帯も素敵です。帯は何十年も前のお宮参りの着物の一部だとかお聞きしました。(間違ってない?kakoちゃん・(笑)) 可愛いバックも素敵・・。
a0105023_1253264.jpg
a0105023_12534761.jpg

実は私のワンピ-スの一部をあんちゃんに・・と思ってもっていきましたら素敵にアレンジしてもらいました。
その写真も撮ってないですね~~次回にはぜひ。あんちゃんが着替えをしてなければ・・(笑)
by yasukon20 | 2016-07-24 06:53 | 日々の出来ごと | Comments(18)

道南の旅(銀婚湯での散策)7/9

今回の旅で5泊しましたが、ここ「銀婚湯」はきっと私の中でいつまでも心に残る旅館ではないかと思います。
決して豪華ではありません。
静かな佇まいの中に旅館の方々の心なる「おもてなし」を感じました♪
もし皆さんもこの地方にご旅行されます時はご一考を・・・(笑)

さてゆっくり9万坪もあると書かれています敷地内を散策したいために先にチェックアウトしてからお庭の探検に出ました。
a0105023_1051431.jpg

前夜 ホタル観賞をしたところです。 旅館のすぐ後ろあたりになりますが、夜は足元が危なくない車道を通りましてこの場所にきましたが庭の入り口から入りますとすぐでした。
a0105023_1074438.jpg


画像を忘れていますが少し歩きますと「つり橋」と書いてある場所に出ました。
昨夕、野天風呂(杉の湯)に行きました時の別れ道から言うと左側に進みます。
有りました~~!
a0105023_10131224.jpg

この「危険」という字が私をますます怖がらせます(笑)
決まりを守れば怖くないことではありますが・・。
ゆらさない 5人以上では渡らない・・などなど。
a0105023_10143452.jpg

でも怖いですね!!! 下に流れるのは落部川です。
a0105023_1015127.jpg

つり橋の向こうからお庭の手入れをされている方が渡ってこられて「落ちようと思っても落ちないから大丈夫ですよ。」って、そうは言われてもと思いながらもこの橋を渡らないとどこにも行けません。

思い切って渡りました。
そうなのです。このつり橋を渡らないと私が前夜入った野天風呂以外のお風呂はこちら側にあるので、入られないのです。
もし前夜 旅館の履物(つっかけで・・)で渡るとなるとそれこそ怖くてお風呂も諦めたでしょう。
a0105023_10231466.jpg

「杉の湯」が空いていたのは神様のご褒美かも・・(笑)

つまらない事にお時間を取りました~^すみません。

庭というより里山散策ですね。 少し行きますとこんな場所もありました。
代々 植樹されてきたのでしょう。
a0105023_10272583.jpg


ゆっくりゆっくり歩きながら森林浴を楽しみました。
真っ赤なもみじがいっぱいです。
たしかその向こうに「もみじの湯」がありそうですね。
a0105023_10311681.jpg
a0105023_10312889.jpg

a0105023_10314471.jpg

途中に有りました、「トチニの湯」です。
a0105023_1032896.jpg

人の気配を感じて 入浴中かもしれませんので通過しました。

途中ベンチもあり落部川の流れを眺めてゆっくり出来ました。
a0105023_10412256.jpg

「もみじの湯」の前にきました。
a0105023_1044835.jpg

こちらは入り口が開いておりましたので中に入ってみました。
こんな風なお風呂です。
a0105023_10445199.jpg

脱衣所です。どのお風呂も材料はみなこの敷地内から調達(笑)されているのでしょうね。
なかなか他では見られない風景ではないでしょうか・・。
ここも入ってみたいです。
a0105023_10451083.jpg


帰りもあの怖い「つり橋」を渡りました。 
逃げ道は有りませんでした(笑)
a0105023_11585863.jpg


最後に敷地内から湧出する5本の源泉がどのように配管されているのか 私自身の記録としてここにパンフレットから撮りました部分を載せておきます。(拡大出来ます)
a0105023_10575912.jpg



ゆったりと出来た秘湯、またの機会が欲しいですがどうでしょうか・・。

沢山の感謝を思いながら次へと向かいました。
by yasukon20 | 2016-07-23 06:56 | 旅行(国内) | Comments(16)

道南の旅(温泉旅館 銀婚湯)7/9

「温泉旅館 銀婚湯」について少しばかり・・・。

何とも面白い名前だと最初思いました。
パンフレットによれば そもそも上の湯温泉は落部川の中流中州より湧出する名湯として、数百年昔からアイヌの人々が常浴していたそうです。
旅の初めに行きました「アイヌ民族資料館]で名前を知りましたが「松浦武四郎」(江戸時代末期から明治にかけての探検家、浮世絵師、蝦夷地を探査し、北海道という名前を考案した) が浴し 初めて全国に紹介されたのだそうです。

当時は温泉の湧出量も少なかったそうですが 大正14年5月10日に現在の銀婚湯の先々代が熱湯の大量沸出に成功したのです。
その日が大正天皇の銀婚式に当たっていたので「銀婚湯」と名付けたそうです。
今や銀婚式を迎えられたご夫婦やまたあやかりたいと新婚旅行で来られる方が多いとか・・。

まぁ~これぐらいにしまして 次の朝の朝食です。
夕食と同じお食事処へ行きますが部屋は違っていました。
a0105023_2272860.jpg

他の宿に比べて少な目に見えましたが、丁度良い量の朝食です。 
a0105023_229292.jpg

a0105023_2292982.jpg

そのお味噌汁です。
a0105023_22103010.jpg

a0105023_22104962.jpg
a0105023_2211216.jpg

何とも懐かしい感じがしますね~。ここでおしゃべりも楽しかったです。
a0105023_2217721.jpg
a0105023_22173149.jpg

 
少し撮り方が悪くてよく見えませんが提灯に「日本秘湯を守る会」と書いて有ります。
a0105023_7175288.jpg

チェックアウトの時頂きました。
a0105023_2231293.jpg

日本全国に有ります秘湯と言われる温泉。 その宿に宿泊をしてスタンプを押してもらう。
10軒スタンプが貯まれば無料で1泊招待・・との事です。
こうして皆さんで秘湯を守っておられるのですね。
a0105023_22325187.jpg

広島から近い所では熊本県に有ります黒川温泉のお宿が載っております。
いつか行きたいと思っています黒川温泉です。きっと機会を作りたいと思います。

次は9万坪もあるという敷地内の様子を載せたいと思います。
by yasukon20 | 2016-07-22 07:19 | 旅行(国内) | Comments(18)

道南の旅(上の湯温泉 銀婚湯)7/8

凾館観光を終えて、その日の宿泊地、上の湯温泉へ向かいました。
宿は上の湯温泉に有ります「温泉旅館 銀婚湯」です。

銀婚湯のパンフレットに有りました地図を載せておきます。
a0105023_2035110.jpg

最初の希望としては函館から松前に行き 江差方面へと思っておりましたが どうしてもこの「温泉旅館 銀婚湯」に宿泊したくて日本海側まで出るのは時間的に無理が有りますから諦めました。

銀婚湯には午後4時ごろには到着しました。
a0105023_209757.jpg

本館の方に部屋は有りました。本館の廊下です。
a0105023_2095326.jpg

お部屋の画像がこれ一枚しかありませんでした。
a0105023_2115453.jpg

エアコンは無くて扇風機でした。しかし涼しくて使う事を有りませんでした。
a0105023_213159.jpg


この旅館は広大な敷地に恵まれ、その庭を散策するのもまた一つの楽しみでもありました。
その広大な庭に「隠れ野天風呂」があり、それも皆さんの楽しみでもあります。
私たちがチェックインしている時に、先客さんが「どこの野天風呂が空いていますか?」って聞かれておりました。一つだけ今空いていますと言われて その野天風呂の木札を貰われて出て行かれました。

私たちも一服して浴衣に着替えてお風呂に入りに行きました。
空いていれば入れますが・・・。
「一つだけ空いています。」と言われて そこへの道のりが書かれている地図で説明を受けました。
こちらです。拡大できますよ♪ 「杉の湯」だけが空いていました。
a0105023_21131723.jpg


ここが庭への入り口です。
a0105023_21165558.jpg
a0105023_2117930.jpg
ここからさらに歩きます。私たちが行きますのは「杉の湯」です。
a0105023_21171722.jpg

やっとお風呂が見えてきました~~。「杉の湯」です。
a0105023_2118672.jpg

木漏れ日がとってもいい感じです。
a0105023_21232440.jpg
a0105023_21235320.jpg
a0105023_21242122.jpg

こういうお風呂は私は少し苦手ですが でもここは綺麗に清掃もされていてとっても気持ちよく入ることが出来ました。

もちろん本館には大浴場もありますよ、ご安心を(笑)

ゆっくりとお湯につかりまた来た道を帰ります。
旅館の入り口近くに有ります「足湯」にも行って見ました。ここは見るだけで・・。
a0105023_21262257.jpg


夕食はもう決まっていて午後6時からでした。
お食事処へ行きます。
まぁ~と目を丸くするぐらい沢山のお料理でした。
a0105023_22174952.jpg

どこの焼酎だったのか忘れてしまいましたが焼酎です。
夫も珍しく水割りで飲んでおりました。
a0105023_21452019.jpg

最後あたりに大好きな天ぷらが出てきてこちらも食べなくては・・(笑)
特別に出してくださったそうです。どうして?(笑)
a0105023_21462536.jpg

ごはんと味噌汁。
a0105023_22205688.jpg

水菓子と蒸し饅頭。饅頭はお部屋に持ち帰りました。もう入りません!!
a0105023_22213854.jpg

お昼に食欲がなくラ-メンも美味しく感じられなった私ですのにまぁ~なんと全部美味しく頂きましたよ♪ どうしたことでしょうか・・(笑)
a0105023_22275944.jpg


この後 思いがけなく「ホタル見物」が行われました。
希望者だけという事でお庭の中を流れる小さな川沿いに連れて行ってくださいました。
カメラは駄目でしたので画像が有りません。
源氏ホタルでした。今年は早めにホタルが出たそうで 例年なら今の時期が一番多いのですが・・とのことでした。
それでもなんの何の綺麗に飛んでおりました。幻想的でした~~♪ 日本の夏を体験できた喜びが沸いてきます。
皆さんも感動の声を上げておられました。

それから大浴場に入って「おやすみなさい」でした。
by yasukon20 | 2016-07-20 22:57 | 旅行(国内) | Comments(8)