母亡き後(09.5.30)日々の暮らしをボチボチと書いています。 お気軽にコメントいただけましたら嬉しいです。


by yasukon20

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに

認知症
病院
介護
憩い
ひとやすみ
自分
料理
家族
日々の出来ごと
プレゼント/頂き物
新しいもの
旅行(国内)
旅行(海外)

支援
伯母
未分類

タグ

(572)
(477)
(299)
(253)
(192)
(125)
(108)
(93)
(92)
(83)
(76)
(73)
(71)
(70)
(69)
(53)
(53)
(52)
(50)
(50)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

フォロー中のブログ

お散歩アルバム・・晩秋の空
喜怒哀楽
「料理と趣味の部屋」
**おやつのお花* ...
年金だけでも楽しく暮らし...
わがまま風景
のんびりいこうよ
Rabbitjumpの草原
チェイル
家事も仕事もぼちぼちと
鎌倉大根
まこ家
暮らしのエッセンス   ...
sumomo
hanaの花便り
晴れときどきドキドキうきうき
ナチュラルライフ123
メープルままの郵便箱
ささやかな暮らし。
ふるーるのポケット
押し花おばさんの気まぐれブログ
日々の暮らし
ほっこリ日記
BABAうさぎの奮闘記 ...
操の気まぐれ日記
明るく 仲良く過ごして
風にふかれて
徒然と・・・
はあと・ドキドキ・らいふ
さいたま日記
アンダンテで行きます
やっぱり旅が好き♪
Loveママのワン・ワン...
花満ちる日記
眺めのいい部屋@かまくら
☆FREEDOM☆
でっかちん日記
その日・その日
海まで歩こう*鎌倉手帖
優しい時間        
ブロ友パソコン相談室
だるまさんが転んだ♪
Mrs.和やか in 手帳
四季折々に
ほっこり日記 糠漬け館
小さな嬉しい・楽しいをみつけて
あるがままに 楽しむ
さとごころ
日々楽しく ♪mon b...
そらいろ石鹸日和
花あかり
喜びも悲しみも幾年月
暮らしてみれば in K...
ゆる~く、生きていこっ。
バリ島大好き
kyonのつぶやき

素敵なお友達 (リンク)

外部リンク

最新のコメント

hanaちゃんkotoち..
by otomeurarafuku at 15:41
まあ!完成したのですね(..
by genova1991 at 13:16
こんにちは~ お互..
by misaodosu at 11:54
大山と、茅葺屋根、よく似..
by oshibanayoshimi at 11:14
おはようございます。 ..
by sensui3 at 10:17
★うさこちゃん おはよ..
by yasukon20 at 07:19
★ラッシ-ママさん お..
by yasukon20 at 07:13
★mさん おはようご..
by yasukon20 at 07:06
★花水木さん おはよう..
by yasukon20 at 06:56
★kawasei1008..
by yasukon20 at 06:51

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「殿、利息でござる!」こ..
from シネマ親父の“日々是妄言”
【「ekki BAR&G..
from お散歩アルバム・・初夏の日差し
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
【やまびこのグランクラス..
from お散歩アルバム・・夏本番
【軽井沢タリアセン・旧朝..
from お散歩アルバム・・暑い夏
【軽井沢タリアセン・ペイ..
from お散歩アルバム・・暑い夏

ファン

記事ランキング

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

シニアライフ
旅行・お出かけ

画像一覧

映画「休暇」を観て来ました!

5月始めの新聞 「裁くこと 裁かれることとは・・」と言う見出しが目に入りました。
今月21日から始まる裁判員制度の理解の一助になればと、広島映画サ-クル協議会が
映画「休暇」を上映するという お知らせの記事でした。

以前短期間でしたが 広島でも上映されて 私も行きたいと思っていましたが 
行けない状態でしたので 機会があれば!!・・と思っていた映画でした。

場所は広島県立美術館♪  大好きなところです。
地下1階  窓越しから外を・・・・。   ↓
a0105023_8395815.jpg



a0105023_843992.jpg
いつ来ても心休まるところです♪

監督の門井肇さんも来広されていて ト-クショウ-が有りました。
その他広島弁護士会前会長の
石口俊一弁護士の講演も有りました。

私は病院へ行く時間もあり 
     それは残念ながら・・・(>_<)


映画 「休暇」 
小林薫さんが演じるベテラン刑務官が、1週間の休暇と引き換えに 西島秀俊さん演じる
死刑囚の執行の際の支え役を勤めるという筋書きから「休暇」という題名がついています。
支え役・・心の支え役かと思っていましたら 違うのですね。
上から落ちてくる死刑囚の身体を支えてやる まだ心臓が止まってない状態のようでした。
勿論 体温も感じられますね~。
その後 医師によって 心臓停止が告げられます。

色々な役目を刑務官はしなくてはいけませんが この支え役が一番 精神的にも辛いのでしょう。
その役目についた人は 他の人より余計に1週間の休暇がもらえるのです。
(現在はもう そういう規定はないそうです。)

その休暇で新婚旅行へ行く為に自ら申し出た役目でしたが そのショックは旅行中も引きずっていきます。

死刑囚の未来を奪うことになる刑務官の苦悩 彼らに関わる人々の悲しみと愛情。
そして 死刑囚を演じた西島秀俊さん・・・凄かったです。
この映画の中で ほんの少し微笑がでた場面がありましたが もう笑顔なんてない場面
ばかりです。
映画では どんな罪を犯したのかは語られていません。
まじめな青年 金田幸一 350番 。

妹さんが面会に来た場面では 二人とも何も言えず沈黙が流れます。
2分ぐらいでしょうか~もっと長かったかも知れません。
BGMも何も流れないし--んとした場面。  いつ声が、言葉が出てくるのかと緊張です。
現実そのものですね。 現実にはBGMなんてありませんからね。
兄妹の悲しみが 凄く表現されていました。 
妹さんは何も言えず 面接は終ります。


死刑執行の場面では みんなの緊張が伝わってきて 私も身体が寒くなり、震えるのではないかと思ったほどでした。
俳優さんって凄いですね~~~。 
死刑執行前の 死刑囚の役の西島秀俊さん ガタガタ震えている演技をされていますが どうしてあんな演技が出来るのか・・・とにかく凄かったです。

昨日本村洋さんの本の事を書きましたが 続いて重たい話でしたね~。
本村さんの立場になって 死刑制度も必要!って 少し思うようになっていた私が 
今度はこの映画を観ると やはり死刑制度反対!の立場に戻ってしまいそうです(>_<)
全然 芯が通ってない私の持論は 完全に無茶苦茶に壊れてしまいましたねっ。
by yasukon20 | 2009-05-18 23:46 | 憩い | Comments(10)
Commented by al17 at 2009-05-18 23:57
こんばんは〜裁判員制度は 招かざる客と言った方が大方ですが
いざ通知が来た時 本当に心構えすら出来ていないですから 素人
は慌てて当然の事かと思いますよね。
そんな事を踏まえて 少しでも勉強になれば。。。と言うお気持ちに
なられた事に先ず敬意を表します^^
お役に立つ内容の様ですね。何だか私も観に行ってみたくなりました♪
Commented by ゆんこ at 2009-05-19 01:08 x
ローマに戻りました。まだ時差ボケの真っ只中です・・・。

「休暇」の意味を知って、驚きました。そういう仕事のほうが残酷ですね。日本の法律は澄ました顔をしてそういう仕事を残しているのですね・・・。

↓この事件は心に残る、というと語弊がありますが、ずっと気になっていた裁判でした。本村洋氏は、本当によく闘われたと思います。
私もきっとこの本を読んで、この映画を観ると、死刑制度の是非を論じれなくなるような気がします。
Commented by kosuzume2 at 2009-05-19 08:38
「休暇」、全く知りませんでした。

昨晩、裁判員制度特別ドラマ家族、を見ました。
「認知症老女殺人事件容疑者の自白は真実?マスコミ報道が真実?裁判員はどうする?」と長い副題がついていました。

涙・・・流れました。
人を裁くのは、難しすぎますね。
Commented by yasukon20 at 2009-05-19 08:43
★あきさん
おはようございます。
確か70歳以上は 選ばれないのですよね~。 
後 何年(??うふふ) 選ばれる可能性は少ないとにらんでる私ですが
分かりませんね!!
重大事件にも関わっていくようなことになると 本当に難しくて悩みますでしょうね。 
嫌ですね~。
この映画 機会がありましたら是非 観てくださいね。
どんな罪で死刑囚になったのかは映画では分からないのですが 素直なおとなしい
青年は もう罪を反省していると思われるのですが でも死刑になるところが なんとも・・やはり死刑制度を考えてしまいます。
Commented by yasukon20 at 2009-05-19 08:56
★ゆんこさん
時差ぼけは酷いですか?  
お疲れでしょうがすぐお元気になられることでしょう。
日本に折られる間に バチカン美術館がTVで放映されていて ロ-マの町並みも移りましたので 私も行ったことがあるので知ってはいますが、こんな所にゆんこさんは
お住まいだと思うと親しみがわいたロ-マでした♪

仕事としてはまだ有るのでしょうが 今は休暇はないそうです。
どの役目でもそれはそれは 心の負担は同じだと思いますね。

死刑・・やはり人間が人間を裁くのは難しいですね。
特に命に関わることですから・・・。
そちらにも市民の裁判員制度ってあるのですか?

Commented by yasukon20 at 2009-05-19 09:06
★kosuzumeさん
おはようございます。
「休暇」 ご存知無かったですか?  
去年の夏ぐらいでしたでしょうか 小さな劇場で上映されました。
(広島では・・)
とってもいい映画なのに やはりこういう映画は 興行収入はすくないでしょうね。
涙もろい私ですから ハンカチを最初から用意していましたが 全然涙が出ませんでした。
緊張のあまりかも知れません。 
刑務官の足音にいちいちびくびくしている死刑囚です。 
その朝 その足音が沢山聞こえることに気がついて・・・。
あまり言わないほうがいいですね(笑)
機会がありましたら 是非ご覧くださいね。

Commented by yuriazami at 2009-05-19 09:38
おはようございます~
重たいテーマですね。
昨日テレビドラマで裁判員制度の裁判の模様を見ました。
実際あんな風なのかどうか疑問ですが・・・
いろいろ考えさせられるドラマでした。

裁判員制度 呼び出しが来たらどうしましょう。。。
人間の一生を左右する大変なことを決めるなんてできるかしら?
Commented by ビッテ at 2009-05-19 10:01 x
おはようございます。
【休暇】・・・そういう映画があることを知りませんでした。
素直で大人しい青年がどんな罪を犯したのでしょうか??
それをあえて伏せての映画のテーマは何かを考えています。
青年が犯した罪が分からないと死刑の是非は論じられないですね。
普段は大人しく模範的な善良市民が、何かスイッチが入ると途端に豹変する。
犯行時の責任能力もよく鑑定されますが、何の落ち度もない人が尊い命を奪われることをどう理解すればいいのでしょう?
それも運命なのでしょうか・・・
Commented by yasukon20 at 2009-05-19 10:41
★yuriazamiさん
おはようございます。
最近 ドラマ なぜか観ていませんね~~。
そうでしたか!  観てみたかったです。
いよいよですものね。  呼び出しが最初にかかった人は12月に通知が来ているそうですね。
選ばれた人の悩みも大きいと NHKで放映していました。
まだ他人事みたいですが 通知がきたらどうしましょうって悩みますね。
Commented by yasukon20 at 2009-05-19 10:58
★ビッテさん
おはようございます。
きっとこの映画は その罪がテ-マではないと思います。
やはり死刑判決が出るだけの事件を起しているのは間違いないですよね。
死刑の是非を問うことは この映画では無理ですね。
犯した罪がわかりませんから・・・。

きっとこの青年も「普段は大人しく模範的な善良市民」だったのですよね。
何かスイッチが入ったのでしょうね。 
人間の心 自分でもどうしようもない時がありますもの・・。
許されることではありませんが 裁判員制度になると 素人の私たちはそういう観点でしか 物が言えないような気がしますね。

どんな極悪な事件を起した死刑囚でも 刑務官にとってはその場面に関わることの辛さ 悲しさ がメインテ-マかと思ったり。
色々考えさせられる映画でした。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード