母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(533)
(455)
(283)
(245)
(187)
(123)
(104)
(92)
(85)
(79)
(76)
(71)
(69)
(66)
(65)
(53)
(52)
(51)
(50)
(46)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・初夏の...
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金生活でも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

★ゆんこさん こんにち..
by yasukon20 at 15:24
★うさこちゃん こんに..
by yasukon20 at 15:15
★☆銀河☆さん こんに..
by yasukon20 at 15:10
★ラッシ-ママさん こ..
by yasukon20 at 15:05
こんばんは♪ この..
by ゆんこ at 22:04
★kawasei1008..
by yasukon20 at 21:41
★oshibanayos..
by yasukon20 at 21:22
★jarippeさん ..
by yasukon20 at 21:20
★あっちゃん こんばん..
by yasukon20 at 21:18
★mさん こんばんは!..
by yasukon20 at 21:14

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「殿、利息でござる!」こ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
【「ekki BAR&G..
from お散歩アルバム・・初夏の日差し
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
【やまびこのグランクラス..
from お散歩アルバム・・夏本番
【軽井沢タリアセン・旧朝..
from お散歩アルバム・・暑い夏
【軽井沢タリアセン・ペイ..
from お散歩アルバム・・暑い夏

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

カテゴリ:憩い( 131 )

映画「蜩の記」

もういつ観に行ったのかも忘れるぐらい前になります。
夫が日記をつけているので「何日だった?」って聞きますと こちらも覚えてなくて日記帳のお世話になりました。
10月22日でした。
a0105023_2062473.jpg

映画「蜩の記」  この映画のことを知ったのはこの時 加古隆さんがお話くださったからです。音楽担当でテーマ曲を作曲されて話をされてピアノを弾いてくださいました。

その曲が映画の中でも流れてそれはそれは良い雰囲気でした♪ 加古隆さんの繊細な曲がこの映画にはぴったり♪

少し前に「柘榴坂の仇討」を観に行きましたが その折も武士の生きる道の険しさと妻への愛情が中心に流れて居りましたが「蜩の記」はそれを上回るという表現が良いでしょうか・・・・・武士道の美しさ、武士の妻として 娘として息子として それぞれが1本筋を通していく姿が今の世にはない清々しさを感じました。



10年前の出来ごとの裏に何が隠されていたのか?
その出来事の罪として10年後の切腹を命じられながら その日までに藩の歴史である
「家譜」を完成させることを命じられている戸田秋谷(しゅうこく)。  その10年があと3年後に迫ってきている頃から物語は始まります。
背筋がピンとしてきます。  やはり人間 正しく生きなくては!! って思わされた映画でした。
ゆるぎない家族の絆の確かさ・・・ 良い映画でした。
是非 どうぞ♪

余談ですが堀北真希さん 以前はそう好きでもなかったのですが最近良い女優さんだな~って思います。
この映画でも好演だったと思います。

*********
秋山監督 おめでとうございます。
もう最後はハラハラでしたね。
そしてご苦労様でした。 6年間監督さんだったのですね。
選手時代からファンでした。 地元の球団ではないので時々だけど気になる秋山さんでした。

最後の晴れ姿の顔 残しておきたくて・・・少しだけ。
ソフトバンクフォークスファンの皆様 おめでとうございました~♪
a0105023_1015891.jpg
a0105023_10153442.jpg

by yasukon20 | 2014-10-31 10:16 | 憩い | Comments(22)

コンサ-トで博多へ♪

a0105023_15455254.jpg
昨夜のコンサ-ト チケット購入時の事は以前書きましたので省きます。
忘れるぐらい前に購入していました。
本当に楽しみでした。

辻井伸行さんは2年続けて八ヶ岳で生演奏をお聴きしたことがあります。
加古隆さんはイマ-ジュのコンサ-トで何度か・・・。
そして「レ・フレ-ル」はテレビで一度演奏を聴いただけです。

この2人と1組のピアノ演奏。 自作の曲ばかり・・・♪
会場のあるアクロス福岡へ・・・・
a0105023_1641432.jpg

時間が有ったので突き抜けて反対側へ・・・そこからみたアクロス福岡。
a0105023_16421540.jpg

開場されて中に入ると 舞台には3台のピアノ。 調律中でした。
a0105023_1644122.jpg
それにしても綺麗な会場です♪ 広島には無いな~~。

最初は辻井伸行さん。  いつ拝見しても、ういういしさがまぶしいくらい。
「神様のカルテ」から始まって6曲だったかしら・・。
来年1月31日に公開される映画「マエストロ!」の主題歌も作曲され弾いてくださいました。
それにアンコ-ルで東日本大震災の後、被災された方々に思いを寄せて作曲された「それでも、生きてゆく」はこの度の広島市や他の市でおきた災害にあわれた方々のために・・と言われて演奏してくださいました。
いちど引っ込まれてまたアンコ-ルに応えてくださり「ラ・カンパネラ」を弾いてくださいました。
お茶目なところも持ち合わせておられてト-クでなごむシ-ンも何度か有りました。

次は加古隆さん。  夫も私も大好きな方です。
繊細なタッチで醸し出される独特の音色はやはり加古さんのもの♪ うっとりでした。
そうかと思うと力強く、指は何本あるの?って思うほど沢山の音が聞こえ 本当に素晴らしかったです。
「パリは燃えているか」  これはやはり外せませんね。
昨夜はラッキ-で 2回聴くことが出来ました。

「レ・フレ-ル」は一台のピアノをお二人で連弾されますが力強く リズムが刻まれまぁ~楽しかったこと。
やはり福岡の皆さんはそういうタイミング(演奏家を喜ばす)をよく御存じだと思いました。
手拍子がやみません。
広島ではそうはいかないのでは!!って夫と話ました。
即興が凄かったです。

そしてアンコ-ルがあると思いましたがその時間に再度辻井伸行さんが出て来られて 
これもアドリブでしょうか(そういうところがよく分からないのが自分でも悲しい)弾かれ
「レ・フレ-ル」の兄弟も一緒に・・・そしてついに辻井さん 立って演奏です。 3人とも立って・・。
凄かったです。 みんなで一緒に手拍子♪

その後加古さんも舞台に・・・・♪
そしてそして大好きな「パリは燃えているか」を3台のピアノで全員が弾いてくださいました。圧巻でした。
会場が一体化して大きな大きな拍手で終わりました。

その日、同じ福岡市に住む次女家族の所へは午前中に行ってきました。
この間孫たちと別れたばかりですが会ってきました(笑)
hanaが作ったけん玉♪
a0105023_17201321.jpg
これがなかなか難しい!! しかし運動にはいいな~って思います。膝と腰を使っていくと上手に入るようになりました。
私も作ってしてみよう~~と思いました(#^.^#) 足腰の運動の為にも・・。

コンサ-トが終わったのは午後9時20分ごろでした。
それから次女宅へ行くことは出来ませんからホテルに宿泊しました。
会場から地下道を歩いて行けるホテル・・・ソラリア西鉄ホテル
a0105023_17264618.jpg

お隣は「三越」さん。西鉄天神駅でもあるのですよね。
a0105023_17272857.jpg


レストランは17階。  朝のバイキングです。
テ-マのない私のプレイト(笑)
a0105023_17295057.jpg
a0105023_17292988.jpg
このコ-ヒ-カップもそうですが食器がすべて重たい!!! こだわりなのでしょうね。
a0105023_17303621.jpg


朝食後 急いで博多駅へ・・.そして広島へ・・・。
長くなりました~~ごめんなさい。
by yasukon20 | 2014-08-30 18:26 | 憩い | Comments(24)

二つの展覧会♪

長女が帰省してきた昨日 午後からすぐ外出♪
「Yちゃんが来たら行こうね~」と話していた展覧会に行ってきました。
美術館で開催されているのではなくて二つのデパ-トです。

広島の老舗デパ-ト「福屋」  こちらで安野光雅さんの絵を観てきました。
a0105023_615261.jpg

安野光雅さんの絵は大すきで津和野にも行ったことが有りました。

中を撮影出来ないので残念ですが ~日本の原風景~ と題されているのでご想像いただけるのではないでしょうか・・。
上のパンフレットを飾っている風景は広島での開催を意識してかな?(笑) 広島県三次市の風景です。

こちらは ↓ 江田島の「海軍兵学校」付近を望む/「司馬遼太郎さんが歩いた道」です。
(パンフレットから)
a0105023_6283240.jpg

日本の原風景シリ-ズの中に「岩手県遠野市」がありました。
絵の一枚一枚に安野さんが書かれた思い出の文章が一緒に展示されています。
遠野の風景の思い出話の中に井上ひさしさんの「吉里吉里人」の本の装丁をしたと書いてありました。
私ももっている本です、へぇ~そうなんだ!!って会場で思って帰宅してから早速見てみました。
やはりそうですね~~♪
a0105023_6342835.jpg
裏表紙です ↓
a0105023_6345685.jpg

確かに 確かに・・・・♪
長年持っていても気が付かない私です~~(・。・;

次は三越広島店で、開催されている「スヌ-ピ-×日本の匠展
娘と同じで私も「日本の匠」という字が見えてなかった~~(笑)
スヌ-ピ-ばかりが頭にありました!!  入口の説明書を読んでこれは思ったのと少し違う!!(笑)
a0105023_640594.jpg

可愛い可愛いスヌ-ピ-ちゃんが沢山あって・・・なんて思っていたのです。
確かにいましたけどね~~日本伝統工芸の中に。
着物の中に 陶器の中に 漆塗りの中に・・・
そう「日本の匠」ってちゃんとうたってあるではないか・・・・・(*^_^*)
a0105023_6423054.jpg

少し思い違いをした展覧会でしたが それでも多くの作品の中にちりばめられた絵は可愛かったです。
しかしこんな着物を着る人がいるの?って娘の質問ですが 加賀友禅の立派なお着物の中のスヌ-ピ-ちゃんはこうして皆さんの目の届くところで展示されいくのではないでしょうかね~~。
よくわかりませんが・・。

娘が買ったポストカ-ド♪
a0105023_657516.jpg



二つのデパ-トで母と娘は父に洋服を買ってもらいました~♪
私にはもちろん「母の日」のプレゼント♪として。
夫の母ではありませんがこういう時には急遽「母」となります(笑)

a0105023_6531339.jpg

by yasukon20 | 2014-05-03 06:55 | 憩い | Comments(20)

電話でおしゃべり♪

ゴロンと横になったら思いがけない空が見えました。
窓越しに青空。 カメラを取りにいきまたゴロンと横になって・・(笑)
a0105023_1553042.jpg
青空が綺麗だな~って思って♪

今日、若いころからの友人が本当に久しぶりに電話をかけてきてくれました。
長い付き合いです。 
付かず離れず・・・・ 私はそういう友人が多いですね、ぺったりでなくて(笑)

時計を見ますと1時間35分の間話しておりました(#^.^#)  
お互い体具合の事 家族の事 今 思っていること これからのこと・・・。
話してもどうにもならない事ばかりなのに それでも元気をもらい癒されて電話を切りました。
「またね~~♪ いつでも電話頂戴!!」ってお互いに言いますがまたしばらく電話はしないでしょう。
それでも心は通じています。

それが生きる上でのビタミン剤のような関係ですね。

マンションの下の公園です。  新緑が美しい♪
a0105023_1604354.jpg


こんな話 他の人にはどうでもいい事よね~って思いながらもブログ書いています。

なんだか考え込んでしまいました。
電話をかけてくれた友人は私のブログの存在は知らないと思うのです。
大事な友人なのに・・変な感じです(^^ゞ
いつか話すかなぁ~(笑)
by yasukon20 | 2014-05-01 20:45 | 憩い | Comments(14)

映画 「神様のカルテ 2」

昨日(19日)とてもいいお話を聞いてきたのです。
すぐにでもその感動を書きたいのですが 先日、「順番に書いていきますね!」って宣言したので(笑)融通が利かないなぁ~って思いつつ、やはり順番に映画の話を書きます(^^ゞ
**********************

夫がどうしても観たいという 私も少し観てみたいと思う。
そんな映画「神様のカルテ2」を14日(月)に観てきました。

予告篇はこちらからどうぞ・・・・

第一作目の「神様のカルテ」は観ていませんが、以前辻井伸行さんのコンサ-トで主題歌を作曲された話をされて ピアノを弾いてくださった思い出があります。
その時 観れば良かったなぁ~って思いが残っていました。 そして今回は第二作目。
主役の桜井翔君も好きだけど こちらでもやはり藤原竜也♪
私は藤原君の役どころが気になっていましたので 終わってから「やはりいいお医者様だったのだ~」って安心しました(笑)
悪い人でもいいけど やはりいい人であって欲しいファン心♪ (*^_^*)
a0105023_1111599.jpg


あらすじは書かないことにしましょう。 観てのお楽しみ♪
大すきな信州が舞台で医療の底辺と呼ばれている場所でのドクタ-たちの奮闘ぶりは清々しくもあり、患者もあまり無理難題を吹きかけてもいけないな~なんて思ったり(笑)
お互い人間なのですよ!!

彼女もずっと前からのファン♪ 上手ですよね。 
a0105023_1622289.jpg

主役ではない人ばかり 載せましたね~。

「良かった~~♪」と夫の感想。  寝ないで観たようです(笑)

ただ観ました~っていうだけの報告になりました(ー_ー)!!


実はもう前になりますが「それでも夜は明ける」を観てきました。
なかなかアップ出来ないでおり、だんだん書くこともできなくなり、こちらもただ観ましたの
報告のみとなってしまいました。

実話とのこと。、とっても辛く悲しい映画でした。
「自由黒人」という人たちが北部には存在していたのも初めて知りました。
その彼が拉致され南部へと送られ奴隷としての日々を送ります。
そこには希望も何もない世界ですが、それでも何とか生き延びて、最後には家族との再会が待っていました。


生きて帰ってこれた彼はその後「奴隷解放運動家」として生きていくそうですが どこでいつ亡くなったという事は分からないそうです。

英国映画です。アメリカでは作るのには辛すぎそうですものね。

***********愛用のカメラ、入院です。
a0105023_5495821.jpg

元愛用品を今日からまた・・・・懐かしい~~♪
a0105023_5504445.jpg


a0105023_16232273.jpg

by yasukon20 | 2014-04-20 05:51 | 憩い | Comments(20)

井上ひさし作 蜷川幸雄演出 「ムサシ」

何年ぶりでしょうか・・・・こういう時ブログがやくに立ちます。
早速検索です。
2010年に埼玉の「彩の国さいたま芸術劇場」で一度観劇しています「ムサシ」!
広島にやってきました。
a0105023_18431689.jpg

以前やはり蜷川幸雄さん演出の「ヴェニスの商人」を観に行った時誘いました友人が大変喜んでくれましたので今回も一緒に行ってきました。
4月12日(土) 午後12時30分 開演。
席も割といい席で今回も笑いあり涙ありで素晴らしい舞台でした。

パンフレットから・・・
慶長17年(1612)陰歴4月13日正午。
豊前国小倉沖の舟島。真昼の太陽が照り付けるなか、宮本武蔵(藤原竜也)と佐々木小次郎(溝端淳平)が、たがいにきびしく睨み合っている。小次郎は愛刀「物干し竿」を抜き放ち、武蔵は背に隠した木刀を深く構える。武蔵が不意に声をあげる。「この勝負、おぬしの負けと決まった」。約束の刻限から半日近くも待たされた小次郎の苛立ちは、すでに頂点に達していた。小次郎が動き、勝負は一撃で決まった。勝ったのは武蔵。検死役の藩医に「お手当を!」と叫び、疾風のごとく舟島を立ち去る武蔵。佐々木小次郎の「巌流」をとって、後に「巌流島の決闘」と呼ばれることになる世紀の大一番は、こうして一瞬のうちに終わり、そして……物語はここから始まる。・・・・

そして6年後 舟島の決闘から6年後の、元和4年(1618)夏。
鎌倉は佐助ヶ谷、源氏山宝蓮寺。  竹藪に囲まれた名もなきこの小さな寺からお話が始まります。

素晴らしい舞台装置には今回も感動しました。
蜷川演出の舞台装置にはいつも驚かされます。
a0105023_18322649.jpg

前回観た時とは小次郎役が勝地涼君でしたが今回は溝端淳平君に・・・。
まだお若いのでしょうね~~少しセリフがよく聞こえない時がありました。 劇場の環境のせいかな?って思いましたが 少し前にやはり「彩の国さいたま芸術劇場」だ観た娘も同じ感想でしたので劇場の問題では無そうですね。
これからの俳優さん 頑張って欲しいです。

藤原竜也君の武蔵は変わりなく素晴らしい~~(笑)
a0105023_1849844.jpg

感想はリンクした記事を読んでください。 まったく同じ感想です(笑)
年月が経っていますから、手直しされた部分もきっとあると思いますが大筋は同じ(爆)

なかなか広島にはいいお芝居が来ないと言われますが こうして少しずつ観劇できる
チャンスが増えてきているように思います。
もっともっと来てほしいですね。

a0105023_18455940.jpg

by yasukon20 | 2014-04-19 06:10 | 憩い | Comments(18)

映画 ス-パ-歌舞伎「ヤマトタケル」

先日 映画代3000円のところ予約券は2700円と言う事で早目にチケットを買っていたので、何が何でも行かなくては・・と思って行ってきました。

昨秋 全国でロ-ドショ-が有ったのでしょうか、その時には気が付きませんでしたが今回期間限定で特別上映がされていました。
a0105023_16353874.jpg


歌舞伎を映画で観ること自体私はピンとこなかったのですが亀次郎さん改め猿之助さんの襲名披露公演が映画になっていることですし、一度観てみたと思いながら昨秋博多座での公演にも行けませんでしたので 今回 映画でまず観たいと思いました。
a0105023_1640162.jpg


実は私はこの「ヤマトタケル」の神話の時代の事にあまり興味がなく このスト-リ-も
面白いのかなぁ~って半分は心配しつつでしたが何より市川猿之助 市川中車 市川團子 の名前にひかれて行きましたのが正直なところです(^_-)-☆
いや~~いや 面白かったです。 舞台装置もすごいです!

哲学者梅原猛が三代目市川猿之助(二代目猿翁)の為に書き下ろし、神話のヤマトタケルの波乱の半生を雄大なドラマに仕立て上げられています。
今や ”ス-パ-歌舞伎”のジャンルを確たるものして澤瀉屋の大切な演目になっています。
a0105023_1703422.jpg

新橋演舞場での舞台が映画になっていますが まぁ~音響効果が素晴らしくその場で観ているような臨場感あふれる映画でした。

歌舞伎で面白いのが早変わりですね。 今回も大和の皇子として生まれた双子の兄弟を猿之助が演じます。
二人で言い争い喧嘩をしている場面では 本当に見事に入れ替わるのです。
それも本の少しの間に・・・。 それも何回も兄になったり弟になったり。
それが見せ場でもあり勝負なのでしょうね・・時々テレビのドキュメントで見ますが・・。
もう最初から感動していました♪

やはり猿之助さんは美しくて気品があります♪

市川中車さん(香川照之)を拝見するのは南座で本物拝見しましたが(笑)大変でしょうね~~ってまずはそういう目で見てしまいます。 
口上で「猿之助さんを師とも父とも仰ぎ、精進してまいります。」と述べられておられました。
頑張って欲しいですね。 ここでは軟張っては通じないでしょう(^_-)-☆
市川團子ちゃんは最後の頃に出てきますが まぁ~可愛い顔で声も可愛くしっかりセリフが言えました。
会場から大きな拍手がわきました。それにつられて映画館でもみなさん 手をたたきました。
役柄はヤマトタケルの子どもでヤマトタケル亡きあと帝になっていく筋書きです。
気品がありますね~。本当に可愛かったです。
a0105023_17162228.jpg

最後に亡くなったヤマトタケルの魂が白鳥となり天空へと旅立つクライマックスは感動しました。
美しい~~♪
a0105023_17213164.jpg

上映時間3時間40分。 途中15分休憩です。

疲れは有りませんでした~。 
この演目は音声ガイドは要りませんね~。よく分かりました。 

都合でコメントのお返事が出来ませんのでコメント欄を閉じておきます。
なにかありましたら下の記事へお願いします♪ 少し遅くなりますが宜しくです。

a0105023_20312182.jpg

by yasukon20 | 2014-03-10 20:40 | 憩い

映画「大統領の執事の涙」

a0105023_2305852.jpg

先日行きました福岡の娘宅滞在記も書きたいのですが後回しになっています。
毎日用事がありその合間を縫うようにどうしても観たい映画に昨日行ってきました。
暇で行ったわけではないのですよ(笑) いつかいつか・・と言っているうち終わってしまう事が多いので今回はしっかりと・・(笑)
そこで友人2人と会いました。 本当に久しぶりに♪ まぁ~友人の話は横に置いておきましょう。

7人の大統領に仕えた黒人執事、セシルの涙はどんな涙?
公式HPはこちらです・・・・・★☆

アメリカにおける黒人の位置 戦う彼らの姿についこの間までこういう戦いがアメリカで行われていたことを改めて教えられます。
白人に使える父と、それを恥じ、国と戦うために反政府運動に身を投じる長男と、「兄さんは国と戦っているけど僕は国の為に戦う。」と言ってベトナム戦争へ志願する次男。 
またセシルが多忙の為に妻がお酒にのめりこんでいく姿は以前観た「リンカ-ン」を思い出します。
歴代大統領から絶大な信頼を得ているセシル。 ホワイトハウスで話されている世界を動かす会話を耳にしても 決してもらしてはならず・・。
ケネディ-大統領の時にはキャロラインちゃんに絵本を読んであげているセシルが出てきます。
今のケネディ-駐日大使ですね。ケネディ-大統領が「私は黒人の苦悩を分かっていなかった。」とセシルに話す場面があります。 詫びる気持ちなのでしょう。その後暗殺されます。
ホワイトハウスの主がオバマ大領領になる時代が来たとは セシルには信じられない出来事ながら喜びでいっぱいでしたでしょう。ケネディ-大統領が向かうとしていた時代がやっとオバマ大統領誕生で実現したのですね。

アメリカ南部で奴隷として働いていたセシルの両親。辛い思い出の地にも妻と共に訪れます。
決して表舞台に出られない執事という仕事。 その中で黒人の低賃金を不服に思い賃上げをまた待遇を白人執事と同じように上げて欲しいと副大統領に嘆願し 「嫌なら辞めろ!」と言われますが レーガン大統領がセシルの訴えを聞き遂げてくれます。
自ら、そういう白人社会にも思いをいう事が出来るようになったのも息子の活動のせいではないかと私は思いました。

親に反発し親も息子を勘当し、それぞれの道を歩みますがしかしやはり親子です。
息子に「すまなかった。許してくれ。」と詫びるセシルに涙が出ました。
お互い分かりあえた瞬間でした。

書きだすといろいろな思いが噴出してまとまりません。
これぐらいにしておきましょう。 
良い映画でした。 ぜひとお奨めします♪

次はこれです♪  予約券を買っているのでどうしても行かなくて(笑) 映画です。
a0105023_20245721.jpg


消費税値上げの前にこのガス暖房機が壊れてくれました~~(笑)
壊れないと買い替えも渋ってしまう私ですが いいタイミングです(^^ゞ 
決断が出来ます。
マンションに最初からついていた暖房器具なのです。
a0105023_2026553.jpg

今度はお安い電気のエアコンにします。
この暖房機 お湯が循環してきて温風を出しているそうで水の管から水をまず全部出して管を切るのか取るのか・・そういう作業だそうです。この撤去にも17000円必要~でも仕方ありません!!
その他この器具を取り外すのにいくらか…それは家電店の仕事とか・・。
全て消費税値上げ前で良かったのだ~~って思う事に(笑)

a0105023_2031653.jpg

by yasukon20 | 2014-02-26 22:06 | 憩い | Comments(16)

映画「小さいおうち」観てきました♪

昨日はすでに書きましたが2か月に一度の眼科検診日でした。
2か月前に予約して帰るのですが日によっては予約時間には順番が回ってこなくて終わるまでに2時間ぐらいかかることもあります。
しかし昨日は順調に診察が進んでいって思いがけなく早く終わりました。
さぁ~~どうする? (笑)  
お昼前に終わった時の予定は立ていたのですが10時前には終わったので予定変更!
映画に行こう~ 「小さなおうち」へ。
本を読んでいたので映画ではどのように表現されているのか興味はありましたが気持ち的にどうしても!!て言う感じはなかったのです。だから全国ロードショ-が始まってもすぐに行こうという気持ちが少なかったのですが・・・。
a0105023_957985.jpg

しかしやはり良かったです♪

奥様役の松たか子さんもタキちゃん役の黒木華さんも昭和初期の設定にぴったりの演技でした♪
本を読んだ時消化不良だったと書きましたがその後いろいろな事が分かり理解が深まっておりましたが、映画を見ることでますます私の消化不良部分はなくなりました。

映画でも絵本「ちいさなおうち」のことが出てきます。 
この絵本に出会った時のことはこちらに書いています。 興味がおありでしたどうぞ★★
そして吉岡君演じる板倉さんがぼっちゃんに本を読んで聞かせる場面で出てきた本が「コドモノクニ」でした。
「コドモノクニ」のことも以前ブログに書いています。 こちらです・・★★
なんだか知っている本が映画で出てくるには嬉しいものですね♪

奥様の秘密を知ったタキちゃん。 そして自分も板倉さんに恋心を感じていることで自分も奥様に秘密を持ってしまったことへの懺悔!
高齢になったタキちゃん役の倍賞千恵子さんの涙はこちらも涙が出ました。

あまり書かない方がいいですね(笑)  迷っておられる方がありましたらお奨めです♪

公式HPです・・・・・★★


映画に行くと次の映画が見に行きたくなります。
こちらが観たいですね~♪
a0105023_1046048.jpg

そしてファンである市川猿之助さんのこちら・・・。
a0105023_10464510.jpg
私がいつも行く映画館で2月22日から1週間だったか 特別公開があります。
上映時間が3時間40分ぐらいとか。 映画代もお高くて3000円。 65歳以上の割引もなし。
前売り券を買うと2700円。 それでは・・・買いました(^_-)-☆
実際には歌舞伎座とかで生を観てみたいのですがなかなか実現するのも月日がいりそうで、とりあえずは映画で観ておきます。
昨年6月に新橋演舞場での公演がシネマになったそうです。
いつかは生で・・の夢をもって♪


a0105023_10514018.jpg

by yasukon20 | 2014-02-05 10:56 | 憩い | Comments(50)

今年最後の演奏会♪ そしてプレゼント♪

28日 娘と孫たちを送ったあと午後から行きました所は、佐村河内守さんの「全国ツア-
2013-2014」の演奏会でした♪
広島交響楽団演奏の「交響曲第一番 ”HIROSHIMA”」 です。
a0105023_15261687.jpg


現在全国ツア-が行われいます。
2013/9/16~2014/5/10まで。 それぞれの交響楽団が演奏されるのでしょう。
広島は広島交響楽団で指揮は金聖郷氏(きむ せいきょう氏)でした。
広島交響楽団はこの曲の初演を演奏しています。 第一楽章と第三楽章だけだったそうですが それが多くの方方の耳に触れるきっかけとなりました。
a0105023_15375746.jpg

現代のベ-トベンと言われて話題になった佐村河内 守さん。 
お母様と私の友人がお友達関係で有ることからよく情報が入ってきます。
今回も5人のお友達で行ってきました。
この曲を聴くのは今回で2回目です。
以前は東京まで行きました(笑)  その時のことはこちらに書いていますからどうぞ ★★

CDも持っていますがやはり生演奏には叶いませんね~。 
最後の楽章では楽団の皆さん すごい迫力で演奏されその姿を見るだけで感動しました。
最後あたりになりますといつも涙が出てしまいます。 なんでしょうね~~?

今年はここ広島市での演奏会が最後でした。
佐村河内守さんも会場に居られて 終わりますと舞台まで上がられて楽団の皆さん、客席のみなんさんに感謝を示されました。 4回ぐらい舞台で入ったり出たり・・・♪
会場は興奮のうずでした♪

その会場で久しぶりに会った友人から「オノムラさんのCD」と言って渡されました。
a0105023_15501518.jpg

「オノムラさん? えっ! オノムラさん??」と私の何度もの質問に
「エリザベト音大に聴きにいったでしょ!  その時の・・・えっ!行ってない?」となんだか
チンプンカンプンの会話(笑)
そこにいた友人たちも「Y子さんは行ってなかった? ?? いや いったでしょう~~」って。
そのうちそこにいるメンバ-ともう一人の友人と4人で行ったことをみんなで(笑)思い出しました。
その時の録画されたCDを持って来てくださったのです。
みんなの記憶も遠のいていたはずです。
CDを見ると2006年10月15日 エリザベト音楽大学セシリアホ-ルにて・・と書いてありました。
2006年ですよ~~!!  

それを今頃なぜ?って言うのがまた疑問になる私ですが 嬉しく頂きました。
美しい歌曲集 聴いてみたいと思います。
a0105023_15575826.jpg

拡大できます。クリックしてください。

そして昨日は「だれ???」って思う方から宅配便が届きました。
夫は私宛のその包みを知らない人なら開けないほうが良い!!とやけに慎重です。
知らない方から しかし私の名前も住所もあっている!!!
「だれ? 電話をしてみようかしら?」と電話嫌いの私でも考えました。

その荷物に「写真」と書いてあることから 私ははっと思いました。
「カナダに行ったツア-の人ではない?」・・・・そうよ、きっと♪

最初にお友達になった方でなんと最後までお名前は知らなかったのですがお別れの時
「広島に来られる機会があれば連絡して下さい。」と名前と住所をメモした紙をお渡ししたのです。
そしてこの度 お菓子など送ってくださいました(^_-)-☆
a0105023_167136.jpg


両方とも思いがけないプレゼントでした♪
今年も皆さんのおかげで「幸せ気分」で年越しできます。

ブログ上では思いがけないお別れなど寂しく思ったりしたこともありましたが 多くの方々と交流が出来ましたこと感謝します。
来年もよろしくお願いいたします。


    どうぞ皆様 佳いお年をお迎えください

a0105023_1348115.jpg

by yasukon20 | 2013-12-30 20:15 | 憩い