母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(552)
(467)
(292)
(249)
(188)
(123)
(105)
(92)
(92)
(81)
(76)
(72)
(69)
(68)
(67)
(53)
(52)
(52)
(50)
(48)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・夏本番
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金生活でも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
バリ島大好き
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

★anello63さん ..
by yasukon20 at 06:10
こんばんは。 気になっ..
by anello63 at 00:27
★アラックさん こんば..
by yasukon20 at 21:02
★rabbitjumpさ..
by yasukon20 at 20:53
★coppoumonさん..
by yasukon20 at 20:49
雨ばかりですね。 長雨..
by umi_bari at 18:57
kotoちゃんも来年は1..
by rabbitjump at 16:05
ありゃ。 ムートン・キ..
by coppoumon at 15:39
★あっちゃん こんにち..
by yasukon20 at 14:18
★野いちごさん こんに..
by yasukon20 at 14:16

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「殿、利息でござる!」こ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
【「ekki BAR&G..
from お散歩アルバム・・初夏の日差し
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
【やまびこのグランクラス..
from お散歩アルバム・・夏本番
【軽井沢タリアセン・旧朝..
from お散歩アルバム・・暑い夏
【軽井沢タリアセン・ペイ..
from お散歩アルバム・・暑い夏

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

暫く・・・・

7月も今日で終わりですね♪
早いです~~。

マンゴ-ジャムを作りました。
a0105023_20153049.jpg

ブル-ベリ-ジャムも作りました。
a0105023_2020654.jpg


娘への土産にしようと思っていましたが マンゴ-ジャムは要らない!!って。
上海は甘いものが多くて ジャムの使い道も少ないようです。
ブル-ベリ-ジャムと以前作った生姜ジャムを持っていきましょう。


そうです~~明日8月1日から暫く(どれくらい?・・笑)上海に行ってきます。
娘から頼まれたものの一部。
a0105023_11404557.jpg
その他 Hanaの物など今週は買い物に行ったりきたり♪
娘が上海からネットで購入したものが我が家に送られてきています。
それもス-ツケ-スに詰め込んで 満タンです!!


買い物の合間に立ち寄った本屋さんで また読みたくなって手に取ってしまいました。
積読の本が沢山あると言うのに・・・(^^ゞ  角田光代さんの本 魅力を感じます♪

a0105023_212256100.jpga0105023_2123208.jpg










直木賞の作品は毎回買っているので これも反動で・・(笑)

義姉の本箱の中にあった 茨木のり子さんの詩集です。
a0105023_2127129.jpg
茨木のり子さんの本が欲しいと思っていたので 以前、整理に行ったその時貰って帰りました。
上海までのフライトで読みたいのですが 一時間半の中で飲む食いして 読書の時間があるかしら?(笑)


詩集「依りかからず」から 一部を抜粋。
「苦しみの日々 哀しみの日々」から

    苦しみの日々
    悲しみの日々
    それはひとを少しは深くするだろう
    わずか5ミリぐらいではあろうけど

    さなかには心臓も凍結
    息をするのさえ難しいほどだが
    なんとか通り抜けたとき 初めて気づく
    あれはみずからを養うに足る時間であったと

    少しづつ 少しづつ・
・・・(まだまだ続きます・・・yasukon)

母の介護をしていた時のこと何かにつけて(詩を読んでも・・)思い出します。

まことに。。。と共感♪



明日の朝 出発です。
暫くお休みさせていただきます。
皆様の所にお邪魔できずに出発です。すみません。
頂いたコメントは上海で読ませていただきます。お返事も必ずさせていただきます。
帰りましたらまたよろしくお願いいたします。



a0105023_14184518.jpg

by yasukon20 | 2010-07-31 23:00 | 日々の出来ごと | Comments(26)

EXILEに魅了されて・・・。

7月24日(土)と25日(日)の二日間 広島ビッグア-チでEXILEのコンサ-トが行われました。
二日間とも5万人のファンで埋まりました。

ファンではない人も行ってたり・・・・・私です(^^ゞ
広島ビッグア-チでのコンサ-トがある時はいつも 近くの住民には特権が有ります。
「先行予約」です。
野外コンサ-トの音量は物凄いです。 近所迷惑です、ファンで無い人にとっては。
そのような状況のあるものですから 先行予約は近所の住民へのお詫びのしるしですね。
今まで 「SMAP」も「ミスチル」も この先行予約でチケットがゲットできました。  
今回も難なくチケットが手に入ると思っておりましたが いやいや先行予約の選考に漏れた方が有ったと後日聞いて 私はラッキ-だった!!って思いました。
それぐらい 住民の間でも人気があり応募者が多かったという事ですね。

友達と3人で暑い暑いその日(7/24)行きました。
お水は勿論 冷凍庫で凍らした「おしぼり」持参で・・・。
a0105023_18144456.jpg

a0105023_18221368.jpg
2階席とはいえ真正面から少しずれていますが ステ-ジがよく見えます\(^o^)/
しかも席から見える割と近い場所に 正面ステ-ジから伸びてきているステ-ジが設置されていました。
実際 どこから見てもよく見えるように ステ-ジが作られていました。
(写真の下のほうに客席を分けるように作られている廊下のようなものが見えると思います。)
ファン大サ-ビスです。

数曲しか知らないEXILEの曲ですが 始まってから直ぐ魅了されてしまいました。
上手なのですよね~~♪
さすが天皇皇后両陛下のおん前で歌った実力はさすがでした。

音量が大きいため 歌詞が本当によく分かりませんでした(>_<) (>_<) (^^ゞ
でもその調べはとっても心地よく 歌詞が分からなくても充分楽しめました♪
バラ-ドになると「うっとり」ですね(笑)
CDを買おうと思っています。

大気が不安定だったその夜 空には稲光が何度も走りました。
圧巻だったのは 大型スクリ-ンには演出の為に曲をBGMにして写された稲光が走っていました。
(どこかで撮影されたものです。)
それに続いて 広島ビッグア-チの上空の自然界の大空もそれに応えるように稲妻がなり 走りました。
会場では「うお~~~~」と大観衆の声♪

いつかこの夜のライブがDVDになったら きっとこの瞬間を捉えられていると確信します♪

翌日25日(日)も大変暑い日でした。
マンションの外の道を救急車がその日4台 会場に向けて走っていました。
熱中症の人が出たのでしょうね。

終わったその夜から 2日間かけて会場内の装置は撤去され 次のコンサ-ト会場へと・・・。

熱狂的なファンの皆さんには負けますが でもこのババサマもEXILEの素晴らしさを知りましたよ♪

次はサザンオ-ルスタ-ズの桑田さんが11月に・・とのことでした。
友達と楽しみにしていました。
でも食道癌が見つかったとのこと。
全国ツア-が中止になりましたね。
早期発見で 充分治療されて早く元気になって欲しいですね。


a0105023_192487.gif

by yasukon20 | 2010-07-30 23:41 | 日々の出来ごと | Comments(14)

京都 ・ いよいよ最後の日です (7/20)

いよいよ最後の日は午後4時過ぎには新幹線にのる予定でしたから 最初から無理せず
「観光タクシ-」を前日予約をしておきました。
5時間コ-スで東山付近を。
小型タクシ-を予約しましたが 当日ホテルまで迎えに来て下さったタクシ-は大きくて立派で・・・。
「え~~これは違うよね!!」と娘。
運転手さんが降りてこられて名前を呼ばれ間違いなし!!
「今日はこの車が空いておりましたのでこれを使わせていただきます。 料金は小型料金でと伺って居りますので そのように・・云々」
ホッとしました(笑) 申し訳ないくらい立派な車でした♪
運転手さん兼ガイド役さんも気持ちの良い方でした。

まずは「三十三間堂」
前回までの2回の京都でも行ったことのある所です。
a0105023_2104244.jpg
a0105023_211183.jpg
いつ来ても素晴らしいと感動します。
堂内には1001体の観音像がまつられています。
1000体であれば完成を表し プラス1体でさらに前に向っていくことが出来るとのことで
1001体まつられているそうです。
1001体目の漢音様は1000体とは背を向けて立っておられました。
「カメラはどこの会社のですか?」と聞かれ 「キャノンです」と答えると・・・・「良かったです。
キャノンと言う名前は観音様の観音からきている社名です。」との説明。
初耳です(笑)

次はこちらも3回目の訪問となる清水寺。
a0105023_21103868.jpg
仁王門ですが京都御所から清水寺を隠すために作られた目隠し門だそうです。
a0105023_2115186.jpg
清水の舞台から「音羽の滝」が見えます。
a0105023_21161011.jpg
お馴染の場所からの清水寺ですね。
a0105023_21174090.jpg
境内です。緑がなんとも美しいですね♪

先に進みましょう。
次は 観光バスは上がれないと言われていましたが細い坂道の住宅街を上がっていくと
ひっそりと佇んでいます「曼殊院門跡」です。
a0105023_2121685.jpg

門跡寺院ですから皇族と関係のあるお寺です。
ご結婚前の礼宮様や ご結婚後の紀子様が訪問されたお写真がかけてありました。
a0105023_21241531.jpg
こじんまりとしたお寺ですが品格のあるお寺でした。


その近くに「詩仙堂」がありました。
いつか訪れてみたいと以前から思っていたお寺です。
以前ブ-ムになった事が有りましたよね。
a0105023_21264153.jpg
a0105023_2127152.jpg
そういえば 故ダイアナ妃も皇太子と日本訪問されたとき立ち寄られていました。
5月のサツキと秋の紅葉時がお庭が綺麗だそうです。また行かなくては・・・♪

ここでお昼です。
銀閣寺の近くのこのお店を推薦してくださいました。
a0105023_21335139.jpg
初めて食事の写真を載せますね(笑)
a0105023_21343216.jpg
向こうに見えるきんぴらごぼうや葱やみょうが等をいっぱい乗せて食べるうどんです。
美味しかったですよ♪

腹ごしらえが済んで 暑さも身体から抜けてヤレヤレのところ 今度は銀閣寺です。
a0105023_21383148.jpg
みんな日陰を選んで歩いています。
私はここも3回目ですが 娘は初めてだそうです。
a0105023_21394130.jpg
いつ来ても綺麗です。
a0105023_21401282.jpg
小高いところまで上がり
京都市内を見渡しました。
大文字焼きの「大」の字もはっきり見えました。
a0105023_2141183.jpg
そして降りた所からの銀閣寺。


そして観光は終わりでした。
タクシ-に帰るたびに冷たいお絞りを出してくださったり 予定外のコ-スを走ってくださったり
結局40分ぐらい予定時間よりオ-バ-してサ-ビスしてくださいました。
次回も・・・なんて思ったりもしました(^_-)-☆

新幹線に乗るまでお茶の時間。
普通なら遠慮するこの大きなケ-キ♪
a0105023_18264816.jpg
美味しくペロリと・・・・・(笑)  疲れも取れました♪
娘との3人旅 昨年10月末 能登まで行った時の楽しさを今回も味わうことが出来ました。
Yちゃん 有難う♪

長々とお付き合いくださり有難うございました。
独りよがりの京都レポ-ト  お許しください。


a0105023_182948.gif

by yasukon20 | 2010-07-29 22:17 | 旅行(国内) | Comments(20)

京都 ・ 妙心寺(3日目-3) 

「龍安寺」を出て 「妙心寺」に向いますのに ここでもバスか 徒歩か タクシ-かと議論し(笑) 夫が近そうだった!!と言うので歩き始めましたが行けども行けども・・・。
ついにタクシ-をひろいました。
タクシ-で降ろされたのが妙心寺の「北門」。  入ってからもかなり歩きました(>_<)
こちらの境内も広いです。

a0105023_22224976.jpg
受付を済ませると直ぐガイドが始める時間でしたので こちらのほうにはとうとう上がれませんでした。

日本最大の禅寺だそうですね。
まず案内された所は「法堂」  天井に雲龍の図がある所です。
12人の団体(?)で 重要文化財の法堂に案内されました。
a0105023_17171975.jpg
                    パンフレットから・・。
天井に書かれた龍 見る角度から 天に昇っていく登り龍に見えたり 雲の中から下ってくる龍に見えたり。
法堂の中をぐるりと天井を見上げながら回りました。
不思議と目の位置が変わって見えて 見る角度から色々な風に見えるといわれた説明に納得しました。

同じ法堂で 日本最古の鐘である妙心寺鐘(国宝)を見せていただきました。
NHKの「行く年来る年」で鳴らされていた鐘の音が録音されており 聴かせていただきました♪
綺麗な鐘の音でした。


そこを出てさらに案内された所は「浴室」
a0105023_17251676.jpg

明智光秀が織田信長を討ち果たした後 訪れたのがここ妙心寺だったそうです。

「明智風呂」とよばれるこの風呂は明智光秀の菩提を弔う為に創建されました。
a0105023_1730483.jpg
蒸し風呂です。
この奥に大きな釜が二つ有りました。
そこで湯を沸かし蒸し風呂にしていました。
こちらのご住職さんたちがお入りになられる際 板の間に大きな布を広げて衣類をそこにおいてお風呂に入られたことが由来したのが 現在の「風呂敷」の語源だそうです。

(追記 29日10時)
思い出して追記です(^^ゞ
「浴衣(ゆかた)」もこのお風呂に入られる時住職さんが着られた浴衣(よくい)が後の
「ゆかた」と呼ばれるようになったとのこと。

蒸し風呂とは言え 洗い場があり水が引かれていて 身体を洗われるのに桶3杯だけ使うことが許されていたそうです。
さらに なぜ明智光秀の菩提を弔う為に「お風呂」なのか?・・・・・
「逆賊」の汚名を貰った身の光秀をお風呂で綺麗にしてあげたいとの思いからお風呂が創建されたと言うことも有るそうです

昭和6年ぐらいまでこのお風呂に入られていた!とお聞きしたように思います。

やはりガイドしていただくのは本当に良いと思いました。
京都に来てからこのお寺で初めて詳しく説明を聞きました。時間はかかりましたが・・(^^ゞ


この日(7/19)のお寺めぐりはここまで。
またバス停まで歩いて バスで途中まで帰り どこだったか?(笑)そこからは地下鉄で京都駅へ。
ヤレヤレ~~でした。
さすが3日目となると足が痛くなりました。


その夜の夕食は 京料理(じき 宮ざわ)を娘が予約してくれていたので ホテルで一休みしてまたお出かけでした。
余談ですが「じき宮ざわ」で最後に出ましたご飯。
3度味が変わるという事で 少しずつ3回お茶碗にもってくださいました。
細かい芸(?・・笑)ですね。
そうそうお刺身もお塩で頂きました。新潟の藻塩。 美味しかった!!!

ここからは 祇園祭り(7/17)の後のことですが・・
a0105023_17452894.jpg
錦市場の中を通ってみました。意外と狭い通りなので驚きました。
a0105023_17461822.jpg
京野菜の見事さについパチリ♪
a0105023_17465579.jpg
お漬物もおいしそう♪
買いたくなりますね~。
祇園祭りでこの市場も私たち同様観光客でいっぱい。
普通の市民の方には迷惑なことでしょうね。

a0105023_17502330.jpg
もう今は閉店されていると思います。
京都の人には淋しいことでしょう。

a0105023_17512097.jpg
よく耳にする「南座」が目の前に・・・。
こんな所に有るのですね!!
この通りの突き当たりは八坂神社・・。 そうですよね!!(違ってないかな?)

まぁ~~凄い人でした!!!


 
a0105023_17262821.gif

by yasukon20 | 2010-07-28 17:22 | 旅行(国内) | Comments(16)

京都 ・ 仁和寺&龍安寺(3日目-2)そしておまけ♪

「大徳寺」付近で昼食を済ませバス停まで出ましたが あまりの暑さに誘惑に負けて 
タクシ-に乗ることにしました。
行き先は「仁和寺」です。

世界文化遺産「仁和寺」
徒然草や源氏物語に出てきますので 憧れておりました。
a0105023_21251315.jpg
a0105023_21315441.jpg
平安時代に創建され
明治維新まで皇子皇孫が仁和寺の門跡となられ 御室御所と呼ばれているそうです。
十二単を着た人がそろりそろりとお出ましになられそうな雰囲気ですね(笑)

a0105023_21393764.jpg
御室桜が咲く頃の写真によく出てくる五重の塔を遠くに見たときは「わぁ~~!!」と歓声をあげてしまいました♪
a0105023_21424162.jpg
京都のお寺ではこうして廊下で静かな時間を過している方を多く見ました。
ただの休憩の人がほとんどかとは思いますが 時々1人でお庭を眺めておられる若い方を
お見受けしますと何か悩みでも・・・と思ったり、でも静かにお庭と対話されているようで
とっても清々しい思いでした。

a0105023_2147437.jpg
ここでも沢山写真を撮りましたが先に急ぎましょう(笑)

仁和寺の前のバス停からバスに乗ろうと思いつつも「歩こうか!!」・・とまぁ~なんと元気なこと(笑)
龍安寺に向けてです。
でも一停留所まで歩いて やはりバスに乗りました(^^ゞ  徒歩15分なのですが・・・・。
外国の方はよく歩いておられましたね~~。

次は「龍安寺」です。 こちらも世界文化遺産♪
a0105023_21522056.jpg
この階段もまた修行でしょうか・・・(笑)  汗たらたら・・・・(-_-;)

a0105023_215402.jpg
あまりにも有名なお庭ですね♪  綺麗でした。
でもやはり 緑のお庭がいいかなぁ~~って 何と風情のない私でしょうか・・・。
「龍源寺」の石庭のほうが私は好きかも知れません。
a0105023_21595425.jpg
向きが変わった廊下から見たこちらの苔の方に興味が湧きました。
コロコロとした苔 可愛いですね♪

a0105023_22140100.jpg
有名な「つくばい」です。
写真の撮り方がまずくてよく見えませんが・・・。

a0105023_8495370.jpg
パンフレットから撮った写真を見てくださいね.
   (パンフレットから・・。 →)

中心の口を共有すれば 「吾唯足知
(ワレタダタルヲシル)」と成ります。
水戸光圀の寄進と言われているそうです。
禅の格言を図案化されていて凄いですね。


次は「妙心寺」に向かいました。
・・・・・でもここらで 一休みしましょうか♪


17日 祇園祭が終った後 ブラブラしたのですが目的は一つありました。
こちらの買い物♪
a0105023_8554473.jpg
                     柘植の櫛
今まで欲しくてもなかなかそうい専門のお店に行く機会もなく そのままになっておりました。
ある時 この方の柘植の櫛を拝見して 「京都に行ったら 是非!!」と思っておりました。
念願かなって手にすることが出来ました。
お店で包装していただく間 柘植の櫛の扱い方を説明してくださいました。
何気なく聞いておりましたが ふと「大事なことを言われている!!」と気がつきました(笑)
申し訳ないのですが 質問しながら話は初めに・・・(-_-;)

いわゆる・・ 
  椿油か オリ-ブオイルに最初つけてください。
  それも1週間 出来れば10日間 もっと1ヶ月以上でも長ければ長いほどよろしい♪

こんな大事なことをいい加減には聞いていてはいけないことでした。
お店の方に申し訳ないことでした。
現在 椿油の中につけております。

追記・・・7/29
ブログ友のやっちゃんがこんな素敵な童謡を教えてくださいました。
(転記させていただきます。
 一番だけと思いましたが 何度も読んでいると可愛くなって 3番まで載せておきます。)

「こぎつね」♪

1 小ぎつね こん こん 山のなか 山のなか
 草の実 つぶして お化粧したり
 もみじのかんざし つげのくし

2 小ぎつね こん こん 冬の山 冬の山
 枯葉の着物じゃ 縫うにも縫えず
 きれいな模様の 花もなし

3 小ぎつね こん こん あなのなか あなのなか
 大きなしっぽは 邪魔にはなるし
 こくびをかしげて かんがえる



おまけにHanaは見てくださいね(^_-)-☆

a0105023_9164615.jpg
5月に上海にいった時のお土産 甚平さんを着てくれています。
お店の方が 「どちらかと言えば 男の子の柄ですけど・・」と言われたことを思い出します(笑)
でもHanaにはこちらが似合うと思ったけど やはり男の子用かな?(^^ゞ

でも涼しそうでしょ♪


a0105023_920373.gif

by yasukon20 | 2010-07-27 10:06 | 旅行(国内) | Comments(20)

京都 ・ 二条城&大徳寺 (3日目-1) 

7月19日(月) この日もよく歩きました\(^o^)/
気温はどんどんうなぎ上りだったと思われます。

まずはバスで訪れた所は世界文化遺産「二条城」
a0105023_9422930.jpg
                          二の丸御殿 (国宝)
幕末重要な場面の舞台となった二条城。
以前 訪れた時と同じように 将軍と大名達の人形がその時を再現しておりました。
a0105023_9442538.jpg
           二の丸庭園

本丸庭園も通り 西橋を渡りぐるりと・・・・・。
とにかく広いお庭で 3回は休憩しましたね~~。
もう暑さに参った 参った・・の二条城(笑)
a0105023_946866.jpg
バスに乗って 「大徳寺」へと向います。
バスは立命館大学行きだったので大学生が乗っており 夫を見て席を譲ってくださいました。
夫は始めてのことだったようで 少しショック(笑)
なかなか座ろうとしません。
こういう時はご親切に甘えるべきですよね(^^ゞ  
私が変わりに座らせていただきました(笑)


「大徳寺」 境内に入ると沢山のお寺。
初めてそのような風景に出会い 正直驚きました。  詳しくはこちらからどうぞ♪♪♪

その「大徳寺」内の塔頭この意味も分からず・・・・・・調べました(笑) ↓
(塔頭(たっちゅう)は、本来、禅寺で、祖師や大寺・名刹の高僧の死後、その弟子が師の徳を慕って、塔(祖師や高僧の墓塔)の頭(ほとり)、または、その敷地内に建てた小院である。)

大徳寺の塔頭の一つ「高桐院」を最初に訪れました。
a0105023_22574528.jpg
JRのポスタ-でご覧になられた方もおありでしょう。
夫と娘の後ろ姿が邪魔ですね(^^ゞ
a0105023_9105588.jpg
a0105023_9112042.jpg
a0105023_9113844.jpg

忠興公と細川ガラシャ夫人のお墓です。 隣には細川家の墓所もありました。
a0105023_15265189.jpg
a0105023_15284054.jpg


同じく「大徳寺」の塔頭の一つ「龍源寺」です。
名勝庭園があるという事で行って見ました。
a0105023_15531292.jpg
                     竜吟庭 
枯山水庭園で相阿弥の作と伝えられているそうです。

方丈を中心に南庭 北庭 東の壷石庭 等々 お庭に囲まれていました。
a0105023_15385589.jpg
こちらは本当に狭い場所に作られている石庭です。
壷庭といわれ 日本でモットも小さい石庭です。
小さな空間でもしっかり日本の心を表現してあり 先人の素晴らしい精神をうかがい知ることが出来ました。
陽の当たらないこの場所を暫くぼんやりと眺めておりました。

大徳寺の境内を出て そろそろお昼でした。
お腹が空いてきたと言うより 涼しい場所に座りたかった!!と言うのが本音で 近くの
イタリアンのお店で昼食をしました。

午後からは 大好きなでも行ったことが無かった「仁和寺」です。



a0105023_1551345.gif

by yasukon20 | 2010-07-25 23:52 | 旅行(国内) | Comments(14)

京都 ・ 天龍寺&大覚寺&祇王寺 (2日目-2)  

初めてに近い京都です。 
名前だけ知りながら ほとんど行ったことないお寺。
京都観光のベテランさんは色々見所をご存知で それぞれテ-マを持って観光されるのでしょうね。
皆様既にご存知ばかりのお寺ですが お付き合いくだされば幸いです♪

嵐山の竹林を抜けて たどり着いたお寺は「天龍寺」

北門から入って 「望京の丘」まで登り 京都市内を一望しました。
(その写真が無いですね(-_-;))
そして降りた所がこちらです。
a0105023_13385651.jpg
なんと綺麗な庭園でしょう。
感激しました。
こちらの池は こちらの説明をどうぞ♪  クリックで大きくなります。
a0105023_13405915.jpg

a0105023_1343689.jpg
   「大方丈」で 皆さん休憩(笑)    暑かったですものね~。
a0105023_13435395.jpg
 角度を変えて 曹源池を望みます。  素晴らしい眺めです。

「大方丈」に行くまでに「法堂」の天井に描かれた「雲龍図」を見ました。
平成12年秋に修復された時に描かれた雲龍図でしたので まだまだ綺麗でした。
パンフレットから拝借。
a0105023_1432955.jpg

a0105023_14103564.jpg
蓮の花も見事でした♪

天龍寺を出て 歩いていると「美空ひばり座」が見えてきました。
夫が「京都に行ったら 美空ひばり座に行って見たい」とず~~と前から言っていたのです。
私は小樽に行けば「石原裕次郎記念館」に行きたいので(笑)こちらは我慢でお付き合いを・・と思っていました。
a0105023_1475698.jpg
でもいざとなると夫が「いいわ~~。」と言い出したのです。
娘と二人で勧めたのですが なぜだか今回は気乗りがしなかったようですね。

a0105023_14121455.jpg
渡月橋を渡り 橋のたもとからバスに乗り・・と思っていましたがバスがなかなか来ず タクシ-で「苔寺」に向いました。
苔寺の門前で 娘がはたと止まり 「ここはそう言えば予約がいるんだった!!!」って(笑)
それでも係りの人に聞いてみて やはり駄目!と言われて ギャフン!!
以前来たそうですが その時は友人に予約を取って貰ったそうですっかり忘れていたようです。
やはり自分で労苦しないと忘れますね。
a0105023_14165447.jpg
門前から中をパチリ♪
これが「苔寺」です(笑)
徒歩で「鈴虫寺」に行きましたが こちらも人気で長蛇の列。  諦めました。

近くのバス停から 今度は「大覚寺」へです。
a0105023_1424226.jpg
正式名称を「旧嵯峨御所大覚寺門跡」といいます。
門跡寺院とは天皇または皇族が住職に就かれた寺院のことだそうです。
格式豊かなお寺に見えました。
暑い中にもこうした場所に立つとひんやりとして身体がしゃんとなるようでした。
a0105023_1428396.jpg


ここから「祇王寺」は徒歩で行ったのかなぁ~~?
忘れています。 
ご存知の方なら「徒歩でいけるよ。」「徒歩ではいけないよ。」ってどちらか言われそうです(笑)
a0105023_14304948.jpg

a0105023_14335427.jpg
竹と楓に囲まれた草庵の祇王寺。
平清盛に愛された白拍子・祇王と仏御前の哀話が受け継がれる平家物語ゆかりの尼寺。
奥嵯峨にひっそりとたたずむお寺は 若い祇王にとっては辛い日々を想像しましたが その
反面心静かに余生を送られたのだろうと 心休まる思いでした。
a0105023_14452288.jpg
a0105023_14454236.jpg
a0105023_14462883.jpg

清盛の心が離れていって 館を追い出されることになった祇王が 別れに障子に書き残していった歌をパンフレットで知りました。

           萌え出づるも 枯るるも同じ 野辺の草  
                     いずれか秋に あわではつべき


いつの世にも言えることではないでしょうか・・・・。

この日は最後に祇王寺を訪ねることが出来て 本当に良かったと思いました。

お庭を見ていると暑さも忘れます♪


a0105023_15111340.gif

by yasukon20 | 2010-07-23 14:57 | 旅行(国内) | Comments(16)

京都 ・ 嵯峨野トロッコ列車 (2日目-1)  

7月18日(日)夫の希望を叶える為にその日の朝は6時半からのホテルのバイキングで。
その他 和食、イタリアンの朝食も自由でしたが 7時からとのことで別の日に・・・。

朝食も早く終え 向った先にはこんな看板です・・・(-_-;)

a0105023_923414.jpg

それはそうでしょう~~。
16日までの大雨の為 川も濁っています。 

私は「ホッ!」でした(笑)
この炎天下 屋根もない船で2時間かけての川くだりです。
かないません!!!(笑)







トロッコ列車で往復することにしました。
a0105023_9281775.jpg
a0105023_9283673.jpg
あまり良く聞こえないのですが 一応説明をしてくださいます。
川 (道のように見えますが濁った川です) の向こうに見えるのが近年出来たリゾ-トホテルだそうです。
この川を舟で渡らないとホテルには行けないそうです。
帰ってからネットで調べると 軽井沢で有名な「星のや」さんでした♪
さすが!!・・ですね。


a0105023_9331810.jpg
秋の紅葉時にくれば綺麗だろうなぁ~と想像しながら深緑を楽しみました♪
a0105023_9341141.jpg

a0105023_19562374.jpg
               保津峡駅では狸さんたちのお出迎え♪
a0105023_9343265.jpg
                  こんなサ-ビスも(^^♪
列車の音が賑やかで 何を言っているのか全然分かりませんでした。

終点に近づくと 車掌さんが歌を歌われ始めました。
 「♪ 汽車の窓から~ハンケチ振れば~~ 牧場の乙女が花束なげる~~♪」
ご存知の方は お年頃が分かりますね(笑)  私は知っていますよ(^^ゞ

トロッコ列車 指定席ですが 帰りはまた別の車両に移ってこちらは屋根から空が見えます♪
a0105023_9402580.jpg

この屋根には紫外線対策がされて居るそうです。


トロッコ嵐山駅で降りて 「嵐山散策」へと・・・・・。
a0105023_9463462.jpg


人気の竹林。 嵯峨野・嵐山の代表的な風景ですね。
大勢の人でしょ!! 中国語が沢山いきかっていました。 多いですね、中国観光客。

徒歩で世界文化遺産「天龍寺」へ向います。
a0105023_9563945.jpg



a0105023_95178.gif

by yasukon20 | 2010-07-22 20:09 | 旅行(国内) | Comments(18)

京都に行ってきました♪

7月17日(土) 祇園祭りの中の「山鉾巡行」を見物してきました。

京都は今回で3回目の私。 
最初は云十年前の中学の修学旅行。 
次ぎは二女が大学生として飛び立つ記念にと・・高校卒業した春休みに一度。

それに次ぐ今回の京都。 
行くなら暑いけど祇園祭の山鉾巡行を・・との意見がまとまりました。
夫と東京から長女が参加で3人の旅でした。
長女は春 秋 冬と何回も訪れているので 全てを娘に任せてついて歩きました(笑)

お寺周り等 沢山歩きましたが まずは17日の山鉾巡行の様子をご覧ください。


a0105023_9304174.jpg
飛行機雲がとっても綺麗な京都の空でした。

後で知りましたが この日「梅雨明け宣言」があったのですね。



a0105023_9325771.jpg
まずは先頭さん。 
ここまでも 待った!!  待った!!
ここからも 先頭の鉾が来るまでの長いこと!!!!!

桟敷席を予約して指定席に座っているのですが 何しろ暑い(笑)

ついお隣さんに「暑いですね!  なかなか進んできませんね~」と話かけてしまいました。
みも知らないその方と先頭の山鉾がくるまで
おしゃべり。



ご夫婦で東京から来られて 前日の「宵山」もご覧になられたとのこと。
ご主人様が 有名な「おたべ」のご主人様と友人で 宵山の日には「おたべ」の蔵の前に出されている山鉾に上がらせてもらわれたこと・・など 珍しいお話を伺いました。
そのうち 親の介護の話に及んで・・(笑)  そしてやっと先頭の山鉾が近づいてきました♪

a0105023_9431316.jpg

先頭の 「長刀鉾」  この鉾はくじを取らず必ず巡行の先頭を行き 稚児さんが乗るのもこの鉾だけです。
他の鉾の稚児は人形です。

a0105023_9474691.jpg
                         次ぎは「孟宗山」
横に見える胴懸は 平山画伯の「砂漠らくだ行」です。  
旧来の胴懸は約200年経過で劣化したためこちらに新調されました。

a0105023_952216.jpg
                           「函谷鉾」
前懸は旧約聖書の創世記の場面を描いた16世紀の毛織で重要文化財だそうです。
a0105023_10354354.jpg

               「鶏 鉾」
見送はトロイの王子と妻子の別れを描いた16世紀ベルギ-制作の毛織で重要文化財。

a0105023_9563011.jpg
                          「蟷螂(とうろう)山」
かまきりと御所車の車輪が動くなど 唯一のからくりが施されていて 近くの外国人席では 大きな拍手が起こりました。
かまきり君の大サ-ビスでした。
近くにいた私たちもおこぼれに預かりましたね~~(^_-)-☆
a0105023_1035638.jpg
                         「放下鉾」
お人形の稚児さんが ご挨拶です。

a0105023_1044395.jpg

          「船鉾」
唯一 違った形の鉾でしたね~。

a0105023_1073328.jpg
a0105023_10125528.jpg
外国人さんの参加も「有り」なのですね~~。  ↑
外国人席では大盛り上がり♪
a0105023_10142093.jpg

「北観音山」 後祭りの先頭です。
a0105023_10144214.jpg
a0105023_1015384.jpg

 
途中 挫折しそうにもなる気持ちを持ち上げての見物(笑)
朝9時半ぐらいから席に着いていて 終わったのが午後1時半ぐらいだったでしょうか・・・
団体ツア-の方々はお気の毒。
半分ぐらいで「もう時間ですから~~」とのガイドさんの一声で退場されていきます。
あちこちで・・。
終わりの方では 道を隔てたあちら側はほとんど席が空いている状態でしたね。
a0105023_1795959.jpg
こちらもポツリポツリと空席が出来ていますね。

沢山 写真を撮りましたが これ位にしておきますね(^^ゞ

a0105023_17174049.jpg
八坂神社で行われた「神幸祭」に行く町内の方々の姿をみましたが 夕食を予約していたので午後4時からのこの祭事は見ることが出来ませんでした。
また次回にでも・・・。

また思い出すことがありましたら 追記 しますね(笑)


a0105023_1040486.gif

by yasukon20 | 2010-07-21 10:44 | 旅行(国内) | Comments(28)

オフ会 次回を楽しみに・・♪

今回も 6月の出来事です。
写真ボツにするには少しもったいなくて・・(^^ゞ

6月22日(火) 実はあるブログ友さん(T子さん)と「オフ会」をする予定でした。
T子さんは広島県福山市から「しまなみ海道」を渡って 松山へさらに高知への旅を計画されていました。
私は前ガイドさんの説明を受けて回ったことのある「鞆の浦」へとご案内したいと思いました。

それまでお天気が悪かったのですが 22日は快晴になりました。
しかし T子さんは予定変更されなければいけない事態が発生し 残念ながらお会いすることが出来ませんでした。

普通ならそこで終わりですが(笑) 暇な時間がある夫婦です(^^ゞ
「折角だから行ってみようか~~」なんて話がまとまり 福山市鞆の浦に出かけました。

鞆の浦の沖合い40Kの所に坂本龍馬の「いろは丸」が沈没したことにより 復元(?)された「平成のいろは丸」に乗って仙酔島へ渡りました。
a0105023_13571811.jpg
乗船時間 5分位だったと思います。
瀬戸の綺麗な海を滑るように走りました。
a0105023_1358567.jpg
日陰がなんとも気持ちの良いこと♪  
一度15年位前に鯛網漁を見物する為に渡ったことのある島です。
久しぶりで懐かしたかったですね~。

a0105023_1434247.jpg
a0105023_144461.jpg
波静かで 本当に綺麗な海でした♪

アニメ「崖の上のポニョ」の構想を練る為に宮崎駿監督が逗留された島。
a0105023_147821.jpg

宮崎監督がこの島を選ばれた理由が分かるほどの静かな綺麗な海です。
「崖の上のポニョ」は観ていないのですが(予告編のみ観ました・・(^^ゞ) ちゃんと観て見たいですね。


a0105023_1495766.jpg
 アッ!! ひっこりひょうたん島・・♪(笑)
でもここはモデルの島では 確か無いですね!! 


お昼に食べた兜煮♪ 人気の「国民宿舎」でのお昼でした。
a0105023_1414783.jpg


お天気に恵まれ 潮風が心地よい仙酔島。
名前の由来は「仙人が酔うほどに美しい島」という事だと聞いていましたが 島に渡って名前の由来の縦看板を見ると違っていましたよ~~(笑)
でも もう忘れてしまって~次回には覚えて帰ります(^^ゞ

T子さんとは又の機会をお約束しています。 楽しみです♪

****************

4日ほど留守にします。 
帰りましたらまたお付き合い宜しくお願いいたします♪

下の記事に頂いたコメント お返事、帰広しますまで待ってくださいね。
午前5時50分 出発です。
行ってきます♪


a0105023_16161065.gif

by yasukon20 | 2010-07-17 05:37 | 旅行(国内)